FC2ブログ

ARAIA -クローゼットより愛をこめて-

『印獣』@渋谷PARCO劇場

前作の「鈍獣」から早5年、、、ねずみの三銃士の第二弾!
早速観に行ってきたよー!

印獣 ああ言えば女優、こう言えば大女優。
印獣

ある程度の予想はしてたけど、、、
三田さん、そこまでやりますかっ!!(笑)
サブタイトルにもあるように、やぱり大女優でしたわ♪

てな訳で、、、私的感想に興味のある方はどうぞ。(ネタバレ注意)

とあるお屋敷が舞台。そこに住む女主人からの招待状をもらった3人の作家たち。
なにやら秘密めいた女主人は、かの大女優であることが判明。
女主人からの依頼で、3人の男たちは彼女の一代記を共同で執筆することになる。
果たしてこの大女優の目的は?その真意はどこに?
果たして3人の男たちは無事共同執筆を終え、夢の印税生活を得ることができるのか?(公式サイトより)


今回の席はなんと最前列!!かぶりつき状態で楽しんでまいりました。
冒頭、本物の車が登場。
バックスクリーンには背景が映しだされて、流れるように動き、車が走ってるように見えました。
しかも車の向きが変わる度に背景も後ろに流れていったり、横に流れていったりして・・・。
屋敷に連れてこられた3人は地下室に監禁されるんだけど、このシーンが見辛かったぁ。
2階部分から下の階に落とされるんだけど、、、その様子が見えなくて。
ま、最前列ならではの贅沢な悩みですな。(笑)

古田新太さん:浜名(風俗ルポライター)
麗子との関係は、AV女優だった娘を取材した過去があるという事。
たったそれだけー!って感じですが。
ルポライターという事で様々なペンネームを持ってるだけど、その名前が面白くてね。
笑っていいものか(ちょっと)悩んだけど、思い切り笑っちゃったなぁ~。
脱走を試みた時、留守電に残されたメッセージがおかしかったな。
中国人の借金取り、奥さんが出産間近の病院、TUTAYAの店員。(笑)
セクシーなビキニパンツ姿を披露してくれて、素敵な”ぽにょぽにょ”を拝ませて貰いました。
戦隊ヒーローの”サーモンピンク”にも大笑いです。

池田成志さん:上原(絵本作家)
麗子との関係は、、、幼い頃、空気が読めずに麗子の仕事をツブした過去あり。
幼い頃に麗子に買ってもらったというTシャツを大事にしてて、いまだに着ているんだけど、小さくなっちゃってお腹が丸見えなのよねぇ。
そのお腹が微妙に”ぽにょ”ってました。(笑)
出っ歯のキャラで何度も登場してくるのがまた可笑しくて、笑わせてもらいました。

生瀬勝久さん:飛竜(携帯小説家)
自分の父親と麗子が”大人の関係”だった過去が判明するが・・・。
今回のキーマンでしたね。
大きな身体をかがめて、両手で携帯のボタンを打つ姿が妙に可笑しくて笑ったな~。
終盤、何かに取り憑かれたように一心不乱に小説を書き続ける姿は怖かった。
引っ越しのバイトをしていた際に、拉致されていた児島の娘の引越しも担当していたが、、、
この娘は助かるんでしょうか?
大衆演劇のお客さん役でオバちゃんの格好して出てきた時、あまりにも違和感なくて爆笑でした。

岡田義徳さん:児島(編集者)
3人の作家を多額の印税をエサに捕獲してきた編集者。
自身の娘も麗子により誘拐されている気の毒な男。
舞台では久しぶりに拝見しましたねぇ。(2003年の「止まれない12人」以来。)
相変わらず滑舌よくて、舞台映えする役者さんですねぇ。
作家達に対する態度が高圧的でイヤな奴なんだけど、娘も誘拐されて自らも麗子の被害者だと判明してからちょっと同情しちゃいました。

上地春奈さん:上村(麗子のマネージャー)
麗子の新しいマネージャーで、女優を目指している。
なんなんでしょう?この存在感は。(笑)
沖縄方言で、何を言ってるのか理解不能なんだけど、素朴でなんだか気になってしょうがなかったなぁ。
上原にだけ、ヤギ汁を差し入れしようとした乙女心が可愛らしかったな。

三田佳子さん:長津田麗子(謎の大女優)
いやぁ~登場シーンからハジけてましたねぇ。
スモーク焚いて、電飾つきの椅子に座り、派手な衣装で登場した瞬間、、、ブっとびました。(笑)
大女優、麗子の半生を小説にしていくという設定で、過去の栄光をその場で演じていくんだけど、
黄色い帽子にランドセルを背負った小学生や、おさげ髪のセーラー服姿。
ヒーロー戦隊モノの悪役「毒マグロ貴婦人」や、大衆演劇の役者での立ち回りなどなど。
色んな役を演じてて、登場する度に驚き、笑わせてもらいました。
一番インパクトあったのは、やっぱり「毒マグロ貴婦人」だなぁ~。
下手側通路から唄いながら登場し、丁度私の目の前で立ち止まり踊ってたんだけど、、、
衣装やメイクも凝ってたし、何よりも三田さん自身が楽しそうに演じてらしたのが印象的でした。
いやぁ~三田さん!貴女はやっぱり大女優ですわ♪(笑)

冷凍庫から死体が出てきた時は、ビックリしたなぁ。
麗子や児島が銃殺された時も驚いたし・・・。
やっぱり「鈍獣」の続編!綺麗なだけじゃ終わらなかったようです。

<< 前の記事へ | HOME | 次の記事へ >>

コメント

書けた~

苦労したよ。。。

>2階部分から下の階に落とされるんだけど、、、その様子が見えなくて
あらま、椅子がひっくり返るのも殴られるのも見えなかった?
ちなみにあそこは一階で、下は地下室ってことらしいっす。。

あの死体は娘なの?それともライバルのケータイ小説家?
で、死体やってた女優さんは誰?カテコ出てたよね?
と、疑問だらけなんだけど面白かったよ^^

ぴらさん

感想書けたのね♪
ご苦労さん。(笑)

>椅子がひっくり返るのも殴られるのも見えなかった?
かろうじて見えたけど、、、
見辛かったよぉ~。
全く見えないって訳じゃなかったからいいんだけど。(笑)

そうだよね。
落とされたトコは地下室だったよね。
しかし、あのセットもよく出来てたなぁ。
スクリーンの映像も上手く使ってたしね♪

>あの死体は娘なの?それともライバルのケータイ小説家?
あの死体は娘だよ。
確かラストで娘だと言ってた。
自ら冷凍庫に入って自殺したって言ってなかったっけ?
(もう記憶が薄れてる・・・。)

あの女優さんは公式サイトにも名前出てないね。
どなたなんでしょう?

やっと!

麗さん♪
ようやく名古屋公演でしたわ~。
しかし、生瀬さん恐かったです・・・。
自分のレポではあまり細かく書いていないんだけど
細かいネタが多くて、結構笑っておりましたわ。
でもできれば大阪で、蛮幽鬼の罰ゲームの日に観たかった(笑)。

みんみんさん

おっ!名古屋公演観ましたか!

しかし、、、私が観てから既に1ヶ月半経ってる。(笑)
役者のみなさんも本当に大変ですね。

っで、生瀬さんの役は恐かったですね。
でも一番理解できる人間性といいますか、、、
唯一、普通の考えをもった常識人って感じのキャラですよね。
だからこそ追い込まれて、平常心を失くした人間の怖さが、
観てても一番怖かったのかと思います。

>蛮幽鬼の罰ゲームの日に観たかった(笑)。
えー?なになに???
誰か罰ゲームで印獣の芝居に乱入したのぉ?

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

観劇「印獣」

『蛮幽鬼』の興奮も冷めやらぬまま、今日は名古屋で観劇です。 「印獣」名鉄ホール 14列13:00開演、15:50終演作:宮藤官九郎 演出:河原雅彦出演:三田佳子、生瀬勝久、池田成志、古田新太、岡田義徳、上地春奈【あらすじ】とある森の中のお屋敷が舞台。そこに連れて来...

§ 印獣

  印獣 自称大女優・長津田麗子役を三田佳子さんに・・・ と考えた人が一番の功労者だね。 大女優さんですよ、三田さんは。 どこの大女...
この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

カレンダー

03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

麗

Author:麗
芝居&ライブ&グルメ&ギャンブル好きなOLの日々徒然

月別アーカイブ

最近のコメント

カウンター

ブログ内検索

観劇予定

みんなで作るみんなで楽しむ演劇クチコミサイト、演劇ライフ