FC2ブログ

ARAIA -クローゼットより愛をこめて-

『メタルマクベス』@青山劇場

やっと観に行ってきました!
劇団☆新感線の「メタルマクベス」
メタルマクベス

会社を16;30に早退して余裕の到着♪
会場に入る前に近くのファーストフードのお店で腹ごしらえ。
さて、そろそろ行くかと劇場前に着くとなぜか閑散としている。
(あれ?早すぎた?)と思いながらチケットを取り出しふと見たら、、、
18:00開演! ただ今の時刻は18:15!
私、18:30開演だと思い込んでました。
やっちまったよ・・・。
てな訳で冒頭の15分、見てません。
どなたか、あとで見どころ教えてください。(笑)

そんなこんなで、以下ネタバレ。(長いよ)

時は2206年。
日々戦いは繰り返され、絶大な勢力を誇るレスポール王率いるESP軍が
将軍ランダムスター(マクベス)指揮の下、他の軍を次々と征していた。

そこへ3人の魔女が現れ、ランダムスターに
「ランダムスターこそが未来の国王である」との予言を告げ、1枚のCDを渡す。
それは、1980年代に活躍したヘビーメタルバンド「メタル マクベス」の伝説のCD。
歌詞に込められた意味が殺人予告となっており、「メタル マクベス」バンドの人間模様がランダムスターの国王となる道に繋がる予言となっていた。

やがて夫が国王となる予言を知ったランダムスター夫人は、
夫をそそのかし、レスポール王の息子レスポールJr.を犯人に仕立て、
王を殺すという計画殺人を企てる。
そして作戦は成功し、王を殺した犯人に仕立て上げられたレスポールJr.は城から逃げ出した。

王を永遠の眠りに導いたことで罪の意識に苛まれ、
自分達の永遠の眠りが奪われてしまったランダムスター夫妻。
それでも王となる野心に向かって突き進んでいく・・・(DiPPS PLANETサイトより)


ストーリーは意外にも「マクベス」そのもの。(笑)
原作は読んだ事はないのですが、99年に上演された自転車キンクリート版(佐々木蔵之介&芳本美代子)や、01年の蜷川版(唐沢寿昭&大竹しのぶ)を観ているので内容は理解できたよん。

ただ普通のメクベスとは違い、1980年代と近未来が交錯していくストーリー展開は面白かった。
しかも魔女の予言が80年代のCDの曲になってると言う発想はクドカンならでは。

でもね正直な話、楽しかったんだけど、面白かったんだけど、何か物足りない。
休憩挟んで、約4時間もの長い間、飽きる事無く観れたんだけど、何か物足りない。
バンドの生演奏ガンガンで、メタルロックがビシビシ身体に響いてきて、
身体がムズムズ高揚したんだけど、何か物足りない。
何が足りなかったのかは、追々考えてみるとして、、、

内野聖陽さん(ランダムスター/マクベス)
舞台を拝見するのは2度目。02年に上演された「ブルールーム」でかなり衝撃的なお姿を拝見して以来。残念ながら「エリザベート」は観た事ないのですが、歌唱力の噂だけは聞いていたので、正直期待はしていませんでした。(笑)
が、意外と良かったです。長い髪に革のロングコート姿がめっちゃ格好良かった
バイクにまたがって出てきた時には、格好ええ~♪って素直に思いました。
夫人と二人きりになった瞬間、赤ちゃん言葉で甘える姿とか、
思ってる事が顔に出てしまうという事で、変な顔をしてみせる所とか、
笑わせてもらいました。が、、、
なんか無理やり”新感線テイスト”に合わせてるように見えてしまい、
心のどこかで引っ掛かってしまう自分が居たりして。
うぅ~ん、なんで素直に観れないんだろう、私。

松たか子さん(ランダムスター夫人/ローズ)
松さん、可愛らしい!しかも歌唱力バツグン!!
唄い方はヘビメタじゃないけど(笑)、力強い声が会場全体に響いてました。
しかし、松さん声(というか喉)が強いね。
かなり大きな声で叫んだり、高い声でまくし立てて話したりしてるのに、声が揺るがない。
野田地図などで観せる顔とはまた違い、ハジけた姿も良かった。
ランダムスターに赤ちゃん言葉で話し、甘えさせたかと思いきや、
王暗殺をそそのかして、その気にさせ強い信念を貫く姿は”マクベス夫人”そのもの。
暗殺後、次第に狂う様子はお見事
ぽつりと「小さいほうにすれば良かった」のセリフにぐっときてしまいました。
お城から飛び降りる時、”ニヤ”っと笑い、ぴょんと飛び跳ねるようにダイブした時は、
なんか哀れに見えてすごく良かったです。

橋本じゅんさん(エクスプローラ/バンクォー)
じゅんさん、やっぱりオイシイ役だよ。(笑)
バンクォーの亡霊ではやりたい放題でしたね。頭にナイフを突き刺したまま、
お腹から腸を引き出し、縄跳びしてる姿に大爆笑!
しかもお尻丸出しの衣装にも笑ってしまったよ。あとは、、、
「リンスはお湯に溶かして使え」を歌ってる時、後ろの映像に一瞬映った轟天には腰砕けました。(笑)
「あの娘のブーツ~」でバイクにまたがり唄う姿は、ルパンⅢ世のエンディングテーマでの不二子のようで格好良かった!金髪メッシュのトサカ頭もめちゃくちゃ似合ってたし♪

北村有紀哉さん(グレコ/マクダフ)
野田地図「オイル」以来2度目の拝見。今回の舞台では数少ない正統派演技(笑)。
特にランダムスター軍に妻と子供を殺され、亡骸を抱き上げる所にはジーンとしました。
ピンクの髪の毛も妙に似合ってて、格好良かったんだけど、、、
どーしてもロンブーの淳に見えて仕方なかったのは私だけ?(笑)

高田聖子さん(グレコ夫人/シマコ)
もぉ~ね、グレコ夫人の衣装&髪型が私的にツボ!髪型格好いいし衣装がセクシー!
それなのに出番が少ないのが不満。
「未亡人哀歌」を歌いながら、洗濯物を畳む姿がやけにリアルに見えてしまい、
なんだか思い切り感情移入してました。(笑)

森山未來さん(レスポールJr./元きよし)
今回の舞台で、一番の掘り出し物じゃないでしょうか!(失礼な言い方だな)
でもね彼が一番、新感線の芝居に馴染んでたように思う。
唄えて、踊れて、ギャグもできて、、、下手なJ-ズを客演に呼ぶより、
全然良い!って言うか、かなり良い!
私、彼の初舞台99年の「ボーイス・タイム」を観てて、その時も度肝抜かれたのよね。
ダンスの上手さはもちろん、歌も上手でなにより初舞台だったにも関わらず、
物怖じしない度胸と、イキイキと楽しんでる姿に好感持てたのよね。

元きよしの時、メタル演歌を歌う姿に大爆笑!間奏でのタップに惚れ惚れ!
藤色のスーツにおかっぱ頭が妙に似合ってて、可笑しかったな。
レスポールJr.の金髪メッシュの髪型も格好良かったし、ずるむけ姿も似合ってました。(笑)

上条恒彦さん(レスポール王/元社長)
絶対的な存在感!歌声も大迫力で、まさしく舞台役者って感じ。
王としての威厳たっぷりで、暗殺前にランダムスターを諭すセリフが説得力あったな。

そして今回、一番感動したのは特殊スクリーンに映し出される映像!
上田大樹さんが手掛けたとの事で、それだけでも観る価値あったかも。
時には歌詞が映され、時には曲のPV、そして巨大なお城やら、殺害のシーンなどなど。
とても効果的で、印象深い映像の使い方で圧倒されました。

そしてこれだけは言いたい、いらないもの。
ゲロはいらない。
出っ歯はいらない。(逆木さんごめん)
そして、、、皆川猿時。
なんで門番にこのキャストだったのか・・・。(クドカン繋がりですか?)
皆川さん自体はキライじゃないのよ。港カヲルとか好きだし♪
でもね、彼が「ゲロ」を連呼する度、イヤな気分になったのは確か。
あとはラストシーンでの黒こげになった死体やら、ちぎれた腕などのリアルなセット。
新感線の舞台で、「グロ」は観たくない。

そして、、、何が物足りなかったのか分かった。
いつものオープニング曲「DEFFENDER OF THE FAITH」を聴いてないからだ。(笑)

<< 前の記事へ | HOME | 次の記事へ >>

コメント

TB&コメントありがとうございました☆
細部にわたるレヴューで舞台の感動を思い出しました。
ロックコンサートにいるようなメタルの轟音と
大画面を利用したステージの演出もすばらしかったです。
そしてやはり今回の大収穫は森山クンです~。
歌って踊れて、無理なくギャグも繰り出す姿に惚れました。

とうとう、観てきたんですね!でも、最初・・やっちゃいましたね(笑)。
だって、早すぎですよねー18時開演。(長いから仕方ないけど)
松本の時は、あのシーンは東京公演よりも長かった印象が
あるんですけど・・・。正直、どこを削ったかは記憶が曖昧で。
今は会社で仕事が忙しくて壊れてくると、一緒に観にいった友人と、
「未亡人の歌」を歌ってます、未亡人じゃありませんが(笑)。
そして、グレコがロンブーの淳に見える、には一票!私もずーっと
思ってたんですよ~

Renさん

TB&コメント有難うございます!
拙いレポ、読んでいただき恐縮です。
メタルロック、ガンガンでこれぞ新感線!って感じで楽しかったです。
そして映像、素晴らしかったですよねぇ~♪
ナイロンの「カラフルメリィ~」でも上田大樹さんが映像を手掛けてて、
巷の噂で、映像が大絶賛されていたので気になってたんです。
「メタル~」で実際に自分の目で見る事ができて良かった♪

>そしてやはり今回の大収穫は森山クンです~。
同感です!
素晴らしい演技、歌、ダンス、、、そして笑い。(笑)
バランスの良い役者さんになったなと実感しました。
今後も、新感線の舞台に立って欲しいなぁ♪

みんみんさん

やっと、やっと観てきました!そして、、、やっちまいました。(笑)
なんで18:30だと勘違いしてたんでしょう?
ま、いまさら言っても仕方がないので、DVD出たら冒頭15分を堪能します。

>松本の時は、あのシーンは東京公演よりも長かった・・・
あのシーンってどのシーン?(笑)
まさか、ゲロですか?
暗殺前、なかなか1人にさせてくれないエクスプローラーに、
ランダムスターがキレるというシュチュエーションは理解できるのですが、
なんでゲロ吐く必要があるんだよー!って思っちゃいました。
単に酔っ払ってクダ巻いてるだけでいいのにって。

>グレコがロンブーの淳に見える、には一票!
でしょー!でしょー!(笑)
はぁ~、良かった、私だけじゃなかった。
北村さん、スタイル良くて見惚れちゃいました。

お初のTB、コメント有難うございましたm(_ _)m
>新感線の作品は大好きなのですが、、、今回はちょっと違和感.....というあたりをもう少しおききしたい気がします。
>そして今回、一番感動したのは特殊スクリーンに映し出される映像!.....私もです~。それについて次の記事として1本書いてしまったくらい。こういうのは20世紀の舞台では無理だったなって技術進歩にも拍手です。
今後もよろしくお願いします(^O^)/

>あのシーンってどのシーン?(笑)
>まさか、ゲロですか?
いえ、違います(笑)。松本でもゲロネタはあれくらいでした。
マーライオンにはビックリしましたが。
“あのシーン”とは最初の“タオル地の服を着た3人(魔女)”
達のやり取りですう~。
そう言えば何故か、ものすごーくゲロ強調してましたよね。
先日の大人計画でもちょっと排泄物系のネタがあって、(ーー;)
って思ったのですが、これって大人計画(クドカン)の
ノリなんでしょうか・・?

ぴかちゅうさん

やはり、お初でしたか。(笑)
こちらこそTB&コメントありがとうございます!

違和感、、、うぅーん。なんなんでしょうね。(笑)
自分でもよく分らないのですが、キャスト、脚本、セット、音楽、、、etc
それぞれ一つずつみると、どれも良かったと思うのですが、
全体的に見ると微妙に噛み合ってなかったというか、、、
それぞれが自己主張し過ぎてたというか、、、
「新感線」と「大人計画(クドカン)」を足しても、
それが必ずしも「最高」では無かったって感じた事ですかね。
互いの良いところが活かしきれてなかったと思った次第です。
ま、あくまでも私の感じた事ですので。あしからず。(笑)

映像は本当に良かったですね。
今までも舞台で映像を使ったものは沢山見ていますが、
こんなにクオリティの高い映像は初めてでした。
上田大樹さん、これからも要チェックです!

言いたい放題の当blogですが、
こちらこそ、これからもよろしくお願いいたします♪(笑)

みんみんさん

あはは。ゲロシーンじゃなかったですか。(笑)
確かにマーライオンにはビックリしました。
(そんなに勢いよく吐かなかくてもって思っちゃいました)

3人の魔女のシーンですか。。。
んと、冒頭の15分見逃してるんだけど、そのあたりですかね?
席に着いた時は、群集で唄ってました。
その後、3人の魔女が出てきましたが、、、そこ?
右近ちゃんがコラーゲンの泉に行くと言って、
綺麗になって帰ってきたんだけど、あれは松さん?

>そう言えば何故か、ものすごーくゲロ強調してましたよね。
うん・・・。なんででしょうね。
そんなに重要なモノなのって逆に問いたいです。(笑)
ラストのちぎれた腕とか見た時、
思わず(長塚@阿佐スパの演出か?)って思っちゃいました。(笑)

で、出遅れた?

麗さんが観てないのは、3人の魔女(給仕当番)がカレー作っている所ですよ。
呪文を唱える時に「きれいは、きたない」か「いいは、悪い」かとか、翻訳者でケンカになるんです、で、右近さんだけ『明日のジョー』を読んでいたので、「打つべし、打つべし」って・・・・
右近さんは林さんって役で、「林さん!カレーに何を入れたの?」ってネタもここでやったのかな?
その後に『きれいは、きたない、ただし俺以外』が始まったんだと思います。

って、こんなに内容書いて良かったかな?

麗さんこんばんは。
コメント&TBありがとうございました!

なんと!ジューダス・プリースト聞けなかったんですか!
それは物足りないかもしれません(笑)

舞台全体が一大エンターテイメントで楽しめるものだったからこそ、クドカン&いのうえひでのりテイストに微妙な温度差があったのは惜しいですよね。
確かに、ゲロ多すぎますし…(笑)
ただ、『マクベス』をこういう形で表現してしまえるのは、やはりクドカン&いのうえひでのりといったところでしょうか。

またお邪魔させていただきますね。
今後もよろしくお願い申し上げます。

スヌゾーさん

だ、大丈夫♪(笑)

冒頭シーン、詳しく教えてくれてありがとう!
そっかぁ、魔女のシーンから始まったんですね。
右近ちゃんの「明日のジョー」繋がりで、逆木さんの「出っ歯」なのかぁ。
やはり冒頭15分の見逃しは大きいな・・・。
余裕かましてポテトを頬張ってた自分に腹が立つ!(笑)

内野さんの登場シーンがめちゃくちゃ格好良かったと、
色んなblogで読んでたので、そこも見逃したのが悔やまれます。
私、大阪まで観に行ってしまおうかと、本気で考えちゃいました。(笑)
ゲキシネ&DVDに期待します。

水無月さん

こちらこそ、コメント&TB有難うございます!

>なんと!ジューダス・プリースト聞けなかったんですか!
えぇ・・・。芝居に遅刻したのは初めてです。
しかも会社を早退したのに、ポテト頬張って遅刻しました。
開演時間を勘違いしていた自分に腹が立ちます。(笑)

全体的には楽しめたんです。
普通(?)のマクベスとは一味違い、近未来と過去と言う時代設定や、
予言がCDの曲っていう発想とか、クドカンワールド満載で、
面白いと感じたし・・・。
でもねぇ、散々言ってますが、「何か」が物足りなかったんですよ。
オープニング曲を聴けなかったって事だけじゃなくてね。(笑)

>クドカン&いのうえひでのりテイストに微妙な温度差
うん。これが大きいかもしれませんね。
自分自身、過大に期待しすぎたのかもしれないし。

水無月さんの感想を拝見して、共感するトコが沢山あって非常に楽しませてもらいました♪
こちらこそ、これからも宜しくお願いいたします!

こんばんは。ちょっと出遅れましたが、TBさせていただきます。

あああ、でも「いらないもの」、ホント同意です。あんなにゲロ強調しているのだが、てっきり何かの伏線かと思いましたが、ほんっと何の為のシーンだったのか、理解出来ません。

ところでロンブーの淳、「アカドクロ」前楽を見に行った時に、客席で目撃しました。休憩の時に喫煙コーナーを、「安くはないぞ、天魔王」と言いながら歩いていたそうです。(煙草吸ってた友達がバカ受けして教えてくれました。)

こんばんは!
昨日旅行から帰ってきて、やっと麗さんの感想を読みにこれました!

最初見逃してしまったんですねー。
むむむー。残念。

森山くんは本当に活き活きと動いていてよかったですよね!
彼を舞台で見るのは初めてだったんですが、面白かっこかわいかったです。

新感線、今度はジャニの生田斗真とやるみたいですね。
キャストを見て私は全然食指が動かないんですが・・・
麗さんは観にいきます?

花梨さん

コメント&TB有難うございます!

>「いらないもの」、ホント同意です。
ですよねー!(笑)
私もゲロに何か意味があるんだと思って、真剣に見てました。
でも何もなかった・・・。
ゲロとウン●を喜んで笑うのは子供だけですよね。
連呼する事で、「大人の芝居」が一気に「下品」になって、
冷めたような気がします。

ロンブーの淳が「アカドクロ」観に来てたんですね。
しかもセリフを言ってたなんて、、、
なんか、その姿が想像できちゃうなぁ。
染様の格好良いセリフ回しに、惹き込まれてたんでしょうか。
現場を目撃したお友達、笑いを堪えるのが大変だったのでは?(笑)

yukikaさん

おかえりなさーい!!
お疲れのところ、駄文を読んで頂いて恐縮です。(笑)!

>最初見逃してしまったんですねー。
はい。やっちまいました。(笑)
もう自己嫌悪です。

森山くん、本当に素晴らしかったです。
また新感線の舞台で観てみたい役者さんです。
丸々2時間、元きよしショーっていうのはどうですか?(笑)

>新感線、今度はジャニの生田斗真とやるみたいですね。
>麗さんは観にいきます?
あ、聞いちゃいましたね・・・。(笑)
私の心は、yukikaさんと同じです。
観たいという気持ちにならない。。。
でも公演始まって、評判良かったら考えちゃうなぁ。(笑)

麗さま
こんにちは。
やっと大阪でメタルマクベスを観て、麗さんの観劇記もじっくり読ませていただきました。
> そして、、、何が物足りなかったのか分かった。
> いつものオープニング曲「DEFFENDER OF THE FAITH」> を聴いてないからだ。(笑)
に大受け(爆)。ホントにあれ聴くと「これから新感線観るんだ~」って気持ちになりますものね。
私はこの作品、結構好きです。
でも新感線のお芝居という観点から言うと、最後に対決する二人がどちらも新感線の人でないってところが少し物足りなかったかな。(配役上やむをえないのでしょうが)


スキップさん

大阪公演、盛り上がってるようですね!
地元ネタも満載のようで、アドリブも全開ですか?(笑)

オープニング曲は、新感線を観る時は必需品ですよね。
>「これから新感線観るんだ~」って気持ちになりますものね。
そうそう!
「DEFFENDER OF THE FAITH」を聴かないと、
モヤモヤして本当に物足りない気分になりますよ。(笑)

>最後に対決する二人がどちらも新感線の人でない
確かにそうですよね。
意外にもあっさりとしたラストに「あら?」って感じになりました。
もう少し感動が残るかと思ったのですが、、、
劇団員にも、もっと出番を増やして欲しかったです。

こんにちは! 今頃やっと観ました、大阪公演で。こちらのブログを読んで慌てて高田聖子さんのことを書き足した私。(好きな役者さんなのに忘れてた~。)
歌に合わせて舞台のスクリーンでアニメーション映像が映し出されている時、ヘドウィグを思い出してしまいました(笑)。もちろん、新感線のほうがスケール、仕掛けともビッグでしたけど。上田大樹さん、「カラフルメリィ~」の映像の人だったんですね! 今回は映像でも堪能させてもらいました。
久しぶりにTBさせていただきまーす。

ムンパリさん

8時間連続観劇、お疲れ様でした。(笑)
ムンパリさんの細かいレポ、楽しく拝見しました!
気付かなかった事が沢山あったので、(ほぉー)(へぇー)と思いながら読ませて頂きました。

映像の使い方は本当に良かったですね!
私もちょっとだけヘドウィグを思い出しましたが、
スケールのデカさは上田大樹さんの勝ちですね。(笑)
>「カラフルメリィ~」の映像の人だったんですね!
そうなんですよ!
私は舞台を観てないんですが、あちこちの感想読んだら、
映像が素晴らしい!ってかなり評判良かったんですよねぇ。
でも「メタマク」で実際に自分で観れて、納得しました。
私からもTBさせて頂きました♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

-

管理人の承認後に表示されます

メタルマクベス  □観劇メモ(2)

 公演名 メタルマクベス  劇場 大阪厚生年金会館大ホール  観劇日 2006年7月1日(土)  18:00開演  座席 2階 D列

メタル・マクベスに酔いつぶれた昨日

昨日は,☆新感線に酔いつぶれてしまった。不覚。改めて…。2日(日)大阪厚生年金

「意外とマクベスだったね」

新感線☆RS メタル マクベス 大阪公演 6月30日と7月1日 2夜連続で観劇しました。 「『マクベス』」の世界観は変えずに、2206年の退廃した近未来と、 空前のバンドブームに沸いた1980年代の日本を二重の構造に置き換え、役名もギターのメーカー名からヒントを得たと

「メタル マクベス」 6/10ソワレ 松さん誕生日♪

SHINKANSEN☆RS『メタル マクベス』 青山劇場 2006年6月10日(土)18:00 S席1階G~J列センター何度目の観劇かは・・・・・置いといて、とても楽しめました!!5月に観たときも公演ごとに少しづつ変わっ

舞台 劇団新感線 「メタルマクベス」

☆あらすじ時は2206年。繰り返される戦争によって世界はリセットされ、瓦礫の荒野と化していた。そこには、未来を占う魔女が3人・・・日々戦いは繰り返され、絶大な勢力を誇るレスポール王率いるESP軍が将軍ランダムスター(マクベス)指揮の下、他の軍を次々と征し....

SHINKANSEN☆RS 『メタルマクベス』 雑感 3

バーナムの大森林がダンシネインの丘に向かって 攻め上って来ないかぎり 狼の子孫が剣で空をまっぷたつに切り裂き 陸の鯨が目を覚まさぬ限り 改めて並べてみると格好良いですね!上はもちろん松岡訳マクベスを引用させて頂きました。下はメタルマクベスより(言葉合ってい

SHINKANSEN☆RS 『メタルマクベス』 雑感 2

大楽も終わりましたね~。まだ大阪もありますが、東京公演中にも色々と演出が加わりましたね。 自分的に大きな変更点かな、と思うのは以下のふたつ。 ◆ ローズ=林さんの強調 当初からあったのは以下の点かな? コラーゲンの泉に飛び込み若返った林さんBが松たかこさん。

『メタルマクベス』

SHINKANSEN☆RS METAL MACBETH 会場 青山劇場 原作 W・シェイクスピア 脚色 宮藤官九郎 演出 いのうえひでのり 出演 内野聖陽 松たか子 森山未來 北村有起哉 橋本じゅん 高田聖子\根まこと 上條恒彦など 先週、見に行きました。

06/05/16 『メタルマクベス』の電光掲示板~字幕から画像までの進化を振り返る

『メタルマクベス』全体への感想はこちら5/16に観た『メタルマクベス』の舞台装置の中で一番感心した電光掲示板について思ったことを書くのを忘れていたので、ここで独立して書いてみる。{/kaeru_en1/}私の観劇における電光掲示板の初体験は、オペラ『カルメン』の来日公演

06/05/16 『メタルマクベス』ようやく感想(^^ゞ

青山劇場にて新感線☆RS『メタルマクベス』の東京初日を観劇。ようやくの感想アップなので恐縮(^^ゞ劇団☆新感線を観た3本めの舞台。新感線☆の後の「R」はロックで「S」はシェイクスピア。彼らの初めてのシェイクスピア劇の上演だというのも期待が増す。{/onpu/}{/onp

観劇「メタルマクベス」@東京

行って来ました、青山劇場。松本に続いて2回目のメタマク。出かける前に、主演の内野さんが結婚との報道があり何かあるかもとちょっぴり期待して出発!天気が悪かったんだけど、想像していたほどの雨ではなくてちょっと一安心。表参道でお直しに出していた靴を受け取り今回.

舞台『メタルマクベス』

表参道・青山劇場にて、作:ウィリアム・シェイクスピア、翻訳:松岡和子、脚色:宮藤官九郎、演出:いのうえひでのり。2200年代の荒涼とした未来社会、戦乱のESP国を国王レスポール(上條恒彦)が統治していたが、それを殺して王位を奪おうとする将軍ランダムスター(内野

メタルマクベス/劇団☆新感線

SHINKANSEN☆RS 『メタル マクベス』 東京公演 青山劇場  2006年5月16日(火)~6月18日(日)原作 ウィリアム・シェイクスピア 脚色 宮藤官九郎   演出 いのうえひでのり 出演 内野聖陽 松たか子 森山未來 北村有起哉 橋本じゅん 高田聖子 粟根まこと 上條恒彦
この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

カレンダー

10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

プロフィール

麗

Author:麗
芝居&ライブ&グルメ&ギャンブル好きなOLの日々徒然

月別アーカイブ

最近のコメント

カウンター

ブログ内検索

観劇予定

みんなで作るみんなで楽しむ演劇クチコミサイト、演劇ライフ