FC2ブログ

ARAIA -クローゼットより愛をこめて-

『冬物語』@彩の国さいたま芸術劇場

なんでこの作品を観ようと思ったのか忘れてしまうほど、
ずいぶん前にチケット取ったなぁ~、などと思いつつ・・・。(笑)
行ってきました、彩の国さいたま芸術劇場へ!

冬物語
冬物語

思えばこの劇場に来たのは2度目。
2001年に上演された「マクベス」(唐沢寿昭・大竹しのぶ)を観た時以来だわ。
う~む、またもや唐沢くんを観に、この劇場に来たのね。(笑)

てな訳で、私的感想をどーぞ。

シチリア王レオンティーズは、幼馴染のボヘミア王ポリクシニーズがシチリアに滞在した折、帰国を引き止める妻の王妃ハーマイオニの言動から、ふたりの仲を疑い始める。
嫉妬心を抑えられないレオンティーズに危険を感じたポリクシニーズは急遽帰国し、ハーマイオニは臣下アンティゴナスの妻ポーライナに匿われる。
レオンティーズは生まれたばかりの王女パーディタをポリクシニーズの子だと思い込み、他国の荒野へ捨ててくるようアンティゴナスに命ずる。心労で幼王子が急死し、ハーマイオニは自害したと伝えられ、レオンティーズは自分の過ちに気付き激しく後悔する。
―16年の歳月が流れる。ボヘミアの王子フロリゼルは羊飼いの娘(実はパーディタ)と身分違いの恋に落ちて「羊の毛刈り祭」の最中に求愛をする。
息子の相手を探る為に変装し祭りに紛れ込んでいたポリクシニーズは「父親には婚約を知らせるつもりはない」と言うフロリゼルのひと言に激怒しその場を去る。途方に暮れる二人はシチリアへ駆落ちをし・・・。


シェイクスピア作品って事で、先日観た「リチャード三世」のように(小難しい話だったら、どうしよう)っと思っていたのですが、無問題!
勘違いの嫉妬に狂った、おバカな男の話って事で、単純明快でした。(笑)
今回の席は2階3列目。
思ってたよりは観やすくて良かったです。
舞台上のセットはシンプルで、赤を基調とした壁画が描かれていました。

唐沢寿明さん:レオンティーズ
嫉妬に狂い、友を疑い、妻を幽閉し、幼い王子を死なせてしまい、生まれたばかりの王女を荒野に捨てさせる。
男の嫉妬って醜いねぇ~。(女の嫉妬も始末に追えないけど。)
最初は幼馴染と妻の”仲良しっぷり”を微笑ましく見てるんだけど、次第に疑念が湧き出てきて、、、。
それでもなんとか自分の中で否定し続けていたが、王の威厳やら、男のプライドやらが邪魔して嫉妬大暴走!
私、観ながら(バカだなぁ~)としか思えなかったよ。
王子や王妃が死んでしまってから自分の過ちを悔い、嘆き悲しむんだけど、(自業自得だ!)って思い、全く同情もしなかった(できなかった)し。(笑)

私、過去の作品を振り返ってみると、、、唐沢くんの出演した作品は今回で4作品目。
獅童くんと共演した「浪人街」、鈴木京香さんとの共演「カノン」、あとは大竹しのぶさんと共演の「マクベス」。っで今回。
長い髪にヒゲの風貌、赤いマントを翻す立ち姿は格好良かったです。

田中裕子さん:ハーマイオニ/パーディタ
王に浮気を疑われ牢屋に幽閉されてしまう王妃。
幽閉中に王との子を出産するが、浮気の末の子供だと疑われ捨てられてしまう。
目にも鮮やかな赤い衣装が本当によく似合う!
立ち振る舞いも綺麗だし、終始おだやかで凛とした姿は王妃そのものでした。
田中さんを舞台で拝見するのは「薮原検校」以来、2度目。
この時も感じたけど、ちょっと声が弱いなぁ~。
2階席だったからかもしれないが、声が響かないのよねぇ。
でも2幕目では一変!
捨てられた王女が成長し、16歳になったパーディタを演じてた時は凄かった!
拾われて育ててもらった羊飼いの父に向かって「とーちゃん!」って言うギャップが、素晴らしい!(笑)
なんとなく16歳に見えるから不思議だよねぇ。
育ちは悪い(?)が、生まれの良さから滲み出る気品が感じられてGoodでした。

横田栄司さん:ポリクシニーズ
レオンティーズの仲の良い幼馴染だったが、王妃との浮気を疑われ暗殺されそうになる。
いやぁ~格好いい!素敵!!見惚れたぁ~
もうオペラグラスから目が離せませんでした。(笑)
赤の衣装とは対象的に、白い衣装に身を包み、自らの潔白を表現しているようでしたね。
っで2幕目での、年老いてからの演技には笑わせて貰ったよ。
息子が夢中になっている女性に会いに、変装してお忍びで行くんだけど、このシーンは可笑しくて仕方なかったです。

六平直政さん:羊飼い
荒野に捨てられた赤ん坊を拾い、男手ひとつで育てあげる。
あぁ~もう、六平さん最高!(笑)
口は悪いが心優しい羊飼いを見事に演じてましたね。
羊飼いの息子、道化演じた大石継太さんと共に、”賑やかし”担当でした。(笑)
この親子が舞台に出てくる度に、なんだかホっとしたもんなぁ。
この道化が出てきた時、一瞬、高橋洋くんかと思っちゃったよぉ。
てか、洋くんがこの芝居に出演していたら、間違いなく道化役だよね・・・。
しかし蜷川さん!
ちょっと頭が弱い男の役柄に、オカッパのカツラを着けさせるのはなんでなの?(笑)

長谷川博己さん:フロリゼル
ポリクシニーズの息子でボヘミアの王子。
いやぁ~、まさしく王子様!(笑)
2幕目でやっと登場してきたよぉ♪
16歳のパーディタを演じてる田中さんと、いいカップルでしたねぇ~。
最初は小汚い格好をしてるんだけど、王子の衣装になってから絶品!(笑)
長身の身体に白い衣装が本当に似合ってて、素敵でした

ラスト。
シチリアへ駆け落ちしてきたフロリゼルとパーディタをレオンティーズは歓迎する。
そこへやってきたポリクシニーズとも和解をし、長年の罪を謝罪する。
っと、ハーマイオニにそっくりな彫刻がお披露目され、その彫刻が動き出す・・・。
自害したと告げられていたハーマイオニは、実は生きていたのだった。
16年の月日を経て和解をした3人。
そしてレオンティーズはかつての平和で幸せな時間を取り戻したのだった。

ん~、ここでこの芝居での疑問点をいくつか。
・レオンティーズの幼い王子が冒頭で、魚の被り物をかぶってたのは何故?
・成長したパーディタを見て、ポリクシニーズらがハーマイオニと似てると思わなかったの?
・実は生きていたハーマイオニは16年間どこに居たの?

っと細かい疑問は多々あれど、、、楽しかったから、いっか!(笑)
最後に、、、
紙飛行機が宙を旋回しているシーンは、凄く好きな演出でした。

<< 前の記事へ | HOME | 次の記事へ >>

コメント

「冬物語」アップしました!

一日違いの観劇だった「冬物語」を先にアップしました。お目通しいただけると有難いです。
いのうえmeetsシェイクスピア「リチャード三世」も早く書かなければと思っています。
唐沢くん、今まであまりいいと思っていなかったのですが、今回は見直しました。「20世紀少年」やっぱり観ればよかったなぁと思えてきました。原作読んでるけれど映画の第一章観てない。どうしよう(^^ゞ

今度観に行ってきます♪
だけど何のストーリーとかも把握せず、ただ…長谷川博己さん出る鋼太郎さん出るってだけでチケット取りました(^。^;;

観に行くまでに麗さんの感想がアップされてるといいな(。∂∂。)ポッ

ぴかちゅうさん

もう感想書かれたんですね!
なんと素早い!!(笑)
って先ほど拝読させて頂きましたが、(うんうん)と頷いてました。
同じシェイクスピア作品なのに「リチャード三世」とは違い、
本当に分かりやすいストーリーで助かりました。
男の醜い嫉妬の話ですもんね♪(笑)

私も頑張って感想書きます!
そしたらTBさせて貰いますね♪

今回の観劇日、一日違いとはなんと言うニアミス!
しかも本当は同じ日だったのにという残念さ。(笑)
今度、さい芸に行く際にはご連絡させて頂きますね♪

おっ!
ぴかちゅうさん、「20世紀少年」に興味が!?(笑)
この前TVで第一章の放送してましたが、、、観てないですか。
第二章には新太くんが出てますよ。(笑)
ぜひ観てみてください!

きばりんさん

あ!きばりんさんも観に行く予定ですか♪
ぜひ楽しんできてください!
私も全くストーリーに関して、知らずに観に行きましたが、
すごく分かりやすい内容だったので問題ないですよ!
リチャードに比べたら、なんとも分かりやすい!(笑

長谷川くん、格好いいですよ!
期待しててください!!

>観に行くまでに麗さんの感想がアップされてるといいな
うっ・・・。
かなりのプレッシャーがぁ~!(笑)

読みに来た~

>観ながら(バカだなぁ~)としか思えなかったよ。

あの王様をバカだなぁ~と思う作品だと思う。。(笑)

あの紙飛行機はなんだろ。。
自由な魂の象徴?
小難しいことはようわからんです。。

てかね~

>思えばこの劇場に来たのは2度目。
>唐沢くんの出演した作品は今回で4作品目。

こっちのほうが意外だったよ~
さい芸常連かと思ってたし
天保~は観てると思ってた~

ぴらさん

>あの王様をバカだなぁ~と思う作品だと思う。。(笑)
ほんとバカだったよねぇ~。(笑)
観ててもイライラしました。
しかも王という立場から、従者達は意見する事もできないし、
逆らうなんてできないし、、、
そんな中、藤田弓子さん演じたポーライナが頼もしく見えました。

紙飛行機は何の象徴でしょうね。
「自由な魂」、はたまた「幼い記憶」?
私にも難しいことはわからんです。(笑)
でも紙飛行機が、空中でいつまでも旋回してるのは、綺麗だったなぁ~。

>こっちのほうが意外だったよ~
そう?(笑)
「天保~の蜷川版」はねぇ、、、
残念ながら観てないんですよぉ。
チケット取れなかったんです。
てか、その頃ちょうど「三上版のヘドウィグ」で魂抜けてたので、
他の舞台への観劇欲がなかったんですよ。(笑)

TB&コメント有難うm(_ _)m

麗さま、力の入った感想をじっくり読ませていただきました。返事が遅くなって恐縮ですm(_ _)m
>(ポリクシニーズが)白い衣装に身を包み、自らの潔白を表現しているようでしたね......そういえばそうですね。嫉妬に燃える赤と潔白の白を二人の男にまとわせたんだ!いろいろなイメージが湧いていいです。
>ここでこの芝居での疑問点をいくつか。
①レオンティーズの幼い王子が冒頭で、魚の被り物をかぶってたのは何故?
②成長したパーディタを見て、ポリクシニーズらがハーマイオニと似てると思わなかったの?
③実は生きていたハーマイオニは16年間どこに居たの?
→①については私も気になって「魚 象徴 冬物語」でネット検索してみたところ、ある方のブログにこの作品がお伽噺ということの象徴と書かれていて、すごく納得しました。父の理不尽から精神不安定になって死んでしまった王子が一番哀れな犠牲者ですよね。
②私もそこはそう思いながら心の中でツッコミ入れてました。ま、一人二役で上演しない場合ももちろんあるわけでそういう脚本になっているのでしょう。
③ハーマイオニが倒れてから死んだと王には報告しておいてポーライナが自分の屋敷に運び込んで匿っていたんだと思います。家臣の家に王様は普通行かないのでポーライナが家のものに緘口令を敷けばばれなかったと思います。
>紙飛行機が宙を旋回しているシーンは、凄く好きな演出......カテコで唐沢・田中コンビが紙飛行機を客席に飛ばしていました。やっぱり今回の一番重要な演出のツールでしたね。

ぴかちゅうさん

コメント&TB有難うございますっ!
身体のお加減いかがですか?
無理なさらずに、「夜明けの来ない夜はない!」って思って、
気張らずに、、、ね♪(何者だお前は!(笑))

そうそう!衣装の赤と白は対照的でしたよね。
白が潔白なら、赤はまさしく嫉妬や情熱、はたまた自己主張の象徴でしょうか。
対比が見事でした。

①についてはお伽噺の象徴ですかっ!
じゃあ魚には特に意味はなかったんですね。
(なんで魚?)っとずーっと気になってたモンで・・・。
すっきりしました!(笑)

②についてもツッコミ入れてしまいますよね!
>一人二役で上演しない場合ももちろんある
そうですよねぇ~。
観劇中、ハーマイオニに似てるって事でポリクシニーズ達が、
気づくんじゃないかって期待(?)してたので、
ちょっと肩透かしをくらったモンですから。(笑)

③に関してはポーライナが匿ってたのか!
そうですよね。
唯一知ってたのはポーライナだけでしたもんね。
ダンナはクマに食われて死んじゃったし・・・。(笑)

千秋楽でのカテコで紙飛行機を客席に飛ばしてたんですね!
大いに盛り上がった事でしょう♪
ん~、やっぱり素敵な演出でしたね。

やっと観てきました

麗さん♪
いやあ、やっと観てきました、大阪で。
ロマンス劇らしく悲劇の要素もありながら最後は大団円という、
分かりやすいストーリーでしたね。
唐沢さん、長期の舞台が出来る人じゃないんじゃないか?
と思ってたのですが(と言うほど前回は声が潰れてた)
観てみたら問題なかった(笑)。
そう言えは「天保12年~」でも声は大丈夫だったもんな(笑)。
横田さんは色っぽいですよね♪
「カリギュラ」に出ていた横田さんが色っぽかったのが
印象に残ってます。今回とは違ってアウトローな感じの役
なんだけど。
>瞬、高橋洋くんかと思っちゃったよぉ。
あ、ホントだ、おんなじこと書いてある(笑)。
でも声の出し方なんかが、洋さんそっくりだったんだもん!
また洋さんが舞台で観たいですね~。

みんみんさん

大阪遠征、お疲れ様!
盛りだくさんな遠征で楽しまれたようですね♪

シェイクスピアというと小難しいイメージが付きまといますが、
この作品に関してはすごく分かりやすくて楽しめました。
唐沢くん、、、私的には喉が強いイメージがあります。
ってか、たまたま自分が観に行った時は、声が潰れてなかっただけ?

今回のツボは文句なしに横田さんでした!
今までも何度か拝見した事はあったと思うのですが、
ポリクシニーズにはもぉ~萌えました♪(笑)

大石さんの演技は洋くんを彷彿とさせてましたね。
まあ役柄的にも道化は洋くん担当っていうイメージがあったので、
仕方ないけど。(笑)

>また洋さんが舞台で観たいですね~。
うんうん!
蜷川作品以外の舞台も観てみたいです。

よかった!

『リチャード・・』で撃沈したので、も~~~ハラハラしてたけど
わかるじゃん!!・・でした。
ああ・・・まだこの先芝居を観て行くことができる・・と
再び自信が持てた(笑)
横田さん・・・素敵でしたよね!
何気に最近「ツボ」一緒だよね!(笑)

かずりんさん

そうそう!
リチャードが初見で無知識の私にはあまりにも複雑だったから、
シェイクスピア作品は難しいと思ってたけど、、、
この作品は非常に分かりやすくて有難かったです。(笑)

横田さん、格好良かったね♪
白い衣装の爽やかさにクラクラしてました。

最近”萌え”ツボが一緒だね♪(笑)
次のツボはなんだろう?
楽しみだわ。

どっちもどっちでしたね

>麗さま
うそだーいの連発ですが、みんな幸せになったんだからええんや~。それにつけても2幕のポリクシニーズの頑固親父振りは痛快でした。唯一若者花の王子フロリぜル。長谷川さん清潔感があって素敵でした。
とにかく、おやじどもには気をつけないといけません。
時の老人の現物はじめて見ました。あんな運命の神さん走ってきても前髪をつかめるとも思えませ~ん。

とみさん

えぇ。
こんなんウソやろーっとツッコミたくなるところが満載でしたが、
ラストはハッピーエンドでしたね。
そう考えると、幼くして死んでしまった王子が一番可哀想です。
いっその事、王子も魚として生まれ変わってたら面白かったかも!?(笑)

2幕目でのポリクシニーズには笑わせてもらいましたよ!
実の父とは気づかずに「父は関係ない」と息子に言われ、
正体バレないように必死に怒りを隠そうとする表情が絶品でした。

>あんな運命の神さん走ってきても前髪をつかめるとも思えませ~ん。
ダメだぁ~。
今、私の脳内では、ももひき&腹巻にハゲヅラかぶった、
”カトちゃん”が走り回ってます。(笑)
(顔は唐沢くんでね♪)

今度、他のカンパニーでこの作品を観る機会があれば、
「時の老人」役にも注目したいと思います。(笑)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

観劇「冬物語」

映画を観終えて、速攻で梅田に移動!今回で何本目だろう、ここ3年は皆勤賞の蜷川シェイクスピア。最近めっきり上演回数が減ってしまったのが残念。名古屋公演が無いので、大阪まで追っかけてきました。 「冬物語」シアター・ドラマシティ20列13:00開演、16:45終演原作:W...

09/02/01 さい芸「冬物語」千穐楽で心が融けた

{/kuma_fly/} 千穐楽の簡単報告はこちら 【彩の国シェイクスピア・シリーズ第21弾「冬物語」】 以下、あらすじは公式サイトを踏まえつつ訂正補筆。 「シチリア王レオンティーズは、長期滞在の幼馴染ボヘミア王ポリクシニーズの帰国の申し出を引き止めるため、妻のハーマイ...

§ 冬物語

冬物語 シェイクスピアの中では比較的面白い戯曲。 ではあるけれど。。 自作のオイシイ部分の寄せ集めって気がしなくもない。 例に...
この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

カレンダー

03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

麗

Author:麗
芝居&ライブ&グルメ&ギャンブル好きなOLの日々徒然

月別アーカイブ

最近のコメント

カウンター

ブログ内検索

観劇予定

みんなで作るみんなで楽しむ演劇クチコミサイト、演劇ライフ