ARAIA -クローゼットより愛をこめて-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『欲望という名の電車』@渋谷PARCO劇場

秋山姐さんがブランチに!
という事で、非常に楽しみにしていたこの芝居。
観に行ってきましたよー!

欲望という名の電車
欲望という名の電車

松尾スズキ氏の演出って事で、どうなるんだろうって期待半分、怖さ半分だったんですが、、、
まあまあ、正統派だったんじゃないかな。
でも途中何度も、松尾カラーを出してたけどね。(笑)

今日も観劇中に、ちょっと大きめの地震がきたんですが、
観客は誰1人騒ぐことなく、芝居に集中してました。
これがいい事なのか、どうかは分かりませんが・・・。

ということで、私的感想を。

ブランチは、「欲望」という名の電車に乗り、妹のステラが暮らしているアメリカ南部の街、
ニューオーリンズ・フレンチクォーターの「天国」という街へやって来た。
姉妹は南部の大農園ベル・レーヴ〈美しい夢〉で育った地主階級の出だったが、いまやベル・レーヴは人手に渡り、ブランチはどうやら教師の職も辞めさせられたらしい。
ステラは元工兵隊の曹長でポーランド系の男、スタンリーのもとに嫁いでいる。
ステラの家に居候することになったブランチだが、2部屋しかない狭いアパートで、ことあるごとに粗野なスタンリーと衝突する。
ブランチはスタンリーの朴訥な友人ミッチとの結婚に希望を託そうとするが、スタンリーが聞き込んできたブランチの故郷での悪い噂が、ミッチの心も離れさせる。
いよいよ支えをなくし、混乱をきたしたブランチに、ついに病院から迎えがやってくる。(公式サイトより)


今回の舞台の演出は松尾スズキ氏。
どんな奇抜な演出をするのかと思っていたけど、意外(?)にも正統派だったので、それがちょっと驚きだった。(笑)
上の階に住む夫婦を、村杉蝉之介さん猫背椿さんが演じていて、この二人が絡んで来た時にちょっとだけ”松尾ワールド”が繰り広げられてたかなぁ。

秋山菜津子さん:ブランチ
秋山姐さんのブランチ、めちゃくちゃ期待してました。
ん~、やっぱりいい!ブランチのイメージとピッタリ重なってましたね。
アル中で男に依存して生きている女、でも生まれの良さから、気位の高い雰囲気を醸し出していました。
家が没落してからの転落人生だから、元々の育ちの良さは抜けきらなかったって感じでしょうね。
ラスト近くでの完全に”イっちゃった”雰囲気は秀逸でした。

鈴木砂羽さん:ステラ
最初登場してきた時、誰だかまったく分りませんでした。(笑)
姉を思い、献身的で、忠実な妹ステラを見事に演じてましたね。
今までに見た(っと言っても、そんなに回数多くないですが・・・)ステラの中で一番良かったと思います。
些細な事でスタンリーと喧嘩をした後、すぐに仲直りしてベットインするシーンでは、
本当にスタンリーの事を愛しているんだなぁという思いがすごく伝わってきました。
生活環境にすぐに馴染んでいくような順応性の高さがブランチにもあればよかったのにね・・・。

池内博之さん:スタンリー
野蛮でガサツな男ってキャラが、池内くんのイメージにピッタリですごく良かったです!
ポーランド系の男だと言われても、まったく違和感なかったし。(笑)
ブランチをどんどん追いつめていく様子が、すごく自然でした。
何度もTシャツを着替えるシーンがあったのですが、脱いだシャツで体を拭いたり、そのまま放置したり、
”男臭い男”って感じがしてちょっとドキっとしてしまいました。(アホです♪)

オクイシュージさん:ミッチ
初めて拝見しました。
大人計画の役者さんかと思ってたのですが、まったく違うようですね。
母親思いで、気の優しいミッチという人物を、自然に演じているのが印象的でした。
いつもかぶっていた帽子を脱いだら、、、”カッパはげ”だったのには驚いたけど。(あ、もちろんカツラです。)
結婚を考えた女性が、売春をしていたと知ったらショックなのもわかるけど・・・。
ああいう別れ方は、しちゃいかん!と説教したくなるようなミッチでした。(笑)

ラストシーン。
医者と看護婦がブランチを迎えに来るんだけど、暴れるブランチを羽交い絞めにする様子は見ていてなんだか可哀想になりました。
気が触れてしまったブランチが不憫でね。
お酒の力を借りて、ギリギリのところで精神を保っていたブランチが、可愛い妹の夫にトドメを刺された(しかもその事実をステラは知らない)のは、
あまりに気の毒で、可哀想に思えて仕方ありません。

この作品。
また違うキャストで、色々なバージョンで観てみたいです。

<< 前の記事へ | HOME | 次の記事へ >>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

麗

Author:麗
芝居&ライブ&グルメ&ギャンブル好きなOLの日々徒然

月別アーカイブ

最近のコメント

カウンター

ブログ内検索

観劇予定

みんなで作るみんなで楽しむ演劇クチコミサイト、演劇ライフ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。