ARAIA -クローゼットより愛をこめて-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『告白』

前評判が非常に高い、この映画!
観に行ってきました。

告白
告白

あぁ~もう、すごい!
松さんの演技に脱帽ですわ。
木村佳乃さんも凄かったなぁ。

内容的には重いテーマで、観た後もどよ~んと暗い気持ちになったんですが、
この映画、観てよかった!

てな事で、私的感想を。

女教師・森口悠子の3歳の一人娘・愛美が、森口の勤務する中学校のプールで溺死体にて発見された。
数ヵ月後、森口は終業式後のホームルームにて「私の娘はこの1年B組生徒二人に殺されたのです」と衝撃の告白をし、ある方法にてその二人の生徒に復讐する。
そして4月、クラスはそのまま2年生に進級。
犯人のひとりAはクラスのイジメの標的になっていた。
そして、もうひとりの犯人Bは登校拒否し、自宅に引きこもっていた・・・。


中島哲也監督によるこの映画。
中島監督と言えば、「嫌われ松子の一生」とか「下妻物語」とかポップでカラフルな色彩の映像というイメージなんだけど、
この作品に関しては暗くて落ち着いた色あいの映像でした。
一箇所だけ、明るい色合いのシーンが続いていたんですが、それが少年Bの精神が壊れていく所だったのが、すごく印象的。

原作本は読んでなかったので、”娘を教え子に殺された教師の復讐劇”という位の予備知識しかなく、一体どんな内容なんだろう?と興味津々でしたが、、、
いやぁ~、かなり衝撃的な内容でしたね。
「殺人」「HIV」「いじめ」「引きこもり」「家庭内暴力」「少年法」そして「復讐」。
現代社会でも問題となっている色んなテーマが詰め込まれていて、考えさせられました。

今回の映画で、特筆すべきはなんと言っても松たか子さんの演技!
もうね、圧巻!本当に凄い!
感情を抑え、表情もほとんど変えない演技が逆に、娘を奪われた悲しさ、悔しさ、怒りなど、色んな感情を表現していました。
淡々とした声で、まるで他人事のように娘が殺された事を話す様子が、また怖いんだよねぇ。
心が死んでしまったんでしょうね。
ファミレスのシ-ンで声高らかに笑う様子が、更に怖さを引き立たせてました。
冒頭の教室でのシーンですでに犯人が分かっちゃったから、後半はどういう風に話が進むんだろうって思ってたんだけど、ぐいぐい惹き込まれて見入ってました。
最愛の娘が殺され、大事なものを失ってしまった代わりに、復讐ということだけを生きる糧としていた彼女は、目的を果たした後、どう生きていくんでしょうね。

犯人のうちの1人、少年Bの母親演じたのは木村佳乃さん
彼女の演技もまた良かったわぁ。
息子を溺愛し、息子を信じ、「(事件に巻き込まれて)可哀想。」という程、相手の痛みが見えない母親。
ってかこの言動は信じられないよなぁ。
自分の息子が人を殺してしまったというのに、森口先生に対してお悔やみの言葉を言うでもなく、詫びるでもなく、自分の息子を可哀想って言えるその神経に唖然としてました。
最終的には引きこもりになった息子を更に追い詰め、家庭内暴力を振るうようになり、自らも精神的に追い込まれ、息子を殺して心中しようとするが、逆に包丁を奪われ殺害されてしまう。
なんだか可哀想な母親でしたねぇ。

森口先生の後任者、熱血教師ウェルテルを演じたのは岡田将生さん
登校拒否になっていた少年Bをなんとか登校させようと毎週、家庭訪問する正義感あふれる新米教師。
その熱意が逆に少年を追い詰めていく事にも気付かない、あまりにも”KY”な言動が可笑しくもあり、怖くもあり。

少年Aは離婚して離れ離れになった母親からの愛情を求めていた。
自分の存在を認めて欲しいという願いが歪んだ形となり、自分の全てを理解したかのように言うガールフレンドが許せなくなり殺害。
学校の生徒を撒き添いにして自殺しようと時限爆弾を作り出す。
スピーチの場で、爆弾のスイッチを押すがなぜか爆発せず、焦る少年A。
そこへ森口から電話がかかってきて、爆弾は母親の研究室に仕掛けたと・・・。
自分の手で、愛する母親を殺してしまった事で呆然とする彼の前に現れた森口。

このシーンの松さんの表情が絶品!
少年の髪を掴み、キっと睨み付けて言った一言。

「これから貴方の更正への道が始まると思いませんか?」
「な~んてね」

後味悪く、背筋がゾクっとしたまま、映画館を後にした私。
でも観て良かったと思える映画でした。

<< 前の記事へ | HOME | 次の記事へ >>

コメント

これ、評判いいね~。今見たい映画が沢山あって悩んでるんだ~これもその一つ。

たこさん

いいよぉ~。
ぜひ見て!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

麗

Author:麗
芝居&ライブ&グルメ&ギャンブル好きなOLの日々徒然

月別アーカイブ

最近のコメント

カウンター

ブログ内検索

観劇予定

みんなで作るみんなで楽しむ演劇クチコミサイト、演劇ライフ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。