FC2ブログ

ARAIA -クローゼットより愛をこめて-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『蜉蝣峠』@赤坂ACTシアター

本公演2日目、開幕早々観に行ってきたよー!
いのうえ歌舞伎♪でも壊(Punk)って事で多少の不安を抱きつつ・・・。

蜉蝣峠
蜉蝣峠

とりあえず物販情報を。
パンフレットは2000円。
いつもながらに綺麗な写真満載で、出演者達の座談会あり。
他には、Tシャツ、ポスター、手ぬぐい、クリアファイル。
そして、、、五右衛門ロックのゲキxシネ前売りデザインチケット(2000円)です。

一言感想は、、、
「祭先輩(=堤さん)」改め、「シャ●先輩」って感じかな。
何先輩かは、詳細感想にて。(笑)

全体的な感想&主要キャストについての感想を、どうぞ。(ネタバレ注意!)

荒涼とした街道、ここは蜉蝣峠。
この峠で闇太郎はたまたま通りかかった元役者の銀之助と出会い、二人は連れ立って峠を下り、街へとおりていく。

そこは、ならず者が集まる無法地帯・ろまん街。
飯屋の亭主・がめ吉が二人に声をかける。
がめ吉によると、この街は立派組と天晴組による縄張り争いが激しいという。

がめ吉の店からお泪という女が現れる、お泪は闇太郎と知り合いだというが、闇太郎は過去の記憶がないという。
そんな闇太郎に、がめ吉は昔、この街で起きたある事件の話を始める。
闇太郎の過去にはいったい何が・・・。(公式サイトより抜粋)


久し振りに聴く「Judas Priest」に大興奮!
あぁ~、やっぱり新感線の芝居には、この音楽と発車ベルが不可欠だわーっと思いながら、、、オープニング。

え?
いきなりネタかぁ~。(確かにそう言ってたな。)
しかもシャモの着ぐるみきた関西弁の兄ちゃん、登場。
声聞いて、、、再び
え?(笑)
つ、つ、堤さんっっっ!!!
はいっ!今日からあなたは「シャモ先輩」です!(笑)

で、芝居に関しての全体的な感想はというと、、、
決して面白くなかった訳じゃないんです。
ネタも笑えたし、歌も楽しんだし。
でもね「いのうえ歌舞伎」って銘打ってるからには過大な期待をしちゃうんですよ。
たとえ”壊(Punk)”って付いてたとしても、”ネタあり”とか”エロあり”とか前情報あっても、思い切り期待しているんですよ。
冒頭で言った不安、そのまま的中。(笑)

軸となるストーリーはまあ面白いと思う。
特に2幕目は、どんどんストーリーに惹き込まれていったのは事実。
ぶっちゃけ、、、
1幕目(特にオープニングコント?)、いらねー。(暴言)
2幕目だけもっと膨らませてくれー。
今回の芝居は2本立て?って位、1幕目と2幕目の雰囲気が全く違います。
って言うか色々と”詰め込み過ぎ”て散漫な印象強し。
下ネタ、エロネタ、コント、着ぐるみ、太鼓の生演奏、歌謡ショー、映像、派手な殺陣、血しぶき、、、などなど。
それぞれの要素はどれも好きだし、楽しいし、面白いんだけど、散漫なイメージは拭えないなぁ。

主要キャストの感想を簡単に。

堤真一さん:天晴
天晴組の組長。常に酒徳利を手に持ち、刀はサヤに戻す暇がないって程、いつもギラギラとしている一触即発のまさにシャモ。
いやー!もぉ格好いいの一言に尽きる!
着流しに簪挿した長髪ポニーテールがめちゃくちゃ格好いい
動くたびにゆれる髪が堪りません。(笑)
新感線の舞台で初めての“悪役”って事ですが、悪に徹した冷酷な目がゾクっとするほど良いっ!
何度か着物も衣装替えするんだけど、銀糸の着物が素敵でねぇ。
光の具合でキラキラする度に、胸撃ちぬかれました。
それで殺陣で刀を振り回す姿にも目が釘付けで、二刀流で斬りまくるシーンは見惚れてました。
、、、ごめん。今回はビジュアル面しか覚えてません。
冒頭でのシャモの着ぐるみ姿のビジュアルも含めてね。(笑)

古田新太さん:闇太郎
一切の記憶を無くした謎の男。唯一覚えていたのは”蜉蝣峠で待ってて”という言葉だけ。
冒頭のコントで、ちん●ん出してるは、う●こ食べてるは、、、
今回の主役だよね?っと一抹の不安があったけど、ラストに向けてどんどん謎が明かされていく度に、格好良くみえるから不思議だよねぇ。
ビジュアル的には汚いんだけど(失礼!)、殺陣のシーンはやっぱり格好いい
特に、刀では無くて、鉄ゲタを手にはめて闘う姿に惚れ惚れ♪
堤さんとのスピード感溢れる立ち回りはさすがです。
斬られても斬られても立ち上がり、お泪と約束した蜉蝣峠に向かうあたり、「朧~」のライとオーバーラップしちゃいました。
劇中、歌謡ショーのごとく唄ったんだけど、その歌声に聞き惚れてました。

高岡早紀さん:お泪
闇太郎の幼馴染。幼い頃目の前で両親を殺され、村を捨ててしまう辛い過去を持つ。
前回、いのうえさん演出の「TOMMY」で拝見しましたが、相変わらず細くて綺麗ですねぇ。
黒地に赤い花の着物も似合ってたし、祝言での白無垢姿も本当に美しい!
「闇ちゃん♪」と呼ぶ声が可愛らしく、再会できた喜びを全身で表現してて好印象です。
新太くん演じる闇太郎が本当の闇ちゃんじゃないと知り、「いやっ!」っと拒絶する。
一方、闇太郎のほうも「過去の記憶がないから、お泪との思い出しかないんだ!」と言い、お泪にすがるシーンがまた切なくてねぇ~。
偽者の闇ちゃんだと分かっていながらも、約束した蜉蝣峠で待ってるシーンはほろりとしました。

まだまだ語りたいけど、複数回観に行くので他のキャストについてはまた次回!
とりあえず開幕してまだ2日目。
これから公演を重ねる事で、ますます面白くなっていく事を期待してます。

<< 前の記事へ | HOME | 次の記事へ >>

コメント

ぶちまけたい・・・

麗さん♪
喫煙所ではお会いできませんでしたが(行くのが早すぎたみたい)
終演後お会いできて嬉しかったです♪
ああ、このネタ、ぶちまけてしまいたい・・・・(笑)。

みんみんさん

喫煙所で会えなかったね。
私もロビーとかでキョロキョロしてたんだけどな。
終演後、通路を歩いていく姿を見つけて、
追いかけてしまいました。(笑)
とりあえずお会いできて良かったです。

みんみんさん、既に感想書けてたね。
相変わらず早いわぁ~♪
先輩ネタ、私も早く言いたい!(笑)

私も観劇済

麗さん、こんばんは。
私も早速観劇してきました。
でも結構辛口になってしまった…(汗)

まだ開幕したばかりですし、週末にまた見に行くので、期待しています!

花梨さん

>でも結構辛口になってしまった…(汗)
花梨さんの感想、実は既にこっそりと拝見してました。
えっと、、、同感です。(笑)
私も今、執筆中ですが、どうにも辛口の事しか思い浮かばなくて・・・。
基本「新感線LOVE」なんですがね。(笑)
好きだからこそ、「愛のムチ」状態ですわ。
っで、観劇した日、同じだったみたいですね♪

私も、週末にまた見に行きます。
また同じ日かしらん?(笑)

やっぱ同じ~~(笑)

麗さん♪
>1幕目(特にオープニングコント?)、いらねー。(暴言)
>2幕目だけもっと膨らませてくれー。
またまた、同じよーな事を書いてくれていて
1人でほくそえんでしまいました(笑)。
ほんとにねー、一幕は「それはどうしても必要ですか?」と
何度心の中で突っ込んだ事か。
>散漫なイメージは拭えないなぁ
そうそう、そうなんですよ。無理に詰め込みすぎ。
ただ堤さんの美しさに関しては、もう眼福としか言いようがありません♪
あー、大阪公演のチケットどうしようかなぁ・・・

みんみんさん

もぉ~ね、ほんと1幕目の無駄な笑いがどうにもね。(笑)
客席全体の”戸惑い感”が役者にも伝わってたんじゃないかしら?

>ただ堤さんの美しさ
同感!!(笑)
もぉ~見惚れてました♪
裾から見える、足やふんどしの色っぽさにクラクラでした。
着物を替える度に、ふんどしも白→紫→赤と変わってて、
チラっと見える度にドキドキでしたよ。(笑)

>あー、大阪公演のチケットどうしようかなぁ・・・
んとね、、、
2回目観たら印象変わるよ。(笑)
東京でもう一度観るんだっけ?
それから決めてもいいと思います!

こんばんわ。
雨利も観てきましたよ。
くんくさん贔屓にとっては、大人計画でよく見るアレねっ!ってかんぢで面白かったんですけどねっ、いのうえ歌舞伎贔屓にとってはイタイだろうなぁ。。。と思いました。これは感想は別れそうですね。
PANKってことで、許して~(笑)。
あと1回、見てきます。

雨利さんも観ましたかっ♪
クドカン脚本、、、いいんですけどねぇ~。
ストーリーは面白かったよ!
ただお笑い部分がね。
ってか下ネタがぁ~。(笑)

>PANKってことで、許して~(笑)。
ま、Pankじゃなかったら、
堤さんのあんな姿は見れなかったと思うので、
それはそれでOKです!(笑)
私は明日(25日)3回目を観てきます♪

こんばんは。。
おそーいコメントやけど、大阪初日と3日目観ましたよ♪
初日では気付かなかった堤さんの…^^;
家帰ってキャスト表とにらめっこしてたよ。

もう大阪だから皆知ってるから言っていいよね^^
ブログに書いちゃおう~~~(*^_^*)

>、、、ごめん。今回はビジュアル面しか覚えてません。
冒頭でのシャモの着ぐるみ姿のビジュアルも含めてね。(笑)

はははは!!まさにそんな感じだわ~~!
みんみんさんから、「堤さんはそれでもやっぱり素敵♪」と
聴いてたので楽しみにしていて
まさに!そう!!でした!!!・・・です♪(そしてハァト♪)
今から・・ですので、今からストーリー追いかけます!がんばります(笑)

きばりんさん

大阪公演、開幕しましたね!
すでに2度も観劇したんだねー!

>初日では気付かなかった堤さんの…^^;
もしかして、、、シャモリさん?(笑)
確かに一番最初は(誰?)って思うよね。
まさか堤さんがあんな着ぐるみ姿で出て来るとは思わないもん。

きばりんさんの感想、拝見しに行きますね♪

かずりんさん

もぉ~堤さんの格好よさにクラクラでしたわ。
着流しの裾から見える足&ふんどしがセクシーで♪
冒頭のシャモリさんも格好よく見えるから不思議よねぇ~。

かずりんさんの感想も楽しみにしてますね!
後ほどうかがいます♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

『蜉蝣峠』大阪初日2009.4.21

2009年4月21日(火)18:30~ 梅田芸術劇場メインホール 大阪初日&hellip;唯一取った新感線枠チケットで4列(実質2列目)からの観劇でした(*^^)v 初めて罰ゲームにも遭遇し、おまけに素敵なものまでいただいて(#^.^#) ありがとござんした♪ (五右衛門大楽時に未來

観劇「蜉蝣峠」

朝からカリグラフィーの教室へ。その後は名古屋から到着したNさんと新宿で待ち合わせ。いつくか用事をこなした後、劇場へ! ? いのうえ歌舞伎・壊(PUNK)「蜉蝣峠」赤坂ACTシアター2列目 18:00~21:05作:宮藤官九郎  演出:いのうえひでのり 出演:古田新太、堤真一...
この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

カレンダー

03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

麗

Author:麗
芝居&ライブ&グルメ&ギャンブル好きなOLの日々徒然

月別アーカイブ

最近のコメント

カウンター

ブログ内検索

観劇予定

みんなで作るみんなで楽しむ演劇クチコミサイト、演劇ライフ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。