ARAIA -クローゼットより愛をこめて-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ムサシ』@彩の国さいたま芸術劇場

昨年、大好評だった作品。
一部キャストが一新し、早くも再演決定!
今年も観に行っちゃいましたよー!

ムサシ ロンドン・NYバージョン
ムサシ ロンドン・NYバージョン

今回は、小栗旬さんに代わり勝地涼さん。
辻萬長さんに代わり六平直政さんというキャスティングでしたが、、、
勝地くん、頑張ってましたねー!

井上ひさしさんが、自ら手直しをして書き上げた今回の脚本。
昨年と比べてスッキリした印象でしたが、どこが変わったのかはよく分からなかったなぁ。

ってな事で、私的感想を。

慶長十七年(一六一二)陰暦四月十三日正午。
豊前国小倉沖の舟島。真昼の太陽が照り付けるなか、宮本武蔵と佐々木小次郎が、たがいにきびしく睨み合っている。
小次郎は愛刀「物干し竿」を抜き放ち、武蔵は背に隠した木刀を深く構える。
武蔵が不意に声をあげる。「この勝負、おぬしの負けと決まった」。約束の刻限から半日近くも待たされた小次郎の苛立ちは、すでに頂点に達していた。
小次郎が動き、勝負は一撃で決まった。勝ったのは武蔵。検死役の藩医に「お手当を!」と叫び、疾風のごとく舟島を立ち去る武蔵。
佐々木小次郎の「厳流」をとって、後に「厳流島の決闘」と呼ばれることになる世紀の大一番は、こうして一瞬のうちに終わり、そして・・・物語はここから始まる。


昨年の感想はこちらから。

相変わらず美しい舞台セットに惚れ惚れです。
冒頭の巌流島の戦いの場面から、禅寺へチェンジする際の竹やぶが移動してくるシーンは、何度見ても幻想的ですね。
今回、海外公演のために上演時間を30分短縮する必要があり、生前病床の中、井上氏が手直しをしたという脚本。
観てる時には(なんかスッキリしたなぁ)程度にしか感じず、どのシーン(セリフ)が削られたのか全く分かりませんでした。
休憩を挟んで全二幕のこのお芝居。
場面ごとにタイトルが付けられていましたが、そのタイトルもまた印象的でした。

第一幕では、「舟島」、「蝉」、「蛸」、「狸」
第二幕では、「刀」、「鏡」、「仏」
それぞれの場面での象徴的な一文字が使われてますねぇ。

昨年に続き、宮本武蔵を演じるのは藤原竜也さん
さすが2度目の上演という事で落ち着いていて、貫禄さえ感じました。
剣術の達人の武蔵らしく、物静かで多くを語らない男という感じで演じてましたねぇ。
特に面白いセリフを言ってる訳じゃないのに、シュチュエーションによって笑えるのはある意味オイシイ役どころかな。

一方のライバル、佐々木小次郎を演じたのは、今回初参戦の勝地涼くん
いや~、全然OKですよ♪すごく頑張っていたと思います。
舞台上には勝地くんらしい小次郎が存在していたしね♪
ただね、比べてはいけないと思いつつも、どうしても初演時の小栗くんのイメージが強く残っているせいで、比較しちゃったのよねぇ。
年齢的にもキャリア的にも、ライバルという感じで扱われる事が多い藤原くんと小栗くん。
二人の場合、武蔵と小次郎というライバル関係が自然と受け入れられたんだけど、
勝地くんだとどうしても「後輩」というイメージがあって、どう考えても小次郎のほうが分が悪いように見えてしまいました。(笑)

なにかとすぐに能を舞いだしてしまう将軍様、柳生宗矩を演じたのは吉田鋼太郎さん
これがまたいい味だしてるんですよねぇ~。
隙あらば、扇を広げて舞い始める姿がとにかくおかしくて!
沢庵和尚にたしなめられて、我にかえる表情が可愛らしかったです♪

この禅寺の和尚、沢庵宗彭演じたのは、今回初参加の六平直政さん
もぉ~ 六平の坊主は全く違和感なし。(笑)
強面で怖くなりそうなイメージですが、、、心穏やかな和尚さんもピッタリでした。
六平さんの説法の声に観客側も癒されてしまいました。

沢山和尚の元で修行中の僧侶、平心演じたのは大石継太さん
今回もまた大いに笑わせてもらいましたよぉ。
なんか大石さんの挙動が、いちいち可笑しくて仕方なくて・・・。
小次郎の手を頬ずりしてみたり、ちょっとオカマちっくな言動に目が釘付けでした。(笑)

檀家の筆屋乙女を演じた鈴木杏ちゃんは、相変わらずの安定感ですねぇ。
「復讐の連鎖」を断ち切るシーンでは、迫真の演技に鳥肌立ちました。
もう1人の檀家、木屋まいを演じたのは白石加代子さん
ん~白石さんもまた、相変わらずの怪演です。(誉めてます♪)

っと役者さんの感想を書いていて思ったけど、昨年観た時の感想とほとんど同じですね。
安定した演技といえばそれまでですが、昨年以上でもなく、以下でもないという事。
ぶっちゃけ、正直に言うと、昨年のほうが面白かった。

これは自分自身、この作品が2度目の観劇という事で内容を知っているから、
初見の時より楽しめなかったのか?っと言うとそうでもないんだけど・・・。
上手く言えないけど、昨年の上演のほうが鬼気迫るものを感じたと言ったほうがいいかな。
緊迫感が客席にも伝わってきたのよねぇ。
でもラストの「命を大切に」「命を粗末にしたらいけない」というメッセージは、今回のほうが胸の奥に突き刺さりました。

舞台は生もの。
演じる側や観る側によって、同じ作品でも大きく印象が変わるという事を改めて実感しました。

<< 前の記事へ | HOME | 次の記事へ >>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

麗

Author:麗
芝居&ライブ&グルメ&ギャンブル好きなOLの日々徒然

月別アーカイブ

最近のコメント

カウンター

ブログ内検索

観劇予定

みんなで作るみんなで楽しむ演劇クチコミサイト、演劇ライフ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。