FC2ブログ

ARAIA -クローゼットより愛をこめて-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『赤坂大歌舞伎』@赤坂ACTシアター

中村勘三郎さんが赤坂で歌舞伎を上演!
って事で、かなり話題になっていましたが・・・。
早速観に行ってきましたよー!

赤坂大歌舞伎
赤坂大歌舞伎

あぁ~もう楽しかった!
「狐狸狐狸ばなし」と「棒しばり」の2演目だったんだけど、
どちらの演目も非常にわかり易くて、面白かったなぁ~。
今日は歌舞伎初体験の友人を連れて行きましたが、友人も非常に喜んでました。
「歌舞伎がこんなに面白いとは思わなかった!また観に行きたい!」っと言わしめたよ!(笑)
これで、歌舞伎の友がまた増えたよん♪

てな訳で、詳しい感想に興味のある方は、どうぞ♪(めちゃくちゃ長いです)

<狐狸狐狸ばなし>
元上方の役者・伊之助の女房・おきわは昼間から酒浸りで、生臭坊主・重善と不貞の仲。 その重善に金満家の娘・おそめとの縁談が持ち上がり、激怒したおきわは重善の「一緒になりたいのなら旦那を殺してこい」という言葉を真に受けてしまいます。
そしておきわは毒を盛り、首尾よく伊之助を殺しますが、逃げようとするおきわと重善の前に、死んだはずの伊之助が現れます。
その後、話は頭の弱い雇い人・又市や腹に一物を持った寺男・甚平を巻き込み、騙し騙されの壮絶な化かし合いに。 果たして最後に微笑むのは誰なのでしょうか…。(公式サイトより)


中村勘三郎さん:伊之助
やっぱり勘三郎さん、好きだー!(笑)
先月の愛陀姫での私的不完全燃焼を吹き飛ばしてくれました。
元役者で女形を演ってたと言う事で、ちょっとオカマちっくな言動がまた笑えます。
ふぐ鍋食べて、死ぬ(ふり)するとこでは、なぜかフラメンコを踊りながら身悶えてるし。(笑)
亡霊として登場してきた時には顔を白塗りにし、妙に元気に飛び跳ねてて、これまた笑えたなぁ。
白装束を自ら洗濯してる様子が可笑しくてねぇ~。
脅かし過ぎたせいで、呆けてしまった妻を「嬉しくてたまらない」と、甲斐甲斐しく世話をする姿がイジらしくて、なんだかジーンとしてしまいました。

中村扇雀さん:おきわ
いやぁ~、なんでこんなに綺麗な女性に見えるんでしょう?(笑)
自分には夫が居るのに、その不倫相手であるエロ坊主(笑)が、別の女と浮気をしてると知るや「この!淫乱坊主がっ!」と怒り、焼きもちをやくのが、ちょっと可愛くもあり。
伊之助との夜の営みが”ヘビのようにネチネチ”していると言い、そこまで毛嫌いしなくてもいいのに・・・と思ったのは私だけ?(笑)
不倫相手と一緒になりたい為に、夫を殺すとは、、、
でもその後、伊之助の亡霊に怯え、しまいには、気が違ってしまった時は(天罰じゃ!)っと思ったり。
そういえば、亡霊に失神して倒れた時、勘三郎さんに「起きなはれっ!」っとポンポン叩かれ、お腹回りを叩いた時に「ちょっと肥えたんちゃいますか?」っと言われてたのには、会場も大爆笑。
こういう”遊び心”のあるセリフは素直に笑えます。

市川段治郎さん:重善
おきわの浮気相手です。
私、、、段治郎さんって初めて拝見したかしら?背も高く、男前ですね。
おきわと、浮気相手の2人の女性から想いを寄せられて、自分自身でも「俺っていい男だし♪」みたいなセリフがあり、自信満々なエロ坊主でした。(笑)

片岡亀蔵さん:おそめ
亀蔵さん、、、最高だー!!(笑)
もぉ~どんだけ笑わせて貰ったことか。
エロ坊主に言い寄る浮気相手の通称”牛娘”。
なんでも、好きになった相手をベロベロ舐め回すから牛娘と呼ばれてるとの事で、、、舐めてましたねぇ~。(笑)
いつもは立役の亀蔵さんが女性の格好というだけでも、なんだか可笑しいのに牛娘って・・・。
祝い酒の酒桶を抱えて重善の寺へ向かい、彼に口移しで飲ませようとするシーンではお腹抱えて笑ってました。(笑)
こういうの、、、大好きですぅ。

坂東彌十郎さん:又市
夏祭浪花鑑」の”釣舟三婦”で、めちゃくちゃ渋く、格好いい姿に惚れた私ですが、、、
今回の役は、なにー!(笑)
頭の弱い”でっちどん”又市ですかぁ~。ま、こういう役も大好きですが♪(笑)
つんつるてんの着物をきて、ちょっと内股で歩く姿はお茶目でしたねぇ。

毒で死んだはずの伊之助が亡霊として出てきたが、、、これは全部芝居!
しかも協力していたのは伊之助が連れてきた又市で、彼は狂言作家だった!
頭が弱い風に演じていて、おきわを騙してたって事で、全部演技だったと分かった時には素直に驚いちゃいました。
これで幕かと思いきや、、、これだけでは終わらなかった。
伊之助の亡霊で気が違い、呆けた様子で庭先に座り、三味線を爪弾くおきわ。
家に誰も居なくなったと思ったら、、、急に正気に戻って重善の元へ逃げる相談を甚平としている。
これには私も(あっぱれっ!)っとただひたすら感心しちゃいました。

やっぱり騙すのは女性のほうが上手だと言う事で。(笑)

<棒しばり>
用事で外出することになった大名。心配なのは、自分が留守になるたびに酒を盗み飲みする召使いの太郎冠者と次郎冠者。 そこで用心のため、二人の召使いを棒にしばりつけ動けないようにして出掛けることにしました。
しかし、とにかく酒が飲みたい一心の二人は一致団結して知恵をしぼり、しばられたままの姿でさまざまな行動に出ます。 懐に忍ばせてきた盃で酒を汲み相手に飲ませるなど、それは見事なチームプレー。
存分に飲み盛り上がっているところへ大名が帰ってきて・・・。(公式サイトより)


もぉ~これは舞踏という事で、何も考える事無く楽しめました。
亀蔵さんは、この演目でも大活躍でしたね。
どこか間抜けな大名を演じてました。

太郎冠者の中村七之助さんと、次郎冠者の中村勘太郎さん、良かったですねぇ~。
二人の息もピッタリで素晴らしい踊りを披露してくれました。
あの手この手で酒を呑もうと必死になる様子が可笑しかったよぉ。
私、七之助くんの女形姿しか観た事ないから、すごく新鮮だったな。
棒に縛られた勘太郎くんの踊りもまたコミカルでね~。顔の表情もいいね♪
扇渡しも見事に決まり、会場からは大拍手が起きました。

この日は会場に赤坂芸者さんが沢山来てて、客席も華やかでした。
昼間は神輿も出てて、勘三郎さんも赤坂の街を練り歩いたようですね
赤坂歌舞伎が定番になるといいですね♪(ACTはイヤだけど・・・)

赤坂大歌舞伎_01

<< 前の記事へ | HOME | 次の記事へ >>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

シークレットな貴方へ

おっ!観に行かれるんですね!
二演目ともすごく分かりやすくて、
歌舞伎初心者にも親切になってますよぉ。(笑)
ぜひ楽しんできて下さいね♪

私も両方好きー

私もこの演目2つとも好きです。
狐狸狐狸ばなしの方は大爆笑って感じでしょ?
男と女の騙し合い~。

棒しばりは兄弟の間あいの良さがいいんですよねー。
扇子の受け渡しは上手くいったでしょうか?
楽しまれたようで良かったですね!

きたむーさん

本当に楽しかったです!!
「狐狸狐狸ばなし」は、最後の最後にまた、
そーくるかー!って感じで笑えました。
男と女の騙しあいは、、、女のほうに軍配ですかね?(笑)

「棒しばり」も楽しかったですぅ。
七之助くんの立役を初めて観たので新鮮でした。
扇子の受け渡し、大成功でしたよ!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

カレンダー

03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

麗

Author:麗
芝居&ライブ&グルメ&ギャンブル好きなOLの日々徒然

月別アーカイブ

最近のコメント

カウンター

ブログ内検索

観劇予定

みんなで作るみんなで楽しむ演劇クチコミサイト、演劇ライフ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。