FC2ブログ

ARAIA -クローゼットより愛をこめて-

『海をゆく者』@渋谷PARCO劇場

本日初日。
プレビュー公演を観てきました!

海をゆく者
海をゆく者

ムサくるしい(笑)、五人の男達による芝居。
いやぁ~、なかなか面白かったです。
ってか、笑えるシーンも多々あり、楽しめました。

私的感想にご興味のある方は、どうぞ。

イヴの夜、毎年恒例のポーカーゲーム。
吊り上げられたレート… 降りられないゲーム。
果たして、神は、誰に微笑むのか?

アイルランド、ダブリン北部の海沿いの町にある古びた家に、若くない兄弟が二人で暮らしている。
兄は、最近、目が不自由になり、その世話のために戻ってきたという弟にも職は無い。
酒癖の悪さで多くのものを失った弟は禁酒中だが、兄は大酒のみで、クリスマス・イヴの朝も、起きた途端に近所の友人と飲んだくれている。
陽気で解放的な性格の兄は、弟が顔を合わせたくない知り合いを「クリスマスだから」とカードに誘って弟を怒らせるが、その知り合いが連れてきた見知らぬ男こそが、弟が最も会いたくない、会ってはいけない人物だった。 (公式サイトより)


舞台には乱雑な居間(本当は地下室)のセット。
ダイニングテーブルや、ソファ、ストーブ、クリスマスツリーなどが置いてあり、
洋服やら靴やらが散らかっていて、いかにも”男やもめ”の住まいといった感じ。

では5人の愛すべき、ムサくるしいキャスト達の感想なんぞ。

平田 満さん:シャーキー
久しぶりに舞台で拝見しましたねぇ。
私的には「2000年の阿修羅城の瞳」以来です。
このシャーキーという人物も最初はなんだか掴み所がなくてなんだかよく分からない存在。
目の不自由な兄の身の回りの世話をしているが、なんだか生気がない。
次第に彼自身の問題も明らかになっていき、アルコール依存症で職を転々とし、暴力事件によって牢獄に入っていた過去もあり、かつての妻とも別れ、
不倫関係を持った女性もいたりと波乱万丈!(笑)
そんな複雑な人生を送っているシャーキーという人物を静かな演技で見事に見せてくれました。

吉田鋼太郎さん:リチャード
いやぁ~、うるさい!(笑)
鋼太郎さんの腹筋使った良く通る声がねぇ、、、もう耳について。
終始、大きな声で怒鳴り、杖を振り回し、傍若無人に振舞う姿にイライラ・・・。
特に冒頭はストーリーの背景やら、キャストの人物像が分からないから余計にね。
急に視力を失い、不安な気持ちをかき消すように大きな声で話してるのかと思うと、まあ同情もしちゃうんですが、今にも臭ってきそうな風貌は見てても不快でした。(笑)
ラストになって、弟思いの優しいお兄ちゃんというのが分かってなんだか温かい気持ちになりました。

浅野和之さん:アイヴァン
今回の癒しのキャラでしたね。
酔っ払って眼鏡を失くし、「奥さんに怒られるぅ」と怯える姿が可笑しくて。
またリチャードがそこらじゅうに擦りつけたタンを触ってしまい、テーブルや椅子で手をぬぐう様子もまた面白くて。(笑)
今回のキャラの中では一番、真面目なのかと思いきや、、、
酒が大好きでボトルを抱えて飲んでは目が据わってくる様子に笑ってました。

大谷亮介さん:ニッキー
大谷さんの声、、、好きだわぁ。
彼もまた大声キャラだったけど、まあ許す。(笑)
髪に赤いメッシュを入れてすごく若々しい印象。
しかも性格も明るくて憎めないキャラなのよねぇ。
シャーキーの別れた妻と結婚したニッキーは、シャーキーから嫌われてるんだけどね。(笑)

小日向文世さん:ロックハート
コヒさんの悪役(?)って珍しいですよねぇ。
いつもは温和で人のいい役が多いけど、今回は謎の男でしかも得体の知れない役どころ。
ニッキーがバーで出会い、意気投合し、今夜のポーカー大会に連れてきた、パリっとしたスーツに身を包み、帽子を被って、いかにも品のいい紳士。
初対面のはずなのに、何故かシャーキーの過去を事細かに知ってる・・・。
実はシャーキーの命を貰おうと企んでいる悪魔(死神?)だったという設定。
勧められるままお酒を飲んで、ベロンベロンになっていく様子は面白かったんだけど、この悪魔という設定が突拍子もなくて最初は頭が追いついていかなかったよぉ。(笑)

カード好きな5人でポーカーを楽しんでいるが、次第に掛け金も膨れ上がりエキサイティングしてくる。
ポーカー大会も佳境になり、今まで禁酒を続けていたシャーキーも酒を口にしてしまい、ニッキーに悪態をつく始末。
そんな中、ロックハートはこのポーカーで自分が勝てば、シャーキーの命を貰うというルールをシャーキーに宣言していた。
しかもそのルールを受け入れたシャーキー。
そしてこれでラストゲームという大一番。
結果、今まで劣勢だったロックハートの一人勝利で終わった。
シャーキーを外に誘い出し”刑”を実行しようとし、彼もまた素直に応じようとしていた。
っと、トイレで眼鏡を見つけたアイヴァンが戻ってきて、今の勝負の手持ちのカードを見直してビックリ!
4の3カードだと思っていたのが、なんとエースの3カード!
リチャードとアイヴァンペアの勝利となり、シャーキーの命を懸けての勝負は無効となる。

このシーンでのアイヴァンがねぇ~、おかしくて!
「眼鏡があったぁ~♪」と黒ブチの丸眼鏡で登場した時は笑ったもんなぁ。
カードの見間違いに気付いた時は(よくやった!)って思ったよ。

ラスト。
すっかり朝になり後片付けをしていたシャーキーにリチャードが「クリスマスツリーの下を見ろ」と。
実は既にプレゼントを見つけていたシャーキーだったが素直にプレゼントを受け取り、、、
「開けたか?」の言葉に急かされて中を見てみると携帯電話のプレゼント。
「これでいつでも連絡取れる」と満足気なリチャード。

最後はなんだかほっこりと温かい気持ちになりました。

<< 前の記事へ | HOME | 次の記事へ >>

コメント

堪能しました♪

まさに、男だけの白熱セリフ劇!
密度濃い時間でしたよね…。
(*--*)
私も初日スグの16日に観ましたが、惹き込まれました!!

midoriさん

すでにmidoriさんも観劇済みですか!
いやぁ~、色んな意味で濃いぃ~芝居でしたね。
私的には浅野さんがお気に入り♪
たくさん笑わせてもらいました。(笑)

頑張って感想書きますね!

やっと

書けた~

あ~クリスマスプレゼント。。。
すっかり記憶から抜け落ちてました(笑)

やっぱしすぐ書かなあきまへんな。。

ぴらさん

やっと書けましたか!(笑)

>すっかり記憶から抜け落ちてました。
そーよ!
クリスマスプレゼントが感動ポイントよ♪
ってか私も、プレゼントの中身がなんだったか、
しばらく思い出せなくて参ったわ。
必死に思い出した時には「アハ体験」できて、すーっとしたよ。(笑)

>やっぱしすぐ書かなあきまへんな。。
ほんとですな。
私も耳が痛いっすわ。(笑)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

§ 海をゆく者

  海をゆく者 The Seafarer by CONOR McPHERSON 12月8日千秋楽。 今日はいったい何日だ~ 二週間以上経っちまってますが。。。(笑) 記憶を辿って...

「海をゆく者」

日付が変わってしまったので一昨日、月曜日16日の観劇でした。 PARCO劇場では、宣伝を兼ねて役者さんコメントやPV動画が アップされています。 観終わって改めてロングヴァージョンのPVを見ましたが、チョッと 舞台のイメージとは違っていると思います。 ...
この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

カレンダー

05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

プロフィール

麗

Author:麗
芝居&ライブ&グルメ&ギャンブル好きなOLの日々徒然

月別アーカイブ

最近のコメント

カウンター

ブログ内検索

観劇予定

みんなで作るみんなで楽しむ演劇クチコミサイト、演劇ライフ