FC2ブログ

ARAIA -クローゼットより愛をこめて-

『座頭市』@新宿コマ劇場

映画界の鬼才、三池崇史監督が「夜叉ヶ池」以来の舞台演出!
そして哀川翔初舞台&サダヲちゃんも出演と話題になったこの作品、観てきました。

座頭市
座頭市


久し振りに「毒」吐きました。
この作品が”面白かった”と感じた方は読まないほうが宜しいかと存じます。(笑)

甲州街道沿いの宿場へ、賑々しく楽を奏でながら、朱太夫という美貌の女座長率いる旅芸人の一座がやって来る。
朱太夫が市の手配書を認め、驚く。朱太夫はいつの間にか賞金首となってしまっていた市の身を案じる。
一方、とある町の鉄火場には座頭市がいた。いかさまを見抜いた座頭市は、チンピラに追われていた。
そこに一人の浪人・竜之介が割って入る。竜之介の見事な太刀捌きで、その場をしのぐ。
その光景を見ていた琵琶弾きの八が、座頭市に声をかける。八は耳の聞こえない琵琶弾きであった。
盲目の座頭市と耳の聞こえない八は意気投合し、次の宿場町までの旅を共にすることにする。(公式サイトより抜粋)


正直言って、、、退屈な3時間でした。
なぁ~んかねぇ~、役者達の芝居が痛すぎて・・・。(一部役者を除く)
しかも暗転多すぎ!暗転の間のBGMの音が大きいし、転換の際の雑音隠しをしてるのがバレバレ。
映画監督っていうのは、やはりビジュアルにこだわるんでしょうか。
そんなにちょこちょこセットを変えなくても、少しは観客の想像力を信用してくれてもいいのになって思いましたよ。

哀川翔さん:座頭市
線の細い座頭市でしたねぇ。貫禄&迫力不足は否めません。
初舞台でありながら座長って事でかなり緊張していたのは分かりますが、滑舌悪くてセリフ聞き取れず、しかもセリフ噛みすぎ。
マイク付いてるとは言え、舞台に立つならちゃんと腹式呼吸を使って腹から声を出しましょうよ。(笑)
これじゃキャパ2000人という大きな劇場で、観客には全く伝わってこないよぉ。
唯一、ちょっと見直したのはラストの立ち回り位かな。

阿部サダヲさん:琵琶弾きの八
なんかキンタの延長って感じだったなぁ。
キンタが盲目なら、今回の八は耳が不自由な人物で、なんだか共通する所もあったりして。
このカンパニーを一生懸命”引っ張ってる”感はあったよぉ。
特に舞台に不慣れな哀川アニキを、八の役柄そのものでかなりサポートしてたと思う。
唯一、笑いを提供してくれて客席も大いに沸いてました。
ラスト近く、朱太夫とのやりとりでセリフを間違えてしまい「すみません、もう一回やらせて下さい」と言って、最初からセリフを言い直してました。
初見のお客さんには、言わなくても分からなかったのに・・・。(笑)
琵琶や三味線を弾きながら唄うシーンもあり、いつもと違う雰囲気のサダヲちゃんを見せてもらいました。

長門裕之さん:墓堀の爺ちゃん
いやぁ~、舞台で初めて拝見しましたが、存在感はバツグンでした。
墓堀をしてるという事で、小汚い格好で世間から白い目で見られ、肩身の狭い思いで人里離れた山奥で生活してる爺ちゃん。
ちょっとした親切を受けただけで、腰を低くし心から感謝する姿がなんだかイジらしくて。(笑)
でも実は、”裏”を持ってて、今回の大騒動を引き起こすキッカケを作ってしまった人物なんだけどね。
ラストでは座頭市に斬られて息絶えてしまうんだけど、ここのシーンは息を呑んで見守ってしまいました。

遠藤憲一さん:竜之介
今回の舞台での、殊勲賞!(笑)
もぉ~、彼の演技には惹き込まれてしまいました。
貫禄といい、太刀捌きといい、素晴らしかった!
酒場で座頭市と酒を酌み交わし、錆付いた刀を振り続けるようになった出来事を話すシーンは良かったぁ~!
朱太夫が目の前で斬られてしまい、それでも最後まで自分の本名を明かす事もできず、”女”としてではなく”旅役者”として死なせてしまった竜之介。
座頭市に因縁の刀を切り落とされ、命をも絶った竜之介が、最後の最後に朱太夫に歩み寄るシーンは、なんだかウルウルしちゃいました。

サダヲちゃんのおかげで笑えるシーンもあり、長門さんや遠藤さんのおかげでジーンとくるシーンもあったけど、作品全体として考えると、この内容でこのチケ代は高すぎるだろって、どうしても思ってしまう。
やっぱり映画の世界と、芝居の世界は違うと改めて思っちゃいました。

<< 前の記事へ | HOME | 次の記事へ >>

コメント

タフ~!!

旅行から戻ったと思ったら、もう1本観劇とは(笑)
恐れ入りました<(_ _)>

>久し振りに「毒」を吐くかも!?

ああ…いかがでした?
なんかねぇ…意外にチケット残ってるみたいで
ちょっと心配してるんですけど(笑)

日程的なものと、配役微妙…ってことで行かなかったんですけど、なんかレビューが耳に入ってこないので…気に病んでます(笑)

gajuさん

だってぇ~、芝居の予定の方が先に決まってたんだもーん!(笑)

てな事で、ちょと抑え気味ではありますが、
「毒」吐きました。(笑)
チケット残ってるみたいですねぇ。
半券持っていくとリピート価格で見れるらしいです。
よろしければ、私の半券持って観に行かれます?(笑)

サダヲちゃん目当てで観に行きましたが、
作品自体の不満が消える訳じゃなく・・・。
ま、たまにはこういう事もありますね。
こうして芝居の選定眼を磨いてゆくのです!(負け惜しみ)

どきどき

お帰りなさい。帰国してすぐ観劇とは!
えっと、『座頭市』、もうすぐ行きます。思いっきりハードル下げておきます。
遠藤憲一さん目当てなので、少しは楽しめるといいな…。どきどき。

花梨さん

だってだって、、、
芝居の予定の方が先に決まってたんだもーん!Part2(笑)

あ、もしや本文読んじゃいました?
えっと、えっと、、、本文の通りです。(笑)

>遠藤憲一さん目当てなので・・・
なら大丈夫!!
遠藤さん(だけ)は、素晴らしい演技を見せてくれました♪
花梨さんの感想も楽しみにしてます。どきどき・・・。(笑)

似たような感想で。。。

麗さんへ

べっこが出てる舞台であんな客席がガラガラな芝居は初めてでしたっ。
キャパが違うとはいえ。。。
ナツもあの市と竜が酒を酌み交わすシーン好きなんですっ。
特に袖で声を抑えて男泣きするところ。でもカムんですよっ、アニキ(笑)。
「名前、言わねぇのかよっ!」って麗さんは心の中でツッコミませんでした?(笑)ナツはツッコミましたよ。
長門さんもいい味出してましたねぇ。
べっこはセリフ間違えても逆に笑いに変えちゃいますからねぇ。
初舞台の翔さんには酷な舞台でしたねっ。新太ニイさんの薮原検校を観てるから余計に。。。そう思います。

ナツさん

ぶっちゃけ(サダヲちゃん仕事選ぼうよ)って思いました。(笑)
なんかね、サダヲちゃんが頑張ってるのが、
痛々しく感じちゃって・・・。(笑)

市と竜の酒を酌み交わすシーンはいいですねぇ。
すごくいいシーンなので、私も心の中で
(頼むからセリフ噛まないでくれっ!)って願ってました。(笑)

名前を明かすシーンでは、なんであそこまでして、
名前を言わないのか頭の中で「?」が舞ってました。

長門さんや遠藤さんが居なかったら、
一体どんな舞台になってたんだろうと思います。

ま、ここまで来たら最後まで突っ走って欲しいと、
逆に応援したくなりました。(笑)

同感です(笑)

麗さんへ

そうなの。べっこ、何で引き受けたの?って思いました(笑)。
痛々しいんですよっ。もう必死に客席を退屈にさせないように頑張ってる姿が。。。
舞台ではいつも楽しそうに演技をしてるけど「今回は楽しかったですか?」って聞いてみたいくらい。

で、なんか地味ですよねっ、今回の出演者(笑)。
イマイチ華のある役者がいないなぁと。べっこの他にあと一人ワッ!と客席が沸くような人がいたら。。。別物になってたかなぁ?
同じかな?(笑)

ナツさん

>必死に客席を退屈にさせないよう・・・
あぁ~、分かります!
ほんと、そんな感じでした。

今回の舞台は、舞台向けの演技ができる役者が少なかったように思います。
ってか、映像向けなんだよなぁ~。

>客席が沸くような人がいたら別物・・・
んっと、同じだったと思います。(笑)

やっと観てきました

麗さん♪
友人に誘われたので行きましたが、やっぱり三池さんは
「映画作っててください、私は行きませんけど(笑)」
って感じかもしれません(笑)。
キャスティングも何だかすごく微妙だし・・・。
何とかレポ書きましたけど、特に書くことが無くて
結構辛かったです。
一緒に観にいった友人は発熱を押して観に行ったのですが
後半からは、猛烈にため息つきまくってましたから(笑)。
まあ、こんなこともありますよね・・。

>しかも暗転多すぎ
>この内容でこのチケ代は高すぎるだろ
>映画の世界と、芝居の世界は違う
すべて同感です・・・。はぁ。

みんみんさん

あぁ~やはりダメでしたか。(笑)

>映画作っててください
同感です。(笑)
なんかねぇ~、どうも”映画人”って言うのがアリアリと分かっちゃうんですよぉ。
ビジュアル(照明や舞台セット)にこだわり過ぎなんですよね。
カメラのファインダー越しに舞台を見て、
演出してるだろって言いたくなるっちゅうか・・・。
それが上手く出来てたらいいんだけど、
暗転時間の長さしか感じなくて
集中力がブチ切れ状態でした。

キャスティングもねぇ~。
サダヲちゃん&遠藤さん&長門さんは良かったんですが、その他がねぇ~。(以下自粛)

ご友人、大丈夫ですか?
余計に熱があがってしまったのでは?(笑)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

観劇「座頭市」

今日は08年の観劇初めです!某サイトでは、マジで今まで見たことが無い超酷評ぶり。「ドラクル」の時も相当でしたが、あれをはるかに凌駕するほど。「ドラクル」は私は好きだったから、実際に観ないと分からないけど。 「座頭市」愛知県厚生年金会館3列目13時開演、16時1...
この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

カレンダー

03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

麗

Author:麗
芝居&ライブ&グルメ&ギャンブル好きなOLの日々徒然

月別アーカイブ

最近のコメント

カウンター

ブログ内検索

観劇予定

みんなで作るみんなで楽しむ演劇クチコミサイト、演劇ライフ