ARAIA -クローゼットより愛をこめて-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『容疑者Xの献身』

今更、、、という感じもありますが。(笑)
観てきました!

容疑者Xの献身
容疑者Xの献身

TVドラマシリーズから大好きで毎週欠かさず見ていたこの作品。
映画化されると聞き、(またフジテレビか・・・)なんて思ってましたが、
堤さんが出演と知り(これは絶対に観にいかねばっ!)っとテンションUP!
公開してから既に3ヶ月近く経ってますが、ようやく観に行ってきました。
ロングラン上映してくれてありがとー!(笑)

てな訳で、感想なんぞ。(ネタバレ注意) 発見された男性の死体は顔がつぶされ、指を焼かれていた。身元は冨樫慎二であることが判明。
貝塚北警察署の刑事・内海薫は捜査に乗り出す。
冨樫の別れた妻、花岡靖子のアリバイを確認していたある日、その隣人が湯川と同じ帝都大出身者であることを内海は知る。隣人の名は、石神哲哉。
高校で数学教師をしている。物理学者・湯川学にとって「僕の知る限り、本物の天才」と評する男だ。
虚言、盲点、心理戦、ブラフ、様々なトリックが複雑に詰まった天才数学者が仕掛けた難問に「探偵ガリレオ」が挑む!!


天才数学者の石神演じた堤さんに泣かされたぁ~。(笑)
既に観に行った方々の感想で”泣いた”、”号泣”と読んでいたので、(どんな風に泣けるんだろう?)っと思いながら観ていた私。
映画も終盤になり、(私、泣けない・・・)って思っていたのですが、、、。
最後の最後で泣けたよぉ~。
終始、感情や表情を押さえた石神が、唯一感情を剥き出しにして「なんでー!なんでー!」っと言いながら泣き崩れたシーンで、私も涙がダーっと。(笑)
堤さんは今回の映画の主役でしたね。(断言!)
地味で、数学オタクの石神という人物を、見事に演じてました。
背中を丸め、うだつの上がらない中年の高校教師で、隣人の美人に一目惚れした気味悪い”ストーカー野郎”かと思ったら、、、。
この映画の副題にもなっている「その愛は、解けない?」とあるように”愛”がテーマになってますが、単なる愛(しかも一目惚れの純愛)だけで、あそこまでするかなぁ?
好きな人のために協力したいと思う気持ちはわかるけど、その人を守る為に自ら殺人を犯すとは・・・。
「その問題を解いても、誰も幸せにならない」と言った石神の言葉が妙に悲しくてねぇ。

お弁当屋のシーンで靖子に「寒いですねぇ~」と話し掛けられ、言葉を交わそうとちょっと笑いかけたところに、他の客が入ってきて、すぐに表情をこわばらせる演技が、もぉ上手いなーって♪
今回の堤さんは目だけの表情で、色々な感情を表現してたのがお見事でした。

隣人の花岡靖子演じた松雪さんは、やっぱり美しいねぇ~♪
お弁当屋さんにあんな美人が居たら、毎日通ってしまう男性常連客の気持ちもわかるよぉ~。(笑)
別れた元夫から娘を守ろうと、必死に抵抗し無我夢中で殺してしまったのも”愛”だね。
石神の行動を、次第に恐怖に感じ「富樫が石神さんに替わっただけじゃないっ!」っと叫んだシーンが印象的でした。

靖子の元夫の富樫演じた長塚さん、、、キモい。(誉め言葉です。)
ヒモ男の如く、別れた靖子の居場所を突き止めて家にズカズカと上がり込み、悪態をつくイヤな奴。
娘に不意打ちで殴られ、暴れだし、靖子と娘によって絞殺されるんだけど殺され方がお見事!(笑)
正直言って、殺されて当然って思ったもんなぁ。

事件の解決にかりだされたガリレオこと、湯川演じた福山さんもイイ味だしてました。
映画版ではお得意の公式使った謎解きはなかったね。
石神のことを「天才」と認め、「友達」だという湯川。
でも石神は「俺には友達は居ない」と言われ、一緒に冬山に登り、滑落した時に石神が戻ってきて湯川を助けた時に、男同士の友情を感じたなぁ。
事件の謎解きが進むにつれ、苦悩する湯川の演技もお見事でした。

黒板に向かって数式を一心不乱に書いていた堤さん。
あの数式覚えるのも大変だったろうなぁ~っと変なところでも感心しちゃいました。(笑)

<< 前の記事へ | HOME | 次の記事へ >>

コメント

まさに。

麗さん♪
主演は堤真一です、間違いなく(笑)。
あのストーキングしてる(と見せかける)時の堤さんは
無表情で結構怖かったけど、それもこれも、全て
計算づくだったのか・・!と思うとね、もう最後の号泣シーンは
泣けますよね(ToT)。
もう1度観に行きたいぐらいです♪

みんみんさん

主役は堤さんで、決定ですね!(笑)
顔の表情は変えずに感情を抑えて、
目だけの演技に大拍手を送りたいです。

だからこそ、ラストで感情剥き出しにしての嗚咽に、
観客も号泣だった訳で・・・。(笑)

堤さんは舞台もいいけど、映画もいいね♪

これは是非

原作も読んでみてください。
本当に、最後の最後で号泣ですよ。
映画観た後だと、もう原作読むときも、石神が堤さんにしか思えないでしょうけど、この役はピッタリだったので、違和感ないと思いますよー。

きたむーさん

原作もいいですか!
>本当に、最後の最後で号泣ですよ。
あら♪
これはぜひ読まなくちゃですね。
確かに既に頭の中では「石神=堤さん」という、
図式が出来上がってます♪(笑)

いい男や~~~♪

やっと(観に)行ってきたか・・・。
その行動・・・よろしくてよ♪
よかったでしょ~~~~~!堤さん!
最高でしょ!感動でしょ!
も~~最高!最高!
早く、『舞台は夢』UPしてっ!楽しみにしてるからっ!
ああ~~~ん、麗ちゃまのブログ内では、私乱れるわ・・・(笑)

かずりんさん

やっと観てきたよぉ。(笑)
いやぁ~、良かった!良かった!
堤さんの演技に惚れ惚れしてきました。
今回はお世辞にも”格好いい”役とは言えないけどね。(笑)

「舞台は夢」の感想は、、、しばいお待ちを!
今、「グッドナイト~」を書いてるから、その後ね♪

>私乱れるわ・・・
いやぁ~ん、乱れて♪乱れてぇ~♪(笑)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

麗

Author:麗
芝居&ライブ&グルメ&ギャンブル好きなOLの日々徒然

月別アーカイブ

最近のコメント

カウンター

ブログ内検索

観劇予定

みんなで作るみんなで楽しむ演劇クチコミサイト、演劇ライフ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。