fc2ブログ

ARAIA -クローゼットより愛をこめて-

『桜飛沫』@世田谷パブリックシアター

今週は怒涛の観劇週間!(笑)
その一発目は阿佐ヶ谷スパイダースの「桜飛沫」です。

桜飛沫

正直言うと、、、私は長塚圭史の脚本が苦手
じゃあ何故この作品を観に行ったかというと、ずばりキャスト!
新感線の橋本じゅんさんに川原正嗣さん、山本圭哉さんや水野美紀さんなど♪
それだけでチケット取っちゃったもんなぁ。(笑)

が、しかーし意外と良かったですよ。
話も判り易かったし、笑いもあって、セットも豪華だし、殺陣も格好良かったし♪

てな訳で以下ネタバレ。

第一幕
沼ばかりの貧しい村。村を仕切る郷地三兄弟は村を貧しさから救うため三人っ子政策を打ち出して、それ以上の子供を作れば重罪とした。流れで医者のようなことをしている徳市は、この村の助産婦のタネと共に村人たちに避妊の知識を広げながら生活していた。そこへ賞金稼ぎの新兵衛が現れ徳市に、佐久間という悪人の首を取りにいかないかと誘い込むが、遠い昔に剣を置いた徳市は断るのだった。
そんな折、四人目の子供が出来てしまった村人が徳市とタネの元に相談に来るが・・・。

第二幕
かつては賑わっていたが今ではすかり寂れてしまった宿場町。お尋ね者の佐久間が身を隠すには打って付けの場所であった。この町に嫌気がさしていた若い娘マルセは余所者の佐久間に興味を抱き、自分の宿場に招き入れる。そこにはマルセの姉である頭の弱いグズと、その夫である岡っ引きの蛭間が住んでいた。日々ドメスティック・バイオレンスの限りを尽くす蛭間は、町の元締め市川左京のイヌだった。その左京が流れ侍の佐久間の首に多額の賞金が掛かっていることを知り、ぬめぬめと動き出す。
そんな中、佐久間はグズの不思議な人柄に興味を抱き始めて・・・。(阿佐スパHPより抜粋)


第一幕の主役は徳市演じた橋本じゅんさん。いや~さすがですよ!
思い切りハジけた役ではなかったものの、会場の笑いをさらってました。
村人たちに避妊法を指導し、さらにヘビの皮を使って今で言うところのコ●ドームを作ろうとしてるんだけど、捕まえたヘビをブンブン振り回して、それがねぇ可笑しいの!
思わず声あげて笑ってしまいました。

徳市に密かな恋心を抱いてる助産婦のタネ演じた水野美紀さん
新感線の「アテルイ」、「アカドクロ」以来の三度目の舞台拝見だったんだけど、やっぱり好きだなぁ。
私、水野嬢の声と三枚目を演じられるところが好きなのかもしれない。
水野嬢とじゅんさんとの掛け合いも息がピッタリで面白かった。
徳市が悪人を殺しに旅に出てしまうのを察して、試作品のコ●ドームを、「私で試して」と抱きつくシーンは、ちょっとキュンとしてしまいました。(笑)

郷地三兄弟の次男演じた川原正嗣さんとじゅんさんの太刀回りはスピード感&息も合ってて迫力満点!さすが普段、新感線の舞台で鍛えてるだけあるわぁ~って感じ。
一幕のほうは話も面白く、時間が経つのが早かったです。

そして第二幕の主役、佐久間演じた山本亨さん
久しぶり(いのうえひでのり版「天保十二年のシェイクスピア」以来かな?)に観たけど、
相変わらず格好良い♪足を斬られ引きずっていた(本当に怪我してた?)ので派手な太刀回りは無かったものの、構える姿はやっぱりキマってたな

佐久間になついてくっついてる頭の弱いグズ演じた峯村リエさん
愛すべきボケキャラが見事!(笑)
なんだか可愛くて、面白くてちょっとした仕草とか目が離せませんでした。
泥団子を食べるシーンとか、2つのシャレコウベをカタカタ言わせながら、腹話術のように会話してるシーンでは、いやー笑った!笑った!

笑ったと言えば、、、佐久間を狙い殺そうと目論む左京演じた山内圭哉さん
舞台に出てきた瞬間、笑っちゃいました。
だってー、髪があるんだもん!ちょんまげのヅラかぶってるんだもん!(笑)
時代劇だからそれで普通なんだけど、山内くんに髪があると違和感あるのは私だけ?
しかも町の元締めで町人に対して威圧的なのにゲイ。(ま、この辺はお約束?!)

昔は徳市と佐久間は2人で悪の限りを尽くし暴れまくっていた仲間だった。
しかし徳市は暴れるのに飽き、すっかりおとなしくなったが佐久間はもっと一緒に暴れまくりたかった。「もう一度一緒に暴れようぜ」と誘うが、乗ってこない態度に苛立ち、徳市の家族を殺してしまう佐久間。
そんな因縁があった2人が再会し、決着をつける。
刀を抜き構える徳市と、刀は持たず木の杖を構える佐久間。
互いに歩み寄り、いざ!という時に風が吹き荒れ、大量の桜飛沫が2人を包み、、、という所で暗転。
で、終了。
2人の結末は、観客1人1人の想像の中で完結するという終わり方。
暗転後、明るくなり舞台上に整列してる役者達を前に「あら?」って感じだったけど、こういう終わり方もありかなって思う。
観た人それぞれの解釈で、結末は一つじゃないんだなって。

あなたの結末はどんなでしたか?

<< 前の記事へ | HOME | 次の記事へ >>

コメント

私も昨日みてきました!
で、早速TBさせてもらいました。
殺陣、かっこよかったですよねぇ。
峯村さんは本当にかわいかった。

私はラスト、佐久間はやっぱり切られたんじゃないかなぁって思います。
新兵衛に切ってもらってやっと佐久間はラクになれたんじゃないかと。
ラスト手前のグズの「さよなら」はちょっと泣けました。

yukikaさんも観に行かれたんですね!

私も佐久間は斬られたと、、、。(笑)
徳市に斬られる事で、過去の自分を清算したかったのでは。と思ったりして。
峯村さんのグズは、本当にいいキャラでしたね。
2幕目の中で一番印象に残ってる役柄だったなぁ。

TBありがとう!
私もTBさせてもらっちゃいますね♪

コメントありがとうございました!
早速、訪問させて頂きました。

2幕目>山本さん(まだ治療中?)の怪我というのもあって、以前発表されていたあらすじとは異なった展開をしていたように思います。山本さんの殺陣も見たかった気持ちも正直ありましたが、やはり声だけでも迫力があって流石だなぁなんても思ったり…。

ラスト、私も佐久間は斬られるというのが濃厚だと思いますが、お種とマルセが間に入るって案もありかなぁと思います。
あと真剣に命のやり取り(決闘)をする間に、お互い語らずとも過去&今の気持ちが伝わり、自然に斬りあいを止め、別れていく…なんて言うのもどうでしょうかね?(笑)


lavenderさん、早速のご訪問有難うございます♪

やはり亨さん、本当に怪我されていたんですね、、、
本来の結末はどんなだったか、気になりますが、
あれはあれで良かったのかもしれませんね。

ラスト、、、色々な案がありますね!
斬りあいを止め別れていくてのも、格好良くていいですね。

「桜飛沫」観に行かれたんですね…。
私は阿佐スパ観たことなかったんですけど
キャストにかなり心惹かれて、すっごい悩んで、悩んで・・・
「阿佐スパはちょっとエグイ(?)よ」みたいな話を聞いたので、諦めてしまいました…。
まだ一度も観にいったことないんですよね~。

う~ん、私はその終わり方に納得できるかなぁ~。
ちょっとスッキリ~ってしないような…。
次回、また心惹かれるキャストの時に悩んでみます(^_^;)

snoopyさん
私も阿佐スパの劇団公演は観たことないです。(笑)
キャストに惹かれて、長塚演出作品は何度か観に行ってますが・・・。
(「マイロックンロールスーパースター」「はたらくおとこ」「真昼のビッチ」かな。)

たしかに今まで私が観た作品はどれもエグかったですよ。(^^;
暴力満載、血は出るわ、ドロドロしたものは出てくるわ。
機会があれば、snoopyさんも一度観てみてください。(笑)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

阿佐ヶ谷スパイダース『桜飛沫』 2/16

阿佐ヶ谷スパイダース『桜飛沫』 世田谷パブリックシアター2006年2月16日(木)19時 S席1階A~C列第一幕「蟒蛇如(うわばみのごとく)」1時間30分休憩 15分第二幕「

阿佐ヶ谷スパイダース「桜飛沫」

本日観に行ってきました。平日マチネ公演だったにも関わらず、満席&補助席も出てましたね。阿佐ヶ谷スパイダースというか、長塚圭史作品は初めてだったので少々構えてた

舞台 阿佐ヶ谷スパイダーズ「桜飛沫」

第一幕沼ばかりの貧しい村。村を仕切る郷地壱之佑(市川しんぺー)とその兄弟。郷地兄弟は三人っ子政策を打ち出して、それ以上の子供を作れば増税、払えなければ子供を死刑とした。流れで医者のようなことをしている徳市(橋本じゅん)は、村の助産婦のタネ(水野美紀....
この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

カレンダー

02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

プロフィール

麗

Author:麗
芝居&ライブ&グルメ&ギャンブル好きなOLの日々徒然

月別アーカイブ

最近のコメント

カウンター

ブログ内検索

観劇予定

みんなで作るみんなで楽しむ演劇クチコミサイト、演劇ライフ