FC2ブログ

ARAIA -クローゼットより愛をこめて-

『テイクフライト』@東京国際フォーラム

話題のミュージカルのプレビュー公演に行ってきましたー!

テイクフライト
テイクフライト

この舞台を観に行こうと思ったのは、ズバリじゅんさん目当て!
しかも、天海姐さん主演で、成志も出るし小市さんもご出演。
演出が宮本亜門氏っとなれば、観に行かない訳にはいかないっしょ♪(笑)

持っていたチケットは9列目だったんだけど、実際に会場に行ってみたら、オケピで座席が4列ほど潰れていたので、実質5列目!
しかもド真ん中という良席で観てきました。

てな事で、、、以下ネタバレあり

オットー・リリエンタールは数学者で発明家。
飛行機研究のきっかけとなるグライダーを発明したが、実験中に命を落とした(1896年)。
ライト兄弟は、リリエンタールの数式を元に、キティホークの広大な砂漠で、来る日も来る日もただひたすら飛行機実験を続ける。
1903年、遂に人類初の有人飛行に成功。その瞬間、彼らが見たものは…。
チャールズ・リンドバーグは、1927年、たった一人でニューヨークからパリを目指して飛び立った。史上初の大西洋単独無着陸飛行の栄光を成し遂げようと睡魔と闘いながら飛び続ける。そして、パリ到達直前、リンディが目にしたものは…。
アメリア・エアハートは、女性として初の大西洋単独横断飛行のパイロットに志願する。
そして1932年、成功を遂げたアメリアは“レディ・リンディ”と呼ばれ、一躍スターに登りつめるも、あくなきチャレンジ精神で、周囲の反対を押し切り1937年、世界一周飛行に飛び立つ。その途中で、音信が途絶えてしまう。そのとき…ある奇跡が…。

ライト兄弟、リンドバーグ、アメリアたちの果敢なチャレンジを見守り続けるリリエンタール。決して出会うことのなかった飛行士たちが、時空を超えて今「大空」で出会う。(公式サイトより抜粋)


正直、1幕目は話が淡々と進んでいってしまったので、眠気と闘ってました。
3つの話がシンクロする形になってたので、繋がりがよく分からなかったのも原因かも。
2幕目からは、どんどん面白くなっていったけどね。

舞台セットは意外にもシンプル。
砂漠のようなセットがあり、飛行機の格納庫を模した布製の大きな2階建てセットが、
時には映像を映し出すスクリーンになったり、操縦席になったり、オフィスになったりと、様々な使われ方をしてました。

天海祐希さん:アメリア・エアハート
いやぁ~、細いねぇ。(最初の感想がコレかいっ!)
スカート姿も、パンツ姿も、バッチリ決まってて見惚れるったら♪
手足も長くて、立ち姿も美しく、舞台栄えする女優さんですねぇ。
ミュージカルなので、もちろん歌声も披露してくれましたが、高音部で声が出にくそうでしたねぇ。裏声になっちゃってたし。
キーが合ってないように感じたのが、ちょっと残念でした。
しかも歌も思ったよりは多くなかったなぁ。

空を飛ぶ事に情熱をかけ、結婚してからも夢を追いかけるアメリアという女性を、天真爛漫な演技で表現されてました。
そんな彼女の生き方を羨ましく思ったり・・・。(笑)
しかし、滑走路の状態が悪かったのに、機体を軽くするために燃料を捨てるという危険を冒してまで、一刻も早く飛び立とうとしたのは何故だったんだろう。
記録のため?早く夫に安心させたかったから?話しの流れが淡々としてたので、私の印象に残ってないのだけなのかも。(笑)

城田優さん:チャールズ・リンドバーグ
今年初めの「スウィーニー・トッド」で初めて舞台で観て、今回二度目。
いやぁ~、彼も舞台栄えする役者さんですねぇ。
しかも歌がウマイっ!!声の伸びも良いし、音程も安定してるし、聴き応え十分!
リンドバーグが単独飛行を成功させるまでの、下積み(?)時代のお話が中心なんだけど、
アクロバット飛行の見習いをするシーン。
ロープで吊るされた小さなゴンドラに乗った状態で唄ってたんだけど、空中でセットに引っかかって、バランスを大きく崩した時も、彼の歌声は揺るぐ事なく、見事に唄いきってました。
いやぁ~、ゴンドラが引っかかった時は観てるほうがヒヤヒヤしたけど、平然とした顔で唄い続ける”プロ根性”を見せてもらいました。
アメリアのストーリーよりも、リンドバーグのストーリーのほうに、チカラを入れてたと感じたのは、私だけでしょうか?(笑)

池田成志さん&橋本じゅんさん:ライト兄弟
いやぁ~、やっぱりこの二人はコンビでしたかっ!
しかも今回の舞台で、一番最初の曲を唄うのは、、、じゅんさん!
緊張してましたねぇ~。観てる私も緊張しちゃったよぉ。(笑)
幕が開けてまだ2日目って事もあってか、アドリブも無く真面目に演じてました。(アドリブを期待している私。)
これから少しずつ、”遊び心”が出てくれば、さらに面白くなっていくんだろうなぁ。アドリブ禁止じゃないよねぇ?(笑)
ミュージカル経験者の成志の方が、ちょっとだけ余裕があるように見え、必死に頑張ってるじゅんさんを引っ張っていってるように感じました。
で、2幕目での二人での唄のシーン。
テンポの良い曲調だった事もあり、客席から自然と手拍子が起こりました。
楽しそうに唄う、二人の姿が印象的で、今回初めてじゅんさんの自然な笑顔が見れました。

その他、脇を固める役者さん達の中で、小市慢太郎さんは1人で何役もこなし、相変わらずの素敵な声にしびれました。(笑)
アメリアの夫を演じた、宮川浩さんも初めて拝見しましたが、存在感&歌声がすごかったです。

プレビュー公演2日目という事もあり、まだバタバタしたところはありましたが、これから公演を重ねる事で、素敵な舞台に仕上がっていくことでしょう!
これから観に行く方、ライト兄弟に注目して下さいね♪(笑)

<余談>
今回オケピがあり、演奏は全て「生」。
っで、今回のオーケストラの中で、、、コンダクターの笑顔に釘付け!(笑)
いやぁ~、笑顔が可愛くて、格好良いコンダクターだったわぁ

<< 前の記事へ | HOME | 次の記事へ >>

コメント

そうそう!

麗さん♪
ぶっちゃけ、最初は「つまんない」って思っちゃいました(笑)。
何だかよく分からなくて・・・。
>早く夫に安心させたかったから?
んー、私も気になったところなんですよね。
そもそも本当に愛し合って結婚したのか、アメリアは?
とか思っちゃってたぐらいですから(爆)。

>笑顔が可愛くて、格好良いコンダクターだったわぁ
そうそう!指揮もしながらラッパ(?)とかも演奏してましたよね。
他の海外スタッフが終演後声を掛けにオケピに行ったんですが
すごく嬉しそうに受け答えしてました。
確かにまだ発展途中な印象はありますが、約1ヶ月の
名古屋公演を楽しみにして観たいと思います!

みんみんさん

>私も気になったところなんですよね。
あぁ~良かった!
私だけじゃなかった。(笑)
ここの会話が、あまりにも簡単に流されてしまったので、
(へ?なんで?)って思ってました。
なんだか全体的に、ストーリーが”雑”だと感じたなぁ。

>本当に愛し合って結婚したのか、アメリアは?
ここも疑問に思ってました。
ま、おそらく彼と結婚する事で、
飛行費用の心配をする必要が無いという、
”打算”含みの結婚だと感じましたが・・・。
もう一度観れば、理解できるかもしれないですね!
みんみんさんの次回レポに任せたっ!(笑)

うははは!
みんみんさんもコンダクターに注目してましたか!(笑)
格好良かったですよねぇ~。

>指揮もしながらラッパ(?)・・・
うんうん!
あのラッパを「欲しいぃ~」と一緒に観てた友人が言ってました。
私も欲しいかも♪(笑)

終演後、私もオケピに近づいて行きたかったんですが、
関係者らしき人がわんさか居たので、あえなく断念。
握手くらいして貰えば良かったなぁ。

名古屋公演での感想も、聞かせて下さいね♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

テイクフライト

天海祐希さん主演の「テイクフライト」を観て来ました。 お目当てはもちろん橋本じゅんさん。 池田成志さんとコンビと聞いては観ない訳にはいきませんよね。 芸劇の先行の日にチケット取るのをすっかり忘れてて、発売日に買いに行ったら「もう3階席しか空いていません...
この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

カレンダー

03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

麗

Author:麗
芝居&ライブ&グルメ&ギャンブル好きなOLの日々徒然

月別アーカイブ

最近のコメント

カウンター

ブログ内検索

観劇予定

みんなで作るみんなで楽しむ演劇クチコミサイト、演劇ライフ