FC2ブログ

ARAIA -クローゼットより愛をこめて-

『グッドナイト スリイプタイト』@渋谷PARCO劇場

厳しかったチケット戦線をくぐり抜け・・・。
ようやく取れたチケット持って、観てきましたよぉ~♪
ミタニンの新作芝居です。

グッドナイト スリイプタイト
グッドナイト スリイプタイト

あぁ~もうね、観に行けて本当に良かったー!
観劇後、ほんわかとした気分になり、なんだか分からないけど泣きそうになってしまいました。
”大人のための芝居”って感じで良かったです♪

今回の一言感想は、、、
たろー!(笑)

てな事で、、、私的感想に興味のある方はどうぞ。

出会い、結婚、幸福な新婚時代、夫の浮気、冷め切った夫婦生活、妻の病気。再び取り戻す夫婦の絆。そして、掛け替えのない人生のパートナーとの別れ……。どこの夫婦でも起こり得る、ごくごくありふれた人生の断片を、すべて、夫婦の寝る直前の会話として描いていく。ダブルベッドは、やがて2つのシングルベッドになり、さらにそのベッドの間隔が次第に開いていき、一時は部屋の端と端になって、そしてまた近づいていく。その時の夫婦の距離を、ベッドの距離が表現。まるでドラマチックではない人生の瞬間の一つ一つを、限りなくドラマチックに描く、可笑しくて切ない、大河ラブストーリーが誕生する!

開演前、三谷さんのアナウンスがあり、ボヤキ漫才のようで可笑しかったなぁ~。(しかも一人漫才)
「風のガーデンで大活躍中の中井さんが、あんな事までやってくれるとは、、、倉本先生に怒られそうです。」とか言ってて、このドラマを毎週欠かさず見てる私としては期待大!(笑)
「これから15秒かけてゆっくり暗くなっていきます。今、隣の席が空いてる方はラッキーですよ!」っと。
(なんでだ?)と思いながら聞いてると、「会場が暗くなってから席に着く、有名人の可能性が高いです♪」だって。(笑)
会場大爆笑の中、開幕です。

舞台上には2つのベットが置いてあり、自宅の寝室になったり、ホテルの寝室になったりと変化する。
しかもそのベットの間がピッタリくっついたり、かなりの距離が開いたりと、これで夫婦間の距離を表してるとは、なるほどねー。
舞台下手側にはピアノなどが置いてあり、今回も生演奏なのね♪
そして舞台後方の上部に電光掲示板が!
これって、何に使うんだろう?っと思っていたら、夫婦が結婚してからの日数が表示されてました。

中井貴一さん
優柔不断で無神経、イジイジして細かくて頼りにならない作曲家の男。(笑)
これって、、、三谷さん自身の姿を投影して書かれた役だとか?!
だとしたら、相当面倒な男ですな、ミタニンは。(笑)

ドラマでの中井さんとは違い、かなりハジけてましたね~。
中井さんってシリアスなイメージがあるから、こういう3枚目の役を演じるとすごくハマるんですよねぇ。
舞台上に立ってるだけでなんか笑えてしまいます。
ホームパーティーで披露するダンスを練習してるシーンなんか大爆笑でした。

戸田恵子さん
ポジティブな考えの持ち主で、ダンサー、ダンスインストラクター、ペットシッター、英会話教室の講師、画廊経営と見事にステップアップをしていき成功していく頼もしい女性。
この役もまた戸田さんにピッタリのハマり役でしたねぇ~。
そして年代ごとに変わっていく衣装や髪型がどれも可愛くてねぇ。一体どれが地毛だったのでしょう?(笑)
私的には現在(離婚間際)の髪型が一番好きだったな♪
ミュージカル「アニー」のオーディションを受けると言い出したり、英語も話せないのに英会話の講師をしてみたり、
観てる客からしても(そりゃ無理だろ)って思う中、その夢を実現していく姿が本当に頼もしくてねぇ。
でも逆に、(こういう人ならやり遂げそう)って納得させられるから不思議よね。(笑)

劇中、すごく怒りが込み上げてきたセリフがありまして・・・。
中井さん演じた夫が仕事に行き詰まり「子供でも作ろうか」と軽く言った言葉に憤りが!(笑)
なによ今さら・・・」と言った戸田さんの表情が悲しげでねぇ~。
結婚してから(確か5800日位だった?)かなり年数も経ち、女性にとっては高齢出産になる年齢。
それなのに無神経に「大丈夫だよ!」と、自分の都合だけで子供を作ろうという夫に怒りがフツフツと湧き上がってきてました。
二人がまだ若かった頃、赤ちゃんを欲しがる妻に、仕事が少しずつ波に乗ってきた夫。
まだ子供はいらない」と言い放ち、その代わりにペットを飼おうと言って二人の子供として連れてこられたのが、、、

もう一人(一匹?)の出演者、亀のタローです。(笑)
一番最初は、このタローが死んでしまって”お骨”として登場してくるんだけど、まさか亀とはね。(笑)
しかもケヅメリクガメという大きな亀。
もちろん本物ではなく、リモコンで動く人形だったんだけど、このタローの演技がまた可笑しくてね。
このタローが夫婦の”かすがい”になっていたのかと思うと、なんだか泣けてきます。

そして言っておきたい大事な登場人物が!
舞台下手に居たピアノ、フルート、オーボエ、クラリネットを演奏していた「管鍵楽団!?」というカルテットの皆さん!
ピアノの荻野さんは「コンフィダント」でも出演されていた方で、この演奏者の方々が、舞台中にもイイ演技してるんですわ。(笑)
特に笑ってしまったのは、ホームパーティの客として三角帽をかぶり、鼻めがねをつけて、ひょいっと壁から3人揃って顔を出した時は大爆笑でした。
生演奏も素晴らしく、芝居のいいアクセントになってました。

特にドラマティックな展開がある話でもなく、大きなどんでん返しがある話でもなく、、、
普通の生活の中でのエピソードを、現在から過去に戻ったり、また未来に進んだりという時系列を、行き来して見せてくれたこの作品。
ラストではなんだか、ほんわかした気持ちになりました。

<余談>
パンフレットに、ミタニン、中井さん、佐藤浩市さんでの対談が!
この3人の会話が面白くてねぇ~。
なんでも佐藤浩市さんは、、、実際にケヅメリクガメを飼っているとのこと。(笑)
今回の亀のアイデアは、ココからきたのかーって判明して、更に可笑しくなりました。

<< 前の記事へ | HOME | 次の記事へ >>

コメント

あ、私も。

麗さん♪
やっぱ、あそこで腹が立ちましたか!
私はあのエピソードもそうだけど
「子供が出来たら自分の作風が変わるような気がする」
っていうフレーズかなあ。
子供はお前の作風を変えるための道具かいっ!って。
ほんと、わざとらしく落ち込んでみたり、面倒な男(笑)。
でもねー、これ、男性が見たら
「そうそう、女のこんな所が分からない」って言いそうで。
もともと三谷さんも男性なわけだから・・。
でもそう考えると、男性の三谷さんが作ったとしたら
女心がよく分かってるって事なのかな。

みんみんさん

腹、立ちましたよー!
なんなんだよ!自分勝手だな!って。(笑)
>「子供が出来たら自分の作風が変わるような気がする」
このセリフも腹立ちましたねぇ。
多分深く考えずに、つい言ってしまった言葉だとは思いますが、
なおさら頭にきます。(笑)

この芝居、ほんと深いよねぇ。
所詮、男と女は分かり合えないって事なんでしょうか?
ってか、こういうお話を書く三谷さんは、
男の気持ちも、女の気持ちも理解してるのかな?
だとしたら凄いぞっ!!(笑)

男はねー

悪気無く無神経にあーゆーこと言うんだよね。。。
そういう生き物だと思うことにしてますが。。。

私が観に行った日がちょうど『風のガーデン』最終回でね、
なんだかとっても複雑な気分の夜でした(笑)

千秋楽もたろー中心に楽しんできます^^

ぴらさん

まったくね~!
男は理想派、女は現実派って事で、
既に正反対な生き物ですからね。(笑)

ドラマでの中井さんも素敵ですが、
舞台の中井さんもいいですよねぇ~♪
もっと沢山の舞台に出て欲しいです。

千秋楽いいなぁ~♪
たろーによろしくっ!(笑)

そこなんですね~!

こんにちは~~!やっとやっと観てきましたよ~~!
うへえ!!前説一緒なんだ・・・ってちょっとガックリ・・・。
違うこといってるんじゃないのかな・・って
期待してたんだけどな・・・(笑)
私はね~~~
「ペットでも飼おうか」→「亀」・・・のこの考え方が
もの凄く面白かったです。
中井さん演じるこのダンナさんの
もの凄くめんどくさがりやなんだけど
一応奥さんのいう事は聞いておく・・・みたいなね・・。
この人の考え方分かるわ~~って思っちゃいました。
だから子供エピソードもそんなにひっかからなかったんだけど
読ませて頂いて、なるほどなあ・・と思いました。
ああ~~~ん♪近くにいて一緒に語りたかったっ!!

ちなみに・・・の話なんですが
私の知り合いで、夫婦仲が悪くそれでも離婚しなかった
自分の両親に対して、それは自分がいたからだ!・・と
胸を張って言っていた男がおりました。
「ほんまによくいうたもんやなあ~~!
子はツガイ・・・って・・・」

「カスガイ・・・やろ!」と教えてあげました。偉いです。私。

かずりんさん

大阪千秋楽、観に行ったんだね!
”生”ミタニンは出てきた?(笑)

で、大阪公演でも前説一緒だったのね。
すでに「風のガーデン」終わってるのに、そこも一緒?(笑)
ご当地ネタでも仕込んでくれてたら良かったのにね。

私もペットが亀と分かった時、笑っちゃいましたよぉ。
普通、犬か猫って思うもんね。
しかもあんなに大きな亀だなんて、、、(笑)
そのモデルが佐藤浩市さんだったとパンフで読んで、
ますます大爆笑です。

子供のエピソードはねぇ~、めちゃくちゃ腹たったんですわ。(笑)
あまりにも自分勝手な言動だったモンで。
自分の仕事の波で欲しいと言ったり、いらないと言ったり、、、
女の身体の事を少しも考えてない身勝手さに怒り心頭でした。
でも中井さんが演じたダンナは、なんだか憎めないんですよねぇ。(笑)

>ああ~~~ん♪近くにいて一緒に語りたかったっ!!
私も語り合いたかったよぉ~!

>子はツガイ・・・って・・・」
うーん。
ま、遠からずって事で。(笑)
かずりんさんがちゃんと教えてあげたのね!
エライっ!!(笑)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

§ グッドナイト スリイプタイト 1回め

   グッドナイト スリイプタイト 12月18日木曜日。 お昼に麗さんと食事して 楽しい気分のままパルコへ。 開演ちょっと前には席に着い...

観劇「グッドナイト スリイプタイト」

マチネで遅刻したショックを軽く引きずりつつ、軽食を摂り渋谷のPARCO劇場へ。 「グッドナイト スリイプタイト」パルコ劇場2列目19:00開演、21:15終演作・演出 三谷幸喜 出演 中井貴一 戸田恵子【あらすじ】おやすみなさい、また明日 偶然か必然かわからないけれど、ど
この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

カレンダー

03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

麗

Author:麗
芝居&ライブ&グルメ&ギャンブル好きなOLの日々徒然

月別アーカイブ

最近のコメント

カウンター

ブログ内検索

観劇予定

みんなで作るみんなで楽しむ演劇クチコミサイト、演劇ライフ