ARAIA -クローゼットより愛をこめて-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『キネマの天地』@新宿サザンシアター

ひさしぶりのこまつ座のお芝居。
相変わらず、客席の年齢層が高いわぁ~。(笑)

キネマの天地
キネマの天地

この作品を観に行こうって思ったのは、、、もちろん秋山姐さんが出演してるから。(笑)
他にも浅野さんや木場さんが出てるしね♪
いやぁ~、面白かったですわ♪
”我”の強い女優たちの攻防が面白く、大どんでん返しの展開に惹き込まれました。

てな事で、私的感想を。

1935年、日本映画華やかなりし頃、築地東京劇場の裸舞台に、小倉虎吉郎監督に呼ばれて集められた銀幕のスター女優、立花かず子、徳川駒子、滝沢菊江、田中小春。
自分こそが日本映画界を背負っていると確信する女優たちである。
ただ顔を合わせると口から出るのは、お互いを牽制しあう皮肉たっぷりの言葉と自慢話。そして興味あるのは自分のアップの数と台詞の量。
スター女優たちは監督の次回超特作『諏訪峠』の話と思っていたが、出演依頼されたのは去年好評を博した舞台『豚草物語』の再演話、
しかもこの場で稽古まで始めようとする監督に、しぶしぶ稽古につきあう女優たちであったが、そこには小倉による思惑があった。
実は一年前『豚草物語』の上演時、彼の妻であり出演女優であった松井チエ子が舞台上で頓死したのである。
死後見つかった彼女の日記には「わたしはK.T.に殺される」と記されていた。
殺人? 犯人はこの中にいる?
うだつがあがらない万年下積役者を刑事に仕立て、松井チエ子殺人事件真犯人追及劇『豚草物語』の幕が開く。


舞台は、映画撮影所のスタジオ。
そこへ新作映画のオファーを受けたワガママ放題の女優が、次々と現れる所から話が展開していきます。

最初に現れたのは、現在売り出し中の若手女優、田中小春(大和田美帆さん)。
とにかく彼女は、映画の中で顔のアップが何か所あったかを数え、その回数が増える度に、一人前の女優に近づいた気になっている。
まあ若手女優なので、一番下っ端な存在なんだけど、若さゆえの度胸もあり処世術に長けている感じ。
ま、要するに八方美人なのよねぇ。(笑)

次に登場したのは三田和代さん演じる徳川駒子。
「お母さんシリーズ」が大ヒットし、有名女優の道に躍り出たんだけど、、、「お母さん」って。(笑)
一番落ち着いてるのかと思いきや、なかなかのクセ者でした。

次の登場は、秋山菜津子さん演じる滝沢菊江。
アクションもこなせる、格好いい女優って感じが姐さんにぴったりでしたねぇ。
昔の言葉で言うなら、”モガ(モダンガール)”といった雰囲気で、
ショートカットの髪型で立ち姿がとにかく素敵でした♪

オオトリで登場したのは、大御所の立花かず子(麻実れいさん)。
特定シリーズのキャラというものは無いが、逆にオールマイティな活躍をしている女優といった感じ。
多くのファンを持ち、憧れの的になっている。
なんか、麻実さんそのものの役柄じゃないかっていうほどピッタリでしたねぇ。
宝塚時代からのファンも多くいる事ですし、、、名実ともに大女優ですわ♪

彼女達はとにかく自己主張がすごい!(笑)
「映画の中で顔のアップの回数」を競いあったり、膀胱炎(※)の病歴を競いあったり・・・。
※ファンに夢を与える職業だからトイレに行く姿を見せてはいけない=膀胱炎らしい。(アホくさっ)
そんな自慢話でひとしきり盛り上がり、新作映画のオファーで呼びだされたはずの4人が、
映画監督の小倉虎吉郎(浅野和之さん)から聞かされたのは、舞台「ぶたくさ物語」の再演話で、今から稽古を始めるとの事だった。
実はこの舞台の初演時、出演していた監督の妻であり女優の松井チエ子が謎の死を遂げた舞台でもあった。
ここから一気にサスペンス調に変化ですよぉ。(笑)

刑事役として監督に呼ばれていた、下積み役者の尾上竹之助(木場勝己さん)と、
助監督の島田健二郎(古河耕史さん)はチエ子が死んだのは舞台共演していたこの4人のうちの誰かに殺されたと推理していた。
そこで犯人捜しをしようと、”一芝居”うつ事にしていたのだ。
4人それぞれに起きた小さな出来事を、大きく膨らませて自白を迫る刑事役の竹之助。
しかしそれに動じることなく、ポンポン切り返していく女優達。(笑)
話しを聞いていくうちに、チエ子自身も相当イジワルな先輩女優だったらしく、色々なエピソードが飛び出してくる。
(生きたドジョウが入った巻きずしの差し入れとかね・・・。)

すると、竹之助がチエ子殺しの”動機”を語り始める。
(えー!犯人はこの下積み役者なの?)と騙される私。(笑)
実は、竹之助に自白をさせる為、刑事役を頼んで泳がせていたという監督。
犯行を自供し、警察に自首しに行くと言い残しその場から立ち去る竹之助と助監督、そして見送る女優達。
”仲間意識”が芽生えた彼女達は「うちに来ない?」というかず子の誘いに乗り、和気あいあいと帰っていった。

っと、竹之助と助監督が何食わぬ顔して戻ってきて、監督からの「ご苦労さま」の一言。
(ん???)
チエ子殺しの犯人というのは真っ赤な嘘で、本当の目的は女優達に「演技」というものの本質を悟らせる為の大芝居だったのだ。

またもや、井上ひさし氏のどんでん返しに、まんまと引っかかってしまった私でした。(笑)

<< 前の記事へ | HOME | 次の記事へ >>

コメント

最高でしたよね!

こんにちは♪私も楽日に観てきたのですが最高でしたよね!もう終始笑いっぱなしでした。秋山菜津子さんが観たくて行きましたが大満足でした!うどん粉ばばあ!とか麻実さんと菜津子さんの火鉢の奪い合いとかかなりツボでした。
最後の大どんでん返し…木場さんの芝居には拍手も上がってましたよ。
私は、あぁ、菜津子さんカッコイイ…って終始見とれてました♪

ツナさん

コメントありがとうございます♪
ツナさんも秋山姐さん目当てでの観劇ですか!
姐さん、、、格好いいですよねぇ♪(笑)
同性ながら、惚れ惚れしちゃいます。

我の強い4人の女優と、売れない役者、
そして監督の攻防は本当に見応えあって面白かったですね。
こういう実力派の役者が揃った芝居は大好きです!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

麗

Author:麗
芝居&ライブ&グルメ&ギャンブル好きなOLの日々徒然

月別アーカイブ

最近のコメント

カウンター

ブログ内検索

観劇予定

みんなで作るみんなで楽しむ演劇クチコミサイト、演劇ライフ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。