ARAIA -クローゼットより愛をこめて-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『中国の不思議な役人』@渋谷PARCO劇場

寺山修司氏が32年前にPARXO劇場のために書き下ろしたというこの作品。
観にいってきましたよー!

中国の不思議な役人
中国の不思議な役人

いやぁ~、寺山ワールド全開でしたわ。
なんか訳わかんないうちに、ぐいぐい寺山ワールドに惹きこまれていった感じ。
でも白井晃さんの演出によって、分かりやすくなってたかも!?

てな訳で、、、感想なんぞ。

舞台は上海。
この街を支配する中国の不思議な役人は、不死なる存在と噂されていた。
しかし中国の不思議な役人には唯一「死」を迎えられる方法があった。
それはまことの「愛」を知ること。
何人も愛さない、愛せない役人はすでに死を忘れて数百年が立つ。
少女花姚(かちょう)は兄・麦とはぐれたところを人攫いにさらわれて、娼婦館に売られる。
男を知らない花姚は西瓜男に娼婦訓を叩き込まれている。
そこで出会った中国の不思議な役人と花姚。役人は花姚を求めるが、少女の愛を験すために花姚を人形のように弄ぶ。だから花姚を救いにきた兄の麦が首を刎ねても死なない。
しかし、次第に花姚が役人を無垢な心で愛しはじめる。
死ぬために愛を求め続けた中国の不思議な役人。しかし、愛を知った瞬間に生きることに目覚めるのだが、それが自分の死の瞬間なのであった・・・。(公式サイトより)


とにかく怪しい雰囲気満載!
冒頭のシーンで一気に舞台の世界に惹き込まれました。
等身大の人形を操る白塗りの男たちが現れた時、(山海塾?)って思ったら、大駱駝艦の方でしたね。(笑)
セット、音楽、衣装、小道具、全てが猥雑でしたが、私はかなり好き。
今までに寺山作品を数多く観ている訳ではないけど、「難しい」とか「わかんない」というイメージがありますが、今回もわかんなかったですねぇ~。(笑)
でもいつもの寺山作品よりは分かりやすいお話だと思いました。(どっちやねん!)

夏未エレナさん:花姚
今回が初舞台なんですね!
すごく可愛らしいし、声もよく通るし、表情がクルクル変わって、無垢な少女という役柄がピッタリでした。
娼婦宿に連れてこられ、最初はオドオドと怯えていたのが、役人と会って次第に心惹かれ、
「少女」から「女」の表情に変わっていったのがお見事でした。
ラストでの恍惚とした表情なんか、本当に凄かったもんなぁ。
で、劇中、ずーっと”関根麻里さんに似てる・・・”って思ってたんですが、似てません?(笑)

平幹二郎さん:不思議な役人
とにかく存在感が凄かったです!
”大御所”と言われる役者の持ってる「オーラ」はやっぱり違うと感じた私。
(五右衛門ロックの時に、北大路さんに感じたものと通ずる・・・。)
登場してきていきなりの「わーはっは!」と笑う声に圧倒されましたわ。(笑)
そして花姚に対する眼差しが優しくて、「恋する青年」て感じで、いい表情してるんですよぉ。
花姚と二人きりになっても、特に何もするで無く、寝顔を見つめたり、足を撫で、足の指先にキスをし、、、
可愛い人形を、大事に大事に扱うような仕草が、とても淫靡な雰囲気を醸し出していて良かったです。

秋山菜津子さん:軍人
不思議な役人の暗殺を企む軍人役って事で、ほとんどは軍服姿。
しかも男勝りな女軍人だから、仕草とか格好いいっ!(笑)
芝居終盤、軍服の前ボタンを外してのシーンがあり、ブラ姿が見えたんだけど、、、
姐さんの腹筋が割れているのを見て、素直にすげー!っと思ってました。(どこ見てる?私。)

肉体といえば、、、娼婦宿の用心棒役で出演していた、吉田メタルさん
筋肉が美しい!
上半身裸だったので、胸筋やら、上腕二等筋やら堪能させて貰いました。(笑)
新感線の舞台じゃなくて、こちらの作品に出演してたのね。

そしてもう一人、語っておきたいのは娼婦役のエミ・エレオノーラさん
病んで壊れた感じの役が、またピッタリなのよねぇ。
エミちゃんのハスキーボイスでの歌声もなんだか色っぽくてGoodでした。

この作品の全体的な印象として、先日観た「三文オペラ」と似てるっと感じた私。
音楽劇だということもあるけど、猥雑な雰囲気が共通してるからかな。

寺山ワールドを分かりやすく演出した白井さんにも大拍手です。

<< 前の記事へ | HOME | 次の記事へ >>

コメント

観てきたよ~

んで、もう書いちゃった。
感想書きづらい芝居なもんで感想にもなってないけど。。(笑)

いやぁ、ザ・寺山でしたな。
なんかわかんないけどこういうの好きです~
ほんと、わかんないんだけど(笑)
なんかわかんないけど見入っちゃったのね。
や、ほんとわけわかんないんだけど(爆)

ぴらさん

うわっ!
もう感想書いたの?(笑)
早いなぁ~。

>なんかわかんないけどこういうの好きです~
うんうん!
ほんと、訳わかんないんだけど、
ぐいぐい”寺山ワールド”に引き込まれたよね。
私もこういう世界観、好きです。
ほんと、訳わかんないんだけどね。(笑)

ワカんないですね

麗さん♪
ほーんと寺山ワールドは難しくて“理解”には程遠かったですね(笑)。
かと言ってつまらなかったかというと、決してそうではなく、
眠くなる事も無く見つめ続けておりました。
平さんは本当にすごいですよね。「不思議な役人」にピッタリの人間離れした迫力で。
蜷川シェイクスピアで拝見した事もありますが、とにかく存在感のすごい方ですよね。
私は内田さんの神がかり的なオーラがすごく印象的でした~

みんみんさん

寺山ワールド、、、恐るべし!(笑)
私は寺山作品で観たことがある作品は、
「毛皮のマリー」、「身毒丸」位しかないのですが、、、
どうしても”難解”というイメージしかありません。(笑)
でも、こういう不思議な雰囲気の芝居、好きです!

平さんは本当に圧巻でした!
迫力もあるし、お茶目な面もあるし、、、
”不思議な役人”にピッタリでしたねぇ~♪
大御所のオーラは圧倒されちゃいます。

内田さんも印象的でしたねぇ。
舞台に登場する度、視線が釘付けになりました。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

観劇「中国の不思議な役人」

今日は珍しく新幹線での上京です。午後からの観劇だから別に早朝着のバスでなくても良いですし(笑)。ですが、最寄り駅から名古屋駅までの電車が遅れてる!!余裕を持って電車に乗ったはずが、結局またコンコースを全力疾走して新幹線に乗るハメになってしまいました・・・...

§ 中国の不思議な役人

中国の不思議な役人 別に渋谷は好きじゃないけど アウェイ感のない劇場は落ち着くなぁ。。。 9月は場違い感たっぷりだったもんなぁ。。 ...
この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

麗

Author:麗
芝居&ライブ&グルメ&ギャンブル好きなOLの日々徒然

月別アーカイブ

最近のコメント

カウンター

ブログ内検索

観劇予定

みんなで作るみんなで楽しむ演劇クチコミサイト、演劇ライフ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。