ARAIA -クローゼットより愛をこめて-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『SP 野望篇』

公開してからすでに1ヶ月近く経ちますが、、、
やっと観に行ってきましたー!

SP 野望篇
SP 野望篇

、、、「革命篇」に繋がる壮大な予告編でしたな。(笑)
とはいうものの、アクションシーンが凄くて、息を呑んで観てしまいました。
冒頭でのアクションシーンが、まあ凄い!
岡田くんが走るわ、走るわ!
観てるほうも息切れしそうでした。(笑)

てな事で、感想を。

警視庁警備部警護課第四係機動警護班隊員・井上薫(岡田准一)は、
自殺した理事官に対して「仕方がないだろ。大義のためだ」と係長・尾形総一郎(堤真一)が発した言葉に、猜疑心と困惑の色を浮かべ対峙する。
その出来事から1ヶ月。
東京の街は、何事もなかったかのように毎日が過ぎ、どこを見渡しても平和な日本の姿があった。
だが、そのウラでは、日本という国家のシステムを根底から揺るがすようなテロが企てられており、全ての脅威は、六本木の街から始まろうとしていた……。
公安の目をかいくぐり、不穏な動きを見せる国家の要職を担うキャリア官僚たち。その中には、与党幹事長・伊達國雄(香川照之)の姿も含まれていた。
相次ぐ脅威への過剰反応(シンクロ)に苛まれる井上。
さらにテロリストの魔の手は、笹本絵里(真木よう子)、山本隆文(松尾諭)、石田光男(神尾佑)ら第四課のメンバーにも襲い掛かってくる……。(公式サイトより)


TVシリーズを毎週欠かさず観ていた私。
最終話で意味深な謎を残しながら終わったもんだから、続きが気になって仕方なかったよぉ。
とは言いながら、冒頭でも言ったように、この野望篇では何も解明されず、さらに謎が深まった感じ。
どこまで引っ張るねんっ!(笑)

とはいいつつも、TVCMの予告編でも見ていたとおり今回の映画はアクションシーンが凄かったですね。
冒頭、六本木ヒルズのイベント会場で傘を持ったスーツ姿の不審な男に丸山智己くんが!(笑)
テロ行為を察知した井上(岡田くん)が怪しい男役の丸山くんを追いかけるんだけど、、、
このシーンがまあ、凄い!
渋滞する車のボンネット上を走り抜けたり、壁づたいに走ったり、とにかく走る走る!
走るトラックの荷台に、歩道橋の上から飛び降りて、荷台上での立ち回り。
次から次へと繰り広げられる攻防戦に息つく暇なし!
本当に見応え十分のアクションシーンでした。
地下鉄のホームでやっと追いついた笹本(真木よう子)達が全く息切れしてなかったのが、ちょっと興ざめだったけどね。(笑)

一方の尾形役の堤さんの”野望”が少しずつだけど、見えてきましたねぇ。
政界の若きホープ役の香川照之さんと裏で繋がり、日本という国自体の改革を目論んでいる。
TVシリーズの時から堤さんのアクションシーンというのは殆ど無かったけど、今回の映画でも岡田くんが「動」なら堤さんは「静」でしたね。
井上の能力を披露(?)するため、仕組まれた危険なミッション。
それが、井上だけでなく、他の仲間達までも危険にさらした尾形の真意が分からなくてねぇ。
自分の育てたチームに対する自信と誇りがあったんでしょうが、そこまでして貫こうとした”大義”に疑問です。

この危険なミッションのアクションシーンも凄かったです!
やっと(?)飛び道具が出てきて、拳銃やライフルが出てくるわ、ボーガン銃も出るわ、車は爆破するわで大騒ぎ!(笑)
ハラハラしながら見てました。

ラスト、ビルの屋上に立つ堤さんと、岡田くんが睨みあうシーンでEND。
次回の「革命篇」が楽しみです♪

<< 前の記事へ | HOME | 次の記事へ >>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

麗

Author:麗
芝居&ライブ&グルメ&ギャンブル好きなOLの日々徒然

月別アーカイブ

最近のコメント

カウンター

ブログ内検索

観劇予定

みんなで作るみんなで楽しむ演劇クチコミサイト、演劇ライフ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。