ARAIA -クローゼットより愛をこめて-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『SP 革命篇』

本日水曜、レディースデー。
てな事で、観に行ってきましたー!

SP 革命篇
SP 革命篇

うわー!うわー!
もぉ~、堤さんがめちゃくちゃ格好ええ~~~
ちょっとした表情に、いちいち身悶えてました。(笑)

前作の野望篇はアクション映画、
今回の革命篇はヒューマンドラマって感じでした。

てな事で、感想を。(ネタバレ注意!)

官房長官を狙ったテロ事件から2カ月。
死闘を繰り広げた警視庁警護課第四係のメンバーたちは、通常任務に就いていた。
そんな中、尾形(堤真一)への不信感を募らせ、一人苦しむ井上(岡田准一)。
一方、与党幹事長の伊達(香川照之)やキャリア官僚らと接触の陰が疑われる尾形の動きを探るべく、公安の田中(野間口徹)も調査を進める。
時を同じくして、尾形から国会の警備を命じられる井上。
第四係、伊達、新第四係のメンバー、さらには謎のテロリストグループが国会に集結する中、内閣不信任案の採決が行われようとしていた。
そのとき遂に尾形が動き出し、国会議事堂に銃声が響く・・・。(公式サイトより抜粋)


冒頭でも言ったように、今回の革命篇は尾形と井上を中心としたヒューマンドラマって感じでしたね。
もちろんアクションシーンもありましたが、緊迫した展開に、見てるほうも息が苦しくなるほどでした。

で、、、一番に語りたい堤さん!(笑)
今回、顔のアップの映像が多くて、堪能させてもらった訳ですが、色々な表情の中でのベストワンを発表しちゃいます!(いらんって?)
尾形が最後の出社をした時、平田敦子さんをはじめ第四係のいつものメンバー達がボケツッコミしてじゃれあっている様子を、
(いつもと変わらないな・・・こいつらは♪)みたいな感じで、ほんの少し微笑んだ顔が、もぉ~たまらんっ!
笑ったか、笑わないか、ほんとうに微妙な顔だったんだけど、これがまた何とも言えず、いい!!(笑)
自分が育てたチームを愛おしむような、そして別れを惜しむかのような、悲しい笑顔にメロメロでした。

映画を見る前、TVで「SP」のSP(笑)を放送してましたね。
もちろん見ましたが、その放送を見ておいたおかげでより一層楽しめました。
まあ、見てなくても大丈夫だったと思うけど、革命前日の尾形の動きが分かったし、苦悩も伝わってきました。

で、今回の映画の舞台となった国会議事堂。
本物の議事堂なのかと思うほどでしたねぇ。
まさか映画の撮影に使用できないし・・・と思っていたら、滋賀県庁なんですってね。
いやぁ~、滋賀県庁の内部ってあんな風に国会議事堂そっくりなの?
あまりにも素晴らしい作りに、ほんと驚きました。

今回の映画で様々な”謎”が解き明かされましたが、なんだか釈然としないところもあり。
まず、尾形の言っていた「大義」って結局なに?(笑)
国会議員たちの悪事を国民に向けて公表し、謝罪させることで、日本を変えようって思ってたのか?
現総理大臣の麻田には、自分の父親を殺した罪を認めさせ、謝罪させる目的だったのはわかるけど、なんだか「大義」と言ってる割には、やってる事大したことないなぁって思っちゃいました。
尾形の目的は、「議員の膿出し」だが、今回の本当の目的は伊達が麻田に代わり「日本国のリーダー」になる事。
このシナリオについては尾形は聞かされてなく、仲間だと思っていたテロリスト達に裏切られる形になる訳だけど・・・。
尾形と伊達は実の兄弟なんだよねぇ。
同じく父親殺しの罪を麻田に突きつけるのが目的なのかと思いきや、自分の野望のために兄弟までも利用するなんて、伊達は汚い!

そんなピンチの時に現れた、井上がめっちゃ格好いい!(笑)
尾形もあえて、井上らの第四係を自由に動けるよう関係ない部屋の捜索に当たらせていたのは、やはり何か嫌な予感がしていたからなのか?
警備をしていた新第四係をはじめ、他のSPチーム(テロリストと化している)と戦い、本会議場に辿り着いてドアを開けて井上が入って来た時、尾形が安心したような表情に見えたのは気のせいかしら?(笑)

なんとしてでも罪を認めさ謝罪させたい尾形と、これ以上尾形に罪を負わせたくない井上。
そんな二人の対決は、本当に圧巻でしたねぇ。
師弟対決とでもいいましょうか、「撃てるものなら俺を撃て!」という尾形の言葉に一瞬ひるむ井上との真剣勝負は、息もつかせぬほどの迫力でマジ格好よかった~♪(これしか言葉がない・・・)

自分の頭に拳銃を当てて、死のうとする尾形を阻止する井上。
逮捕された尾形が真実を語ることはないんだろうなぁ。
身分を偽ってSPになってたという事は、影の大きな存在があった事は安易に想像できるよね。
エリートのお坊ちゃま達も、口封じの為に殺されちゃったし。
最後の最後まで明かされなかった尾形からの井上宛の手紙の中身も気になるし・・。

続編を期待しちゃってもいいですか?(笑)

<< 前の記事へ | HOME | 次の記事へ >>

コメント

この映画を見た翌日は極度の緊張から吐き気をもよおすほどの頭痛に見舞われました(笑)

きばりんさん

わかるー!(笑)
私も肩が凝ったよぉ。
ついでに呼吸困難(?)になりました。
見応えのあるストーリーでしたね!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

麗

Author:麗
芝居&ライブ&グルメ&ギャンブル好きなOLの日々徒然

月別アーカイブ

最近のコメント

カウンター

ブログ内検索

観劇予定

みんなで作るみんなで楽しむ演劇クチコミサイト、演劇ライフ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。