ARAIA -クローゼットより愛をこめて-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『博覧會』@東京グローブ座

本日初日。
早速観にいってきました。

博覧會 ~世界は二人のために~
博覧會

初日だった為か、かな~り危なっかしい印象。
そんな中、健闘してたのは、荒川良々だなぁ。

てな事で、私的感想を。

“運命の歯車は、くるくる回るよ二人のために。”
博覧会を前に、もう一旗上げようと集まった芸人たち。
無謀な思惑の中、ばかばかしくも不毛なリハーサルは続く。
果たして、運命に吸い寄せられた人々は、亜熱帯の熱に浮かされることなく、一花咲かせられるのか?


冒頭シーン。
いきなり「3軒茶屋婦人会」かと思いましたよー。
女装した4名(篠井、大谷、荒川、菅原)がキャミソール姿で、登場したんだもん。
思わず、深沢あっちゃんの姿を探しちゃいました。(笑)
ダンサー達の楽屋で、出番前のお化粧直しにそれぞれ夢中になってるが、お互いの”ご贔屓”の男性客の事で次第に女の戦いになり・・・。

篠井英介さん:淡路淡水(一座の座長)
冒頭の女装シーンは、やはり美しい♪見惚れてしまいます。
仕草が女性以上に女性っぽいのよねぇ。私も見習わねば・・・。(笑)
座長という立場で座員達を温かく見守り、諭し、面倒を見る様子が、
篠井さん自身のイメージとぴったり合ってて良かったです。

大谷亮介さん:林周二(一座の旗揚げメンバー)
亮介さんの女装姿、、、いつ見てもダイナミックですね~。(笑)
それがまた可笑しさを誘うんですが、今回はカツラで一笑いさせてもらいました。
周二の時は、、、そのまんま見事なオヤジでした。
ステテコ姿が似合うわぁ。(笑)
博打が好きで、お金にだらしなく、座長に借金する始末。
劇中、三味線を弾くシーンがあったんですが、あれは本当に弾いてたのでしょうか?

菅原永二さん:水川鮒三郎(女形修行中の芸人)
女装姿の時、あまりにも可愛くて見惚れちゃいましたよぉ。
鮒三郎でも女形役をやってた時、(歌舞伎役者さん?)って思うほど、仕草や表情が可愛いくて驚きました。
今回はイヤな役回りでしたねぇ~。
ナイフを出してお金を持って逃げた時は、本当にムカつきました。

荒川良々さん:温水千太郎(孤児だったが座長に拾われた一座の座員)
冒頭の女装が意外(?)にも可愛かったなぁ。
黒髪のボブの髪型がすごく似合ってました。
千太郎もかなり”オイシイ”役だったんじゃないかなぁ。
座長に恩義を感じていて、決して裏切らない。
しかも座長の娘とかなり良い仲で、男気溢れる良々が格好よく見えちゃいました。(笑)

星野真里さん:淡路蝶子(座長の一人娘)
今回の芝居でのキーマンとでもいいましょうか。
物語を進行していく重要な役柄でしたね。
星野さんの舞台は2005年の「お父さんの恋」以来2度目ですが、声がよく通るし舞台向きの女優さんだと思います。
なにかと謎を含ませた蝶子という役柄を見事に演じてましたねぇ。
父親である淡水の薦めで年の離れた男と結婚し、淡水に内緒で台湾にやってくるんだけど、そもそも淡水が本当の父親なのかさえもなんだか謎めいてたしね。

千葉雅子さん:芦川よし(一座の女優であり女中)
劇団唯一の女優でもあり、劇団員達の食事などの世話をする。
そして周二といい仲で・・・。
出番は少なかったものの、劇中劇のシーンは男前で千葉さんらしかったです。
食事のシーンでマジ食いする様子がなんだか可笑しかったなぁ。

池田成志さん:秋本義秀(台湾総督府の日本人役人)
これまた出番が少なくて残念ですが、、、演出も兼ねていたから仕方ないのかな。
今回は真面目な役でしたねぇ~。
いつ寝返えるのか?いつおちゃらけるのか?と期待してたんですが、見事に裏切られました。(笑)
スーツ姿の紳士という役が、逆に新鮮に感じました。

結婚相手からの離縁を覚悟して家から大金を持ち出し、台湾へやってきた蝶子の本当の目的はなんだったんだろう?
劇団を救うため?それとも千太郎に想いを告げて、二人で逃げるため?
鮒三郎にそのお金を全て取られて(と言うか差し出して)しまうが、なんだかしがらみから解き放たれてスッキリとしたように感じました。
結局、一座は台湾での興行が頓挫してしまい最大の危機に。
ダンナに頭を下げて再び日本に帰ると言って飛び出した蝶子でしたが、追いかけた千太郎との「その後」が気になります。

副題の「世界は二人のために」は、蝶子と千太郎の事だったのかしら?(笑)

<< 前の記事へ | HOME | 次の記事へ >>

コメント

いや~ん

麗さん♪
>食事のシーンでマジ食いする様子がなんだか可笑しかったなぁ
こんな所の感想がカブってて笑えました(笑)。
>家から大金を持ち出し、台湾へやってきた蝶子の本当の目的
途中で蝶子がお金を持ち出したのがバレて千太郎が「僕がお金が足りないって言ったから」
というシーンがありましたけど、あれもどこまで本当なんでしょうね。
きっと意に沿わない結婚だっただろうから、何もかも御破算にして
やり直したかった、って感じでしょうかね。
そっかー。初日は危なっかしかったんだ(笑)。
私が観た時は、まあ、まとまってたんじゃないかな~と思います。

みんみんさん

食事のシーン、ほんとに皆マジ食いだったよねー!(笑)
すごく印象に残ってたから、つい感想書いちゃった。

>何もかも御破算にしてやり直したかった
そうなんでしょうね。
一応建前は劇団の資金のため。
でも本当は千太郎との逃避行のためだったのかとも思えるよね。

そうそう!初日は危なっかしかったんですよぉ。
あの篠井さんがセリフに詰まったりしてたからねぇ。
ある意味貴重なものを見せてもらいました。(笑)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

観劇「博覧會~世界は二人のために~」

今回は一旦「薔薇とサムライ」を観劇した後で別行動をとっていた友人と(宿泊は同じホテルだったんだけどね)百貨店をグルグルしたり新大久保の飲食店チェックをしたりしつつ午後はグローブ座へ。 「博覧會~世界は二人のために~」グローブ座5列目 14時開演、16時10分
この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

麗

Author:麗
芝居&ライブ&グルメ&ギャンブル好きなOLの日々徒然

月別アーカイブ

最近のコメント

カウンター

ブログ内検索

観劇予定

みんなで作るみんなで楽しむ演劇クチコミサイト、演劇ライフ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。