ARAIA -クローゼットより愛をこめて-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『K2』@世田谷パブリックシアター

堤さんと草くんの二人芝居って事で話題になったこの作品。
激戦チケットを握り締め、行ってきました。

K2
K2

いやぁ~凄い!!
何が凄いって、、、劇場に雪山が出現!(笑)
そしてその雪山には2人の”山男”が確実に存在してました。
雪山というシュチュエーションながらも、密室劇のような濃厚な時間を堪能しましたよ。

てな事で、私的感想を。

標高8611メートル。世界第2の高峰「K2(ケー・ツー)」登頂を果たした物理学者ハロルドと
地方検事補テイラーは、その栄光から一転、下山途中の8100メートル付近で遭難してしまう。
零下40度以下。酸素も薄く、寝袋もテントもない極限状況の中、ハロルドは足を骨折。
2人は氷壁のレッジ(岩だな)で身動きが取れなくなってしまう。
容赦なく襲いかかる大自然の脅威を前に、問わず語りにお互いの人生を話し出す2人。
青春の日々、仕事、日常、そして、家族や女たちのこと・・・。
「死」を意味する暗闇が迫る中、残された1本のザイルに託された2人の男の運命は・・・?!(公式サイトより)


冒頭でも言ったように舞台の幕があがると、そこには断崖絶壁の雪山が!
朝焼けの空に、キラキラ輝くスノーダスト。
一瞬にして都会の劇場が、雪山になり、私たち観客もK2に居るような錯覚に陥りました。

草剛さん:テイラー
とにかく2人で助かろうと頑張る熱血漢の地方検事。
幕が上がり、草くんの「おいっ!おきろ!!」と威圧的な言葉使いにちょっと驚きました。
舞台上の雪山を実際にクライミングしてましたねぇ。しかも3回!
これ、かなり体力的にキツいだろうなぁ・・・「はぁはぁ」と荒い息遣いをしてたけど、これリアルだよね。(笑)
体力勝負の舞台だったけど、つよぽんは見事に演じ切ってました!

堤真一さん:ハロルド
足を骨折して動けなくなった物理学者。
無精ひげを生やして、ワイルドな雰囲気が、、、格好いい♪(笑)
動けない自分と道連れにする訳にはいかないと、テイラーに1人で下山するように説得する姿が、
なんとも言えない哀愁とか悟りみたいなものを感じてしまいました。
動きがない分、表情で演技をする堤さんに目が釘付けでした♪

最後の最後まで諦めずにハロルドを連れて、一緒に下山する方法を必死に考えるテイラー。
強気で前向きな事しか言わなかった彼が、足を滑らせてロープに宙吊りになった時に、
子供のように大声で泣き喚く様子を見て、(彼も心細くて怖かったんだろう)と安易に想像できました。

ハロルドはまた、怪我をした自分は足手まといになるだけと、
1人で下山するようにテイラーを説得するが、その言葉をガンとして聞こうとしない。
そこで既婚者のハロルドは妻や子供に思いを伝えてほしいとテイラーに言葉を託して、何とか説得して下山させる。
ここからは堤さんの独壇場でしたねぇ。
下山を試みるテイラーが、下の足場に着いたらロープを外す大事な役目。
途中、眠りそうになりながらも必死に話し続け、テイラーからの合図でロープを外すハロルド。
でもそれは、動けない身体で完全に雪山に取り残された瞬間でもあるんだよねぇ。
暗闇の雪山に1人取り残されて、、、幕。

動けずに取り残されたハロルドもそうだけど、
1人で下山したテイラーもまた孤独と闘っているんだよね。
この二人の結末は、どうなるんでしょう。

今回、登山家という設定なので、登山用具の名前やらポンポン飛び出してきたけど、
何よりも目を惹いたのは、2人の用具の扱い方とロープの結び方。
2人とも慣れた手つきでセリフをいいながら作業する姿に見入ってました。
かなりの練習をしたんだろうなぁ~。(笑)

<< 前の記事へ | HOME | 次の記事へ >>

コメント

おっと。

麗さん♪
始まってたんだ(笑)、すっかり存在を忘れてた(爆)。
感想楽しみにしてます~!

みんみんさん

2日が初日だったので、開幕早々観てきましたよ。
存在、、、忘れてましたか。(笑)

リスクを覚悟で当日券にチャレンジしてみます?(笑)
立ち見席が当日券枠だったようですが、
上演時間が1時間40分と短いので、体力的には可能かな。
でもかなりのハイリスクになりますよね・・・。

とりあえず頑張って感想書きますね!

二日連続で

書いたぞー!褒めてー(笑)

わたしゃまたもや辛口。。

>ここからは堤さんの独壇場でしたねぇ。

そうそう。
ここが一番の見所でございました。

ぴらさん

あらー!
また書けたのね♪
えらいぞ~!
しかし辛口なのね。(笑)

ラストでの堤さんのシーンは良かったねぇ。
孤独と闘うギリギリな精神状態を見事に演じてたね。
ん~格好いい♪(←結局これ。)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

§ K2

K2 11月6日マチネ。 チケット争奪戦惨敗で完全に諦めていたこの芝居。 「チケットあるよー」の神の声。 声かけてくれた神と、コンビニでチケットゲットした神の息子さんに感謝! 壮大な密室、K2...
この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

麗

Author:麗
芝居&ライブ&グルメ&ギャンブル好きなOLの日々徒然

月別アーカイブ

最近のコメント

カウンター

ブログ内検索

観劇予定

みんなで作るみんなで楽しむ演劇クチコミサイト、演劇ライフ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。