FC2ブログ

ARAIA -クローゼットより愛をこめて-

『キャバレー』@青山劇場

松尾スズキが、あのミュージカルを演出!っと話題になっていたこの作品。
チケット争奪戦もかなり激しいものでしたが、なんとか確保していたチケットを握り締め、行ってきましたよー!

ミュージカル キャバレー
キャバレー

舞台のほうは、本当に豪華でしたねぇ。
ネオンキラキラミラーボールキラキラ衣装もキラキラ

この舞台は芸能人もかなり注目しているらしく、連日誰かしらの目撃談がありますが、、、
本日私も、橋本じゅんさん、宮本亜門さん、内田有紀さんを目撃しました!

てな訳で、詳しい感想に興味のある方はどーぞ。

1929年、ナチス台頭前夜のベルリン。
キャバレー、キット・カット・クラブでは、
毎夜毎夜、退廃的なショーと、刹那的な恋の駆け引きが繰り広げられている。
妖しい魅力でお客を惹きつけるMC。
そしてショーの花形、歌姫サリー・ボウルズ。
ここは、日ごろの憂さを忘れられるバラ色の場所。
大晦日の晩、アメリカから到着したばかりの、
駆け出しの作家クリフは、たちまちサリーと恋に落ち、一緒に暮らし始める。
彼らが暮らす下宿の女主人シュナイダーは、
長年女一人で生きてきたが、心優しいユダヤ人の果物商シュルツと結婚することを決意。
しかし迫りくるナチスの脅威に、結婚を断念せざるをえなくなる。
希望に溢れていたサリーとクリフにも、ナチズムの足音は高く聞こえ始め、
そしてついに、キット・カット・クラブにも・・・(公式サイトより)


えっと、私は映画を観てません。(笑)
ストーリーも何の前知識もないままの観劇です。
このストーリーって映画のままですか?(←自分で観ろよっ!)
キャバレーでのきらびやかな世界、もしくはそのバックステージ中心のお話かと思ってたんですが、”キャバレー”というよりは”アパートメント”って感じでしたね。(笑)
しかも根底にあったものはナチス独裁の世相を露呈したような内容で、、、
戦火激しく、街が死んでしまったかのように暗い世の中。
ゴミ捨て場に置かれていたギターを拾いあげ、弦を爪弾くと、猫顔の男が現れ・・・。

阿部サダヲさん:MC
はい、猫顔のMCです。(笑)
モーツアルトのような白髪のカツラに派手な衣装。そして鼻下には猫ヒゲ。(笑)
もぉ~、可愛いし面白い!MCなんだけど、自ら歌も唄い、客席イジリで大忙し。
舞台から客席に降りてきて、観客に「ドイツのどこから来たんですか?」と。(ドイツ限定?(笑))
客席での空席を見つけ、すかさず座ってくつろいでみたり、自由でしたねぇ~。
キットカットクラブのシーンでは、大勢のダンサーを引き連れて、電飾キラキラの中で踊ったりと大活躍でした!

松雪泰子さん:歌姫サリー
綺麗!の一言。自由奔放でとにかく唄う事が大好き!唄えれば幸せ!って雰囲気が伝わってきました。
ちょっとハスキーな声が、色っぽいんだよなぁ~
歌の上手さに関して、ちょっと迫力には欠けると思うが、私的には無問題!私、”松雪信者”なのでそりゃぁ~もう、大絶賛ですわ♪(笑)
次第に独裁政治になっていく事に恐れ、アメリカへ一緒に逃げようと言う恋人を振り切り、「私の生きる世界はココにしかない」と決断する凛とした姿は、格好良くもあり、なんだかちょっと哀しくもあり・・・。
サリーは”普通の女”としては生きられなかったんだね。

森山未來さん:作家クリフォード
ちょっと三枚目の役が似合うねぇ。(笑)
真面目な性格が災い(?)して、サリーを始め、周りの人間に振り回される様子がおかしくて、笑えます。
少しだけ踊るシーンがあったんだけど、、、あれだけ?勿体無いっ!
もっと踊って、唄うシーンを増やして欲しかったなぁ~って思いました。

秋山菜津子さん:下宿女主人シュナイダー
ブラボー!今回の舞台で一番輝いてたよ!
衣装は地味だし、白髪のオバちゃん役なんだけどね。(笑)
下宿人達の生活に小言をいい、風紀を乱す行為には説教!でも自ら下宿人のシュルツと意気投合し恋に落ちる。(笑)
なんかねぇ、全ての仕草が可愛いの♪歌も上手いし、歌詞も面白かったなあ。
シュルツから果物のプレゼント攻めにあった時、紙袋から取り出したパイナップルを見て、、、「パイナポォ~!」と嬉々とする姿に大爆笑!
松尾さん、、、「朧」と引っ掛けて狙ったでしょ?(笑)

小松和重さん:ユダヤ人商人シュルツ
これまた初老の役だったけど、似合ってたなぁ。
2幕が始まる前、客席に現れ席に着こうとする観客をイジりだした。これって毎回だったのかな?
意外にも(失礼!)歌がウマイし、秋山姐さんとの息もピッタリで最高のカップルでした。
ラストは悲しい別れになってしまうんだけどね・・・。

村杉蝉之介さん:ナチス政党員エルンスト
怪しい付け鼻でしゃくれアゴ。(笑)
最初はいい人なのかと思いきや、次第にナチとして本性を現し高圧的な言動になってくる。
ん~、こういう怪しい役をやらせたら上手いね。

平岩紙さん:下宿人コスト
可愛いの一言!紙ちゃん、ほんとうに可愛いねぇ~。
下宿の自分の部屋にとっかえひっかえ男を連れ込んでいるが、、、「弟です!」と言い放つ開き直りっぷりに笑えました。(笑)

夢のようなきらびやかなキットカットクラブの灯りも消え、あたりは戦火激しく死んだ街。
ゴミ捨て場に置かれたギター・・・で幕。

う~ん、松尾さんにしては意外にも(?)まともな話でしたね。
ま、原作ありきなので、あまり崩せなかったのかな?
途中では松尾ワールドを感じたけど、全体的にはきれいにまとめたなって印象。
でも大いに魅せられ、楽しませて貰えたので大満足です。

<余談>
何度目かのカーテンコールで舞台袖から帽子を被ったスーツ姿の怪しい男が登場。
っと「妖怪人間ベム」のイントロが流れ、、、マイクを握って唄いだすその男。
松尾スズキだよ!!
もぉ~、観客は大拍手で大爆笑!
真面目な顔して、フルコーラスを歌い上げてました。(笑)
しかし会場の若い人たちは「妖怪人間ベム」を知ってるのだろうか???

<< 前の記事へ | HOME | 次の記事へ >>

コメント

レビュー求む~!

確かボチボチ東京公演の楽だなぁ、
なんて思ってました…。

観たかった!

レビュー心待ちにしております。
溜まってくると、プレッシャーになりません?(笑)

gajuさん

確か今日(21日)が東京千秋楽でしたね。
前楽のカーテンコールで、
面白い事があったので早く書きたいんですが、、、
今、歌舞伎の感想を途中まで書いたので、
順番にね♪(笑)

>溜まってくると、プレッシャーになりません?
えぇ。かなりプレッシャーです。(笑)
記憶が薄れる前に早く書き上げます!

よっぽどー!!

麗さん聞けましたか?(笑)
ネタ違いですが“犯さん哉”観ましたよっ。
ホントくっだらねぇ(笑)。

ナツさん

「よっぽどー!」聞きましたよ。
流行りますかね?(笑)
このゲイ二人組が、妙に気になって仕方ありませんでした。

>ホントくっだらねぇ(笑)。
おっ!「犯さん哉」観ましたか!
でしょー!でしょー!
くだらねぇって感想しかないよね。(笑)

松尾ワールド

麗さま
> う~ん、松尾さんにしては意外にも(?)まともな話でしたね。
ま、原作ありきなので、あまり崩せなかったのかな?
そうそう。私もソレ感じました。
松尾さん、計画だけでなくついに大人になったのかなって(笑)。
聞くところによると、契約の関係で主だった点は
変えられないのだそうです。それでオーソドックスな
印象なのでしょうね。
ある意味、カーテンコールの「妖怪人間ベム」が
一番松尾ワールドだったりして(笑)。

スキップさん

海外モノは版権にうるさいらしいですね。
原作のイメージを損なう程のアレンジは、
上演許可が下りないと聞いた事があります。

>計画だけでなくついに大人になったのかなって。
そうですね。
大人にならないと上演できませんから。(笑)
でも歌詞には”松尾ワールド”を感じさせる所が満載でしたね♪
カーテンコールの「妖怪人間ベム」は
松尾さんのうっぷん晴らしだったのでしょうか?(笑)

楽しかったですよ~♪

麗さん、楽しかったですよね、キャバレー。
秋山さん、サダヲちゃん、未来くん、松雪さん・・・キャストはそろってましたもんね。
小松さんの2幕が始まる前の客いじり、大阪でもありました。ていうか、トイレ休憩から戻って来られないお客さんのために時間稼ぎしてくれてた(笑)。
麗さん、松雪さんの信奉者だったんだー。ライザ・ミネリのタイプじゃなかったけど、松尾版キャバレーならこれもアリ、と思える堂々としたサリーでしたね!

ムンパリさん

ほんと、きらびやかで派手な舞台で楽しかったです♪
でも楽しいだけでなく、色々と考えさせられてしまう内容でもあったのですが。
キャストもセットに劣らず、豪華だったねー!
大好きな役者が勢ぞろいだったので、
本当に嬉しかったなぁ~♪

小松さんの客いじりは毎回だったんだね!
何かの罰ゲームかと思っちゃいました。
新感線ぢゃないってか?(笑)

>松雪さんの信奉者だったんだー。
えぇ♪(笑)
松雪さん好きなんですよぉ。
可愛くて綺麗なんだけど、三の線も出来るし、
あばずれ的な役も出来るし。

でも今回は秋山姐さんに軍配!(笑)
あのハジけっぷりには、沢山楽しませてもらいました。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

キャバレー  観劇メモ

公演名     キャバレー 劇場     大阪厚生年金会館大ホール 観劇日    2007年11月4日(日) 上演時間   12:00開演 座席     1階 T列 ミュージカルは全然ダメな私でもなぜかライザ・ミネリが歌う「キャバレー」だ けは耳にこびりついている。
この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

カレンダー

03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

麗

Author:麗
芝居&ライブ&グルメ&ギャンブル好きなOLの日々徒然

月別アーカイブ

最近のコメント

カウンター

ブログ内検索

観劇予定

みんなで作るみんなで楽しむ演劇クチコミサイト、演劇ライフ