ARAIA -クローゼットより愛をこめて-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『八月納涼大歌舞伎』@2度目

「ミス・サイゴン」を観終わってから、腹ごしらえを済ませ、、、
本日2本目の観劇は、2度目となるこの作品。

八月納涼大歌舞伎 第三部
八月納涼大歌舞伎

今日は4列目のドブ側のお席。
花道に近いし、舞台にも近くて観やすかったよぉ~。

てな訳で、詳しい感想に興味のある方はどうぞ。

1度目の感想はこちら

<紅葉狩>
前回同様、大満足の演目でした。
とにかく勘太郎くんの更科姫がねぇ~、ほんと可愛いんですわ。(笑)
こんなに女形姿が似合うとは思ってませんでした。
平維茂を前に、扇を使った舞を披露するんだけど、扇を落としちゃうんじゃないかとヒヤヒヤ。(笑)
けど、そこはさすがにプロ!
最後まで綺麗な舞を見せてくれましたよ♪
鬼になってからの力強い舞にも惚れ惚れしながら見てました。
で、今回は橋之助さんの表情にヤられたぁ~。
姫の舞を見つめる穏やかな微笑みの表情に落ちました。(笑)
やっぱりこの人も男の色気があるよなぁ~♪
ラストでの鬼との対決で見せた、キリリとした表情も格好良かったです。

<愛陀姫>
原作ストーリーやキャスト名などを頭に入れての2度目の観劇という事もあり、今回はセリフやら、話の流れが”すー”っと素直に胸の中に入ってきました。
で、今回感じたのはなぜ「アイーダ」という題材を選んだのかなって事。
野田版歌舞伎と銘うった第一弾は「研辰の討たれ」で、第二弾は「鼠小僧」。
私は「研辰」の初演を生で観ましたが、この時の衝撃はすごかったんですよぉ。
歌舞伎ってこんなに面白いんだ!って初めて気付いた作品だったし、歌舞伎役者さん達の芸達者ぶりを再認識させられた作品だったし、、、。

「アイーダ」を題材にして歌舞伎に仕立てた野田さんを凄いと思うし、その新作を受け入れた勘三郎さん始め、歌舞伎界の太っ腹なところも凄いと思うんだけど、、、。
1度目に観た時も言ったけどあまりにも”演劇”寄りだったと感じてしまったのは確か。
別に歌舞伎じゃなくてもいいじゃんってね。(笑)

勘三郎さんの濃姫はやはりお世辞にも可愛いとはいえない。(笑)
恋煩いで顔色悪く、衣装も地味で、姫らしい派手な印象なし。
愛陀姫演じた七之助くんが可愛いので、どうしても恋のライバルには見えなかったよ。
可愛い姫の恋路を邪魔する、意地悪ババアに見えてしまってね、、、。
これがシンデレラだったら、配役ピッタリ!って思うんだけどなぁ。どお?(笑)

駄目助が戦に出向き、2人の祈祷師が祈りを捧げるシ-ンではスクリーンが現れ、影絵が浮かび上がる。
その後、映像で戦の様子が映し出されるんだけど、私は結構好きでした。
影絵と映像の切り替えが見事にハマってたなぁって思います。

祈祷師のお告げにより、駄目助は生き埋めの刑となり、濃姫は織田家へ嫁ぐことに。
ラストシーンは印象的だったなぁ~。
生き埋めされた穴の中に、先回りして入っていた愛陀姫。
驚きながらもやっと誰にも邪魔されず愛を確かめ合う事ができた二人。
その姿とは裏腹に、駄目助への想いを残しながら一人淋しく織田家へと嫁いでいく濃姫。
その対比が、なんとも言えず物悲しかったです。

筋書きに書いてあった野田さんの言葉。
人生のアマチュアのままでいようとした愛陀姫と、人生のアマチュアになり下がっていく濃姫
まさにその通りのお芝居でした。

<< 前の記事へ | HOME | 次の記事へ >>

コメント

歌舞伎のアマチュアです

麗さん、紅葉狩は私も楽しかった~!
演目がよくできているんでしょうね(笑)。

> 歌舞伎ってこんなに面白いんだ!って初めて気付いた作品
同じく! 私は「研辰」再演のほうだったけどね。
最後の葉っぱの一枚まで目が離せなかったもの。
これを見なければ未だに歌舞伎を知らなかったかも。な作品。

影絵は「研辰」にも出てきてたし、こだわりがあるのかも。
そっかー、今回は影絵から映像への切り替えだっけ。
(もう細かい部分、忘れてしまってます。泣。)

> その対比が、なんとも言えず物悲しかったです。
あ~ん、これ観たかったなー!
それだとより感動的なラストになったんでしょうね。

> これがシンデレラだったら、配役ピッタリ!
座布団10枚!! こんなトコでウケてええんやろか(笑)。
もうね、この一文を読んでスカッとしました。
楽しませてくれてありがとう。

ムンパリさん

早速のコメントありがとー!
ムンパリさんも紅葉狩、楽しみましたか!
これ本当に良かったよねぇ~。
素直に楽しめました♪

>最後の葉っぱの一枚まで目が離せなかったもの。
言えてるぅ~!
あのハラハラと落ちる1枚の紅葉が、
未だに印象に強く残ってます。
あとは、、、亀次郎さんのカラクリ人形かな。(笑)

私も「研辰」を見なければ、歌舞伎を知らなかったと思う。
同年に上演されたいのうえ歌舞伎の「阿修羅城の瞳」も観て、
ますます歌舞伎に興味が湧いてきたもんなぁ。

「研辰」にも影絵って出てきてたっけ?
私もこの記憶がない・・。(笑)

ラストの演出は、、、
ムンパリさんが観たのはある意味貴重だったと思うけど、
ちゃんとした演出を見てこそだよね。
うーむ、確かにあの対比はセットありきの演出だよねぇ。

>座布団10枚!! 
やったー!(笑)
ウケてくれたわ♪
「白雪姫」の次回作として「シンデレラ」やってくれないかなぁ~。

あ、そうそう。

麗さん♪
>なぜ「アイーダ」という題材を選んだのかなって事。
そうなの、本当にそうなの。
何かね、本家のアイーダを知らない私はコレを観て
「ロミオとジュリエットでもいいじゃん」って思ったのです。
そして私もシルエットの使い方はうまいっ!って思いました。
でもやっぱりCGはやっぱり抵抗があるんですけどね・・。
ああ、研辰が観たくなってきた。DVD買っちゃおうかな(笑)

みんみんさん

だよねぇ~!
なぜ「アイーダ」だったのか、野田さんに聞いてみたい!
オペラ版を観たら理解できるんだろうか?
野田歌舞伎の第四弾があるとしたら、
今度は「ロミジュリ」ですかね?(笑)

スクリーンと映像の使い方は、
相変わらず上手いなぁ~って思いましたよ。
多用するとイヤミになるけど、
あの程度なら許容範囲です。(笑)
「研辰」いいよねぇ~!
シネマ歌舞伎観に行こうかな♪

TB&コメントを有難うございますm(_ _)m

>なぜ「アイーダ」という題材を選んだのかな......「アイーダ」はやはり戦争がからんでいる作品だからだと思います。最近の野田秀樹の新作は戦争と人間の関係を問う作品が多いです。末尾のリンクにつけておいた「ロープ」の記事をご参照いただくとおわかりいただけるのではないかと思います。
あとパロディ劇といっても単純な軽い喜劇ではなく、ブラックコメディ的な悲劇として受け止めています。野田秀樹のブラックコメディ的作品に慣れてきていたので楽しめたのだと思います。
勘三郎はいつもの愛嬌が生きる役もいいですが、こういう重たい役をやっている芝居も観たいのでけっこう満足できました。
でもこの作品は別に再演しなくてもいいなぁ。シネマ歌舞伎になっても観ないと思います。次には是非「贋作 桜の森の満開の下」を野田歌舞伎にして欲しいと切望しています。

ぴかちゅうさん

こちらこそTB&コメント有難うございます!

>「アイーダ」はやはり戦争がからんでいる作品
なるほどー!
確かにそうですね。
野田さんの作品は「戦争」に絡んだ話が多いですね。
「ロープ」もそうでしたねぇ~。
中でも私的に一番印象的なのは「パンドラの鐘」なのですが、
2003年に上演された「オイル」も印象に強く残ってます。
ちょうど上演された時期にイラク戦争が勃発し、
芝居の内容とリンクしてたのが恐ろしかった記憶が蘇りました。

って、本筋から脱線しましたが・・・。
ぴかちゅうさんの記事にリンクしてあった、
渡辺保氏の記事も拝見しました。
すごく誉めてらっしゃいましたね。
オペラ版にはない、野田さんらしいメッセージを、
受け止めていらして読みながら(なるほどー!)っと思ってました。

この作品、賛否両論あるようですが、
色々な意見があって然るべき作品だと思います。

>シネマ歌舞伎になっても観ないと思います。
うはは。
ちょっと笑ってしまいました。(笑)

>「贋作 桜の森の満開の下」を野田歌舞伎に・・・
いいですね!いいですね!
歌舞伎版だと、どうなるんでしょ?
満開の桜を歌舞伎座で観てみたいです♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

08/08/27 歌舞伎座千穐楽「野田版 愛陀姫」あっぱれなパロディ劇

オペラ「アイーダ」DVDで直前の2日がかりで予習。このお話を以下のように把握した。 A国に負けたB国の姫が身分を隠してA国の姫の奴隷になっている。B国の姫とA国の武将は恋におちているが、それを知らずにA国の姫も片思い。B国からの戦に武将が大将となって出
この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

麗

Author:麗
芝居&ライブ&グルメ&ギャンブル好きなOLの日々徒然

月別アーカイブ

最近のコメント

カウンター

ブログ内検索

観劇予定

みんなで作るみんなで楽しむ演劇クチコミサイト、演劇ライフ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。