ARAIA -クローゼットより愛をこめて-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『桜姫 コクーン歌舞伎』@渋谷シアターコクーン

やっと、やっと、、、観てきましたよぉ!

桜姫 コクーン歌舞伎
桜姫 コクーン歌舞伎

あぁ~もう、本当に素晴らしい舞台でした。
何が素晴らしいって、、、七之助くんよ!七之助くん!!
もぉ~泣きそうな位(ってか泣いた)、何もかもが素晴らしかったです。
観劇後、放心状態になりました。(笑)

今日は途中休憩の時に、中村獅童くんと野田秀樹さんに遭遇♪
獅童くんとは喫煙所で一緒に一服。

てな訳で、、、私的感想にご興味のある方はどうぞ。(めちゃくちゃ長いよ)

あらすじ&現代劇の感想はコチラ(1度目)とコチラ(2度目)からどうぞ。

冒頭の一言感想でも言いましたが、、、
この舞台は七之助くんが本当に素晴らしかったです!
女形姿が美しいのは前々からですが、、、神懸かった”演技”には、ただただ素直に驚くばかり。
ここ数年で大きく成長したなぁっと実感しました。(偉そうだわ、、、私)

幕があがり、白菊丸(七之助)と清玄の心中シーンから始まります。
現代版ではこのシーンがなかったから、非常に興味深く観てました。
いったいどうやって心中するのかと思ってたら、客席から七之助くん飛び降りてましたね。
で、清玄は?と観てみると、、、情けなくオロオロして完全に腰を抜かしてる。
こりゃ死ぬ気ゼロだわ。(笑)

中村七之助さん:桜姫(=マリア)
冒頭の白菊丸として登場した時も可愛かったけど、、、桜姫となってからも本当に美しい!
”世間知らずのお姫さま”といった雰囲気で、ぽわ~んとした印象が良い。(笑)
でも実は強姦された男と同じ墨を入れたり、子供を産んだり、あげくの果てには女郎へ転落したりと、
なかなかの破天荒っぷりを見せてくれるんだけどね。
恋する女は盲目ってところを上手に皮肉った脚本ですなぁ、南北さん!(笑)

出家を望む桜姫の為に祈る清玄とのシーンで出演者達が台座に座って、自らの足で舞台上を動きまわる演出には笑ったなあ。
七之助くんの上半身が全くと言っていいほど動いてなかったのには感心!
台座の高さを身分により変えていたのも非常に分かりやすかったけどね。(笑)

今回の桜姫を演じるにあたって、玉三郎さんから直々に教えてもらったという七之助くん。
私は玉三郎さんの演じた舞台を拝見していないので比べられませんが、七之助くんがもぉ色っぽい!
権助との濡れ場では、恋焦がれていた人に再会し、その彼に抱きしめられ、恍惚とした表情にやられました。
瀕死の清玄ともみ合うシーンで蛇腹状の経典(でいいのかな?)を投げつけ、はらはらと落ちる様子が、一枚の絵画のように美しい!
”反り”も見事に決まり、ただただ見惚れるばかり。
殺されるかもしれないという緊迫感の中、美しさを見せつけるあたり、天晴れです。

中村橋之助さん:権助(=ゴンザレス)
色男全開ですな!
橋之助さんは、こういう悪い男(でもモテる)を演じさせたら天下一品ですね~。(笑)
桜姫との濡れ場のシーンでは観ているほうもドキドキ♪
高貴な姫を今まさに抱こうとした時の、支配欲を満たしたような表情にゾクゾクしちゃいました。
客席に降りてきて観客いじりもしてましたねぇ。
出家するという桜姫を客席に座って、ひとりの観客として一緒に観てる時、私の席のすぐ近くに座っていたので、思わず凝視しちゃいました♪
ん~、格好いいけど、、、やっぱり顔デカい。(笑)

中村勘三郎さん:清玄(=セルゲイ)
先月の現代版ではゴンザレスを演じていた勘三郎さん。
歌舞伎版はセルゲイ(清玄)を演じていましたが、私的には今回の役柄のほうがぴったり合ってるなっという印象。
単に歌舞伎版だからという訳じゃなく、情けなくイジイジした感じの清玄を見事に演じていて適役だったな。
心中シーンでの狼狽や、桜姫を白菊丸の生まれ変わりだと確信してからの動揺。
執拗に桜姫を追いかけ、白菊丸の姿を重ねて再び心中しようと必死になる言動など、もぉ~お見事でした。
残月や長浦に毒殺されたとき、雷鳴と共に息を吹き返したシーンはゾンビみたいで怖かったです。(笑)

坂東彌十郎さん:残月(=ココージオ)
中村扇雀さん:長浦(=イヴァ)
この二人はもぉ~、癒しの存在というか、笑いの存在というか・・・。
とにかく沢山笑わせてもらいました。
2幕では彌十郎さんが、すんごいデブっちょになって登場するんじゃないか?とか、
扇雀さんがマングース姐さんとして登場するんじゃないか?と淡い期待をしていましたが、、、無かったですねぇ。(笑)
桜姫から貰ったという赤く豪華な着物や髪飾りを、自分の花嫁衣裳にと大事に保管していた長浦。
これまた女性の健気な思いが見て取れて、なんだか切なくなりました。
その着物を安易に桜姫に着せちゃうんだもんなぁ。怒るのも無理ないわ。(笑)
この二人のラスト。
権助に身包みはがされて家を追い出されてしまうんだけど、逆に現代版のように死んでしまったほうがスッキリするなっと思ったのは私だけでしょうか。

清玄の幽霊が付きまとい女郎として仕事ができない桜姫。
酔っ払って帰ってきた権助の口を借り、清玄の幽霊が権助の過去の悪行を暴露するシーンは非常に分かりやすくて良かったなぁ。
普段の歌舞伎だと権助が酔った勢いで話してしまうみたいですが、今回のほうがすんなり受け入れられたような気がします。
これで清玄も成仏したんだろうなぁ~って。(笑)
お家の仇であった権助を斬り、その赤子も殺す、、、のかと思いきや今回は殺さず。(通常は赤子も殺すらしい。)
ん~これって、最後の最後まで権助を愛していた、桜姫の想いを表現したかったのかしら?
お家の仇だけど、自分にとっては初恋の相手。
しかも子供まで産んだ程、愛していたんだもんね。(あぁ~深いわぁ)

お家を再建し、赤い着物を身にまとい赤子を胸に抱いた桜姫。
穏やかで美しい微笑みを浮かべながら、沢山の桜の花びらが舞う中、大団円。
このラストシーンの美しさには、なんだか分からないけど涙が出てきてしまいました。
BGMで流れるオペラの曲と相まって、すごく素敵なシーンに仕上がっていたと思います。

この曲、マスネ歌劇 『ウェルテル』の“春風よ なぜ私を目覚めさせるのか”という曲だそうです。
詳しい内容はコチラから。

今のところ、、、2009年観劇の中でNO.1だな♪

2009年コクーン歌舞伎

<< 前の記事へ | HOME | 次の記事へ >>

コメント

うーん隣に並んでみたい♪

おおおおお!

>獅童くんとは喫煙所で一緒に一服。

いいなぁいいなぁいいなぁぁぁぁ。
ダーリンと一緒なら、例え大嫌いなタバコの匂いの中でも…やっぱ嫌かも(-_-;)
コクーンの喫煙室って、ガラス貼りでしたっけ?
もしそうなら外からへばりついて見つめます。。。

七之助君・・・よかったよね~~!
成長!!してるよね~~~!あの兄弟!!おそるべし!
UP、楽しみにしてます!!

gajuさん

そーなんですよぉ。
獅童くんを見た瞬間、gajuさんの事を真っ先に思い出しました。(笑)
(ここにgajuさんが居たら、喜ぶだろうなぁ~)ってね。

コクーンの喫煙所は、劇場の外にあるんですよ。
劇場の喫煙所はかなりの確率で有名人に会うので、、、
タバコ吸わなくても見てみると面白いかもよ。(笑)

かずりんさん

もお!もお!もお!七之助くん最高!!!
本当に素晴らしかったですぅ♪
色々な表情が、目に焼きついてます。

>あの兄弟!!おそるべし!
本当にそうですよねぇ。
これからもどんどん素敵な役者になっていくんでしょうね♪

感想、頑張って書きますね!

TB&コメントを有難うございますm(_ _)m

麗さんの感想アップをお待ちしていました。
>悪い男(でもモテる)......歌舞伎で「色悪」っていうんですけれど、橋之助の色悪は本当にいいですね。仁左衛門に次いでいいと思います。
勘三郎はホントに情けない男が実に可愛い!!清玄は予想以上によかったです。
残月・長浦コンビは身ぐるみはがれてもきっとしぶとく生きていくんだなぁという最後が好きなので、現代劇版の方が私にはダメでした。ミュージカル「レ・ミゼラブル」のテナルディエ夫妻的な役割かなぁとか今回はあらためて思いました。
清玄と権助の死後は、「四ツ谷怪談」北番の時と同じような演出だったので地獄に落ちたなと解釈。因縁の兄弟揃って無間地獄行き!ここの演出が今回は一番面白かったです。
串田さんの演出に少々うーんというところもありましたが、七之助の時分の花の桜姫で全てよしという感じでした。
歌舞伎座では勘太郎が亀姫も頑張っていたし、中村屋兄弟は玉三郎の女方の芸もしっかり教わっているなぁと感慨深い7月でした。

ぴかちゅうさん

こちらこそ早速のコメント&TB有難うございます。

ぴかちゅうさんの感想を拝見するのを、
自分の感想が書けるまで我慢!我慢!!と言い聞かせ、
先ほどようやく読ませていただきました。(笑)

で思ったのが、、、玉三郎さんの演じる「桜姫」を見たい!って事。
正統派(?)歌舞伎での「桜姫」を改めて観たいって思いました。
っというのも、、、余談なんですが、昨日観た「いのうえ版牡丹燈籠」が、
私的にどうにも不完全燃焼だったんですぅ。
これは2年前、仁左衛門さん&玉三郎さんの歌舞伎を観てて、
そちらの印象が強く残っていたのもあるのかなぁっと。
だから歌舞伎好きな方々が、現代版の「桜姫」を観て、
かなりの違和感を訴えてらしたのも理解できるなぁ~って思った次第です。(笑)

橋之助さんの色悪(覚えました!)は本当に素敵ですぅ。(笑)
「四ツ谷怪談」の伊右衛門を演じた時も最高の色悪でしたねぇ。
>清玄と権助の死後は、「四ツ谷怪談」北番の時と同じような演出
そうそう!
これもぴかちゅうさんの感想を読んで思い出しました!
北番の時は天井からハシゴが下りてきて、必死に登ろうとしてたんですよね。
今回は上から吊るされてましたが・・・。(笑)

>地獄に落ちたなと解釈。
そうですよね。
清玄にしろ権助にしろ地獄行きですよね。(笑)

>残月・長浦コンビは身ぐるみはがれて・・・
これは歌舞伎と同じ結末なのでしょうか?
現代版での秋山姐さんの最期が私的には強く印象に残っていたので、
イソイソと逃げていく二人があまりにも滑稽でなんか腑に落ちなかったんですよぉ。
だから死んだほうがスッキリすると思ったんですが。(笑)
あぁ~、やっぱり歌舞伎での「桜姫」が観たい!!


>七之助の時分の花の桜姫で全てよしという感じでした。
ほんと、七之助くんは本当に素晴らしかったです。
様々な表情が未だにまぶたに焼き付いてます。

中村屋兄弟、、、恐るべしですね。(笑)
今後の活躍も非常に楽しみです!

麗さん♪
やっと来ました、遅くなりました(^^ゞ
>蛇腹状の経典(でいいのかな?)を投げつけ、はらはらと落ちる
あー思い出したっ!美しかったですっ!私も周りも思わず「おー」って言っちゃいました。
やはり歌舞伎版は目で観て分かる“美しさ”っていうのが見所の一つですよね。
桜姫の変わりっぷりは、女は惚れた男や環境によって、いかようにでも変わる
っていうところを描いているようで、興味深かったです。
女郎になってからの桜姫の口ぶりが、玉三郎さんそっくりで。
やっぱり教わると似てくるんですね~。

みんみんさん

蛇腹状の経典のシーン、綺麗だったよね!
なんだかスローモーションで観てるかのように、
そのときだけ時間がゆっくりと過ぎてるようでした。

>やはり歌舞伎版は目で観て分かる“美しさ”
ほんと!
その通りですわ。
色々なシーンが綺麗に目に焼きついてます。
こうして歌舞伎にハマっていくのよねぇ~。(笑)

桜姫の生き様は、女性なら少なからずとも共感できる部分があるんじゃないでしょうか?
「女の人生、男次第」って言うからね。(笑)
七之助くんは、どんどん美しくなってますね。
私よりも女性らしいんだもん。
イヤになっちゃいます。(笑)

玉三郎さん直伝の「桜姫」。
いつか機会があれば、玉三郎さんの演じる「桜姫」を、
観てみたいですぅ。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

観劇「コクーン歌舞伎版『桜姫』」

新宿で一泊し、のんびりと渋谷へ移動です。しかし暑い・・・。コクーン歌舞伎では会場内で食事が出来るので、東急百貨店や近くの「VIRON」に寄ってからコクーンへ。 &nbsp; 「コクーン歌舞伎『桜姫』」シアターコクーンベンチシート3列目 12:00開演、15:10終演原作:鶴...

09/07/09 コクーン歌舞伎「桜姫」は七之助で極まり!

{/kaeru_en3/} 先月の現代劇版と2ヶ月連続企画としてまとめて捉えると先月のイライラは解消。 コクーン歌舞伎「桜姫」初日の簡単報告はこちら。 【桜姫】作・鶴屋南北 演出・串田和美 今回の主な配役は以下の通り。( )内は6月の現代劇版で相当する役名。 七之助=桜姫...

『桜姫』観劇。

7月11日夜の部・渋谷はシアターコクーンにて コクーン歌舞伎『桜姫』観劇。1階椅子席上手寄り。いいお席でした! さて『桜姫』・・・・コクーン歌舞伎ならば行かなきゃいけないでしょ! ・・・ってな訳で、関西よりはせ参じた訳ですが なんか・・・ね・・・も~~~
この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

麗

Author:麗
芝居&ライブ&グルメ&ギャンブル好きなOLの日々徒然

月別アーカイブ

最近のコメント

カウンター

ブログ内検索

観劇予定

みんなで作るみんなで楽しむ演劇クチコミサイト、演劇ライフ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。