ARAIA -クローゼットより愛をこめて-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『キル』@2度目

開幕してすぐに1度目の観劇をしてから約1ヶ月!
本日、2度目を観てまいりましたー!

キル
キル

もうね超感動!すっごく良かった!!

約2ヶ月近い公演期間の終盤って事で、
前回観た時よりもぶっきーが大きく成長していたのがハッキリと分かったよ~。
今回の席は2列目センターブロックという超良席♪
舞台が近い=役者が目の前って事で、舞台上から役者達の汗やら唾やら涙やらが、
今にも飛んできそうな迫力満点の席で観れたので、感情移入しまくり!
しかも芝居が始まる前から、舞台上のセットを見ただけで、既にウルウル状態でした。(笑)

そして今日は、成志と遭遇♪
途中休憩の時に喫煙所で見掛けてビックリしちゃった。(笑)

てな訳で、、、色々と感じたままの感想を。(長いよぉ~!)

舞台中央に置かれた足踏みミシンがカタカタと動き出し、大きな布が縫い合わされていく・・・。
そして”アノ”音楽。
もぉ冒頭から泣きそうでしたよぉ。(笑)
この作品は野田さんの代名詞ともなった”言葉遊び”のセリフが沢山出てくる。
年々”言葉遊び”が減り、最近の作品ではほとんど聞けなくなってしまったけど、、、美しい日本語を再確認できるから私は好きなんだけどなぁ。
声に出して言うと同じ響きの言葉ながら、文字にすると「キル」「着る」「切る」「KILL」。
そして、、、「生きる」。

蒼き狼のテムジン演じた妻夫木くんは前回観た時よりも素晴らしく成長していましたねぇ~。
今回、席が近かった事もあり表情がすごくよく見れたんだけど、”目ヂカラ”にすっかりやられました。
シルクに一目惚れし恋する優しい目。
母親の胸に抱かれて安心している目。
蒼い狼と対立し攻撃するような目。
バンリを嫌悪し愛情のない目。
結髪を疑い非情な鋭い目。
そしてラスト、征服心を捨て”羊の国”へ帰った時に流した涙は美しかった!
僕はまだ生まれていないのか?
生まれる前の羊水に戻ったテムジンの安心したような表情、そしてミシンを抱きしめ眠る姿に涙腺破壊されました。
今後も色々な舞台で活躍して欲しいと切実に思います。

シルク演じた広末さんは前回観た時、”作られた声”が耳障りだと書きましたが、今回はそんなに気になりませんでした。(笑)
外見が綺麗なだけのモデル、頭は決してよくないが美しい言葉が綴られた手紙に心惹かれる。
それをテムジンが書いたものだと思い結婚するが、実は結髪が書いた愛の手紙。
結婚後も届く美しい手紙とテムジンの実像とのギャップに戸惑い、結髪に相談をするが次第に心を許していく・・・。
シルクという女性の心の動きが手に取るようにすごく伝わってきましたねぇ~。
テムジンに対する疑念の情やら、わが子のバンリを守ろうとする母性、そして結髪の無実を証明しようとする愛情・・・。
見事に演じ分けていたと思いました。
そして一番見事だったのは、鍛えられたあの腹筋。(笑)
いやぁ~、ただスリムなだけでなく見事に割れた腹筋を見て(日頃から鍛えてるのね)っと感心しちゃいました。

結髪演じた勝村さんに関しては、もう言うことなし!
素晴らしいとしか言えないよぉ。
テムジンとシルクの愛の手紙の仲介をするシーンでの、観客に対しての威嚇を間近で観れて大満足!
汗やら唾を飛ばしながらの熱演に大爆笑でした。(笑)
バンリの身を案じ心配するシルクを思い、自らの手でバンリからの手紙を書き届けていたが、逆に「蒼い狼」との疑いをかけられてしまう。
そしてシルクとの仲も疑われ、、、。
筆跡を確かめようとシルクが愛の手紙を取りに戻るのも待たず処刑されてしまった結髪。
あまりにも悲しい結末に涙が止まらなかったよ。

人形演じた聖子ちゃんは、、、間近で顔芸を観れて大満足!(笑)
転校シーンでの「アイーン!」には大笑いさせてもらいました。
バンリの野田さん、、、珍しく声がキツそうでした。
長期公演で喉を潰してしまったのか、風邪でもひいて声が出なくなってしまったのか、定かではありませんが・・・。
「戻ろーう!戻ろーう!」の伸びやかなセリフがちょっと辛そうでした。

で、役者や音楽、舞台美術の素晴らしさもありますが、衣装についても語りたいっ!
野田作品でもおなじみのひびのこづえさんですが、斬新な色使いやデザインに目を奪われました。
羊毛、シルク、麻という素材を活かした衣装の数々が素晴らしかった。
羊のぬいぐるみのような衣装やら、鮮やかなオレンジ色のポンチョやら・・・。
なかでも特に私の目を惹いたのは羊の衣装のファッションショー。
羊毛の付いた輪っか状のストール(?)の使い方が良かったぁ~。
身体に巻きつけてみたり、頭に乗せてみたり、腕に巻きつけてみたり、、、
このストールの魅せ方に惚れ惚れしてました。

着ることは生きること

このセリフが今も耳から離れません。

<< 前の記事へ | HOME | 次の記事へ >>

コメント

おかえりなさいっ♪

麗さんへ

雨利は1度しか見てないんですけど、後ろのほうだったんですけど、ぶっきーは「モンゴル育ちですっ!」ってかんぢで男らしかったですよねぇ♪
まわりにベテランさんが揃ってるから日々勉強したんでしょうねっ。
何より心強いですから。

雨利もなるしーに遭遇したことありましたよっ。帰りの通路で見かけました。なんか嬉しかったです♪

二度見れた貴女が羨ましい~~~~~っ!!
よかったですかっ!!
きゃあ♪読んでて感激っ!!
そうかあ~♪成長しているのね・・・。
ブッキーって、ただの映画俳優じゃなかったのねえ♪
マジ後日?!楽しみにしてるけんね♪
あるいは、会って語るべし!!

雨利さん

ただいま~♪
ぶっきーは本当に良かったです。
綺麗な上腕筋に惚れました。(ソコかいっ!)
ってか、あの”目ヂカラ”にすっかり涙腺破壊されちゃいましたよぉ。

>まわりにベテランさんが揃ってるから・・・
うんうん!
前回観た時よりも少し余裕が出来たように見え、
勝村さんとのやり取りでは、
本当に活き活きと演じてました。

雨利さんもなるしーに遭遇しましたか!(笑)
なんか舞台での印象と同じでした。
普段の姿を見れてちょっと嬉しかったりして・・・。(笑)

かずりんさん

そうなの♪そうなの♪
すごく良かったのぉ~♪(笑)
二度観たおかげで、ぶっきーの成長が分かって良かったわ。

きっと今後も舞台で活躍できると思いますよん。
ちょっと喉が弱いかなとも思うけど、
あの”目ヂカラ”は舞台でも十分通用すると思います。

>あるいは、会って語るべし!!
おぉぉ!
直接会って語り合いたいよん♪
例の企画、マジで考えてるんだけど・・・。
実現に向けてご相談しません?(笑)

目ヂカラ♪

麗さん、いま思い出した!
「生きる」だけ「キル」そのものじゃないよね。英国帰りの野田さんだけに「I(私は) キル」かな~、ナンテしょうもない事考えながら見てました(笑)。流して!

> 母親の胸に抱かれて安心している目。
> バンリを嫌悪し愛情のない目。
見えたんだ~、ハッキリと。2列目!! そりゃあヤラレルわなあ!

「僕はまだ生まれていないのか?」って、エライ魅惑的な言葉だよね。もう一度生まれ変わって見る夢では、正しい父親にちゃんと祝福されている赤ん坊がいて。あ~、いいお話じゃあないか~~~~(感涙)。結髪って最後まで大事な役だったんだね!

テムジンが型紙を作るように、野田さんも戯曲という型紙を作って未来に残していってるんだよね・・・。

ムンパリさん

そうそう!
「生きる」だけ「い」が付くんだよね。
>「I(私は) キル」かな~
なるほどー!そうかもね♪
色々考えてみると面白いよね。

ぶっきーの”目”に関しては、
はっきりくっきり見えましたよ♪(笑)
凛々しい目やら優しい目まで、
確認できて満足です!
おかげで涙腺破壊よぉ~。(笑)

>結髪って最後まで大事な役だったんだね!
ほんと、大事な役どころですね。
愛する二人の間に生まれてきたテムジンは、
なんの恐れも犠牲もなく幸せなんだろうな。

野田さんの型紙は、
観客全員の胸にいつまでも残るでしょうね♪

改めて噛み締めました♪

麗さん、どうもです♪
勝村さんの手紙を取り次ぐ場面は、「シラノ」を彷彿と
させられました。
(*ーー*)
こんなに愛しい人が、本当は自分の紡ぎ出したものに
愛情を感じてくれているのに言い出せない苦しさ!
私も、勝村さんには最大級のブラボーを送りたいと
思います!!
(^^)v
感想のアップを、トラバさせていただきました。
(*^^*)

midoriさん

お久しぶりです!
コメント&TBありがとうございます♪

>勝村さんには最大級のブラボーを送りたい
ほんと最高でしたね♪
笑わせてくれて、泣かせてくれて、
今回、大いに感動させて貰いました。
初舞台だったぶっきーをさりげなくサポートしてたし。

野田さん独特の美しい”言葉遊び”に感動しっぱなしでした♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

「キル」 NODA・MAP 第13回公演

野田さんの作品には、いつも“言葉”への「こだわり」と「気付き」が、あるんです。
この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

麗

Author:麗
芝居&ライブ&グルメ&ギャンブル好きなOLの日々徒然

月別アーカイブ

最近のコメント

カウンター

ブログ内検索

観劇予定

みんなで作るみんなで楽しむ演劇クチコミサイト、演劇ライフ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。