ARAIA -クローゼットより愛をこめて-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『道元の冒険』@渋谷シアターコクーン

やっと週末金曜日♪
仕事帰りにさっさと定時であがり、、、観てきました。

道元の冒険
道元の冒険

正直言って、、、私にはまるっきりダメな作品でした。
客席では結構笑ってる人も多く居たけど、私は笑えなかった。
逆に何が面白いのか教えてくれーって感じ。
カーテンコールで、スタンディングしてる人も居たけど、私は一刻も早く劇場から立ち去りたくて仕方なかった。
逆に何がそんなに素晴らしかったのか教えてくれーって感じ。(笑)

てな訳で、辛口な感想に興味のある方はどうぞ。

時は寛元元年(1243年)。
日本曹洞宗の開祖・道元によって開かれた宝林寺では、開山7周年の記念に弟子の禅僧たちによる余興『道元禅師半生記』が上演されようとしていた。
このところ道元は、ひどく頻繁に夢うつつの世界に迷い込んでしまう、夢の中で彼は彼でなく、いつの時代か、婦女暴行の容疑で拘留中のひとりの“男”になっていた。
一方、現実の世界でも道元は、既存の仏教に否定的で新仏教を立ち上げたことにより幕府や朝廷、比叡山の僧兵たちから睨まれ、その圧力に動揺を隠せない。
誠の教えを求め、悟りを開いて世情を超越したはずの道元だが、過去と現在、不可解な夢を彷徨いながら、いつしかその心を迷いの渦に絡めとられていく・・・。(公式サイトより)


毎度の事ながら、観劇前には全く予習をしないで「無」の状態で観にいく私。
変な先入観が無い状態で観るほうがいいという信念(?)のもとなんだけど、今回はそれが裏目に出たなって感じ。
私的な理由だけど、今回の舞台での一番の敗因は日本の歴史と宗教には”疎かった”って事かな。
「道元」と言われても、「悟り」と言われてもピンとこなくて、、、(笑)
あとね、言葉遊びと言えば聞こえはいいが、私には単なる「おやじギャグ」にしか聞こえなくて、笑えなかった。(野田さんの言葉遊びは好きなんだけど・・・)
ドタバタ劇と言えば聞こえはいいが、私には「学芸会のお遊び」にしか見えなかった。(あぁ~辛口だなぁ)

阿部寛さん
私は今回初見でしたが、つかさんの「熱海殺人事件」にも出演してるし、舞台には慣れてるのかな。
声も出てたし、演技も無難にこなしてるって印象。
なんと言ってもタッパがあるから見映えもするしね♪
道元と夢の中の男との早替りは見事だったけど、、、ただそれだけ。(笑)

栗山千明さん
初舞台ですよね。
声も通るし、初めてにしては堂々としてて好感もてたなぁ。
クリクリな目で坊主頭が妙に似合ってて、なかなか良かったです。

北村有起哉さん
前回観た「トゥーランドット」の時は、冒頭の歌でズっこけそうになりましたが、、、(笑)
今回の役柄も3枚目って感じで、ちょっとした顔の表情とかが可笑しかったな。
壁に文字を書きながらの歌の時は、見てても楽しかったです♪

高橋洋さん
最近、道化役っていうか3枚目の役が多いですねぇ~。
今回も顔を白塗りにして”バカ殿”風の役を演じてみたり、「~アルヨ」って言っちゃうような怪しい中国人を演じてみたり、、、。(笑)
唯一、洋くんと有起哉さんには笑わせて貰いました。

一人何役もこなす為の、”早替え”には楽しませてもらったけど、ただそれだけ。(笑)
ストーリー的にも、私には全く合わなかったようで、終始眠気との戦いだったし。
中国人に扮した女性陣が掴んでた、にわとりの作り物には驚いた!
まるで本当に生きてるようなんだもん。
バサバサと羽ばたく様子があまりにもリアルだったので、にわとりに目が釘付けでした。
追記:このニワトリ、本当に生きたニワトリだったそうです。そりゃリアルだわな・・・。(笑)

今回はロクな感想が書けませんでした。(すんまそんっ!)

<< 前の記事へ | HOME | 次の記事へ >>

コメント

ぷぷぷ。

麗さん♪
あ、笑っちゃいけませんですね。
でも麗さんの言いたいことは分かる気がする。
何度も意識消失してましたからね、実は。
レポ書くのが結構大変だった作品です・・・。

みんみんさん

いえいえ。
笑ってやってください。(笑)
どうにも私の肌には合わなかったようです。

>何度も意識消失してましたからね、実は。
あ、やっぱり!
私も何度夢の世界に行ったことか・・・。
ちょうどいい感じで舞台も暗いしね。(笑)

>レポ書くのが結構大変だった作品です・・・。
ですよねぇ~。
はぁ、何を書けばいいのやら。(笑)

一緒!

麗さん、こんばんは。
もう思いっきり一緒!
私も何がおもしろのか、さっぱり判らず。
チケットの売れ行きもいまひとつみたいですが、
あの出来なら納得です。

花梨さん

花梨さんも同じですかっ!!(笑)
ですよねぇ~。
何が面白いのか、教えて欲しいですよ。
PA席に蜷川さんが居たので、
直接本人に色々と聞いてみたかったです。(笑)

>チケットの売れ行きもいまひとつ
そうみたいですね。
1階後方列なんてガラガラでしたよ。
そのガラガラの後方席で居眠りしながら、
観てた私・・・。(笑)

ね。。

わたしゃ一幕前半は戦わずして寝てましたよ。。
おかげでそれ以降は眠気も襲ってこなかった。。

これだけの役者集めてこれですからねぇ・・・
「表裏源内蛙合戦」がおもいっきり不安。。

ぴらさん

不戦勝で睡魔の勝ちですか。(笑)
私も無駄に戦ってしまいましたが、
素直に寝ればよかった。(暴言)

蜷川x井上作品の音楽劇って、、、
「薮原検校」の時はこんなにダメじゃなかったんだけどなぁ。
今回はキャストのインパクトが弱すぎたのかな???

「表裏源内蛙合戦」も音楽劇なんだっけ?
ん~、ちょっと考えちゃうな。(笑)

ニワトリ

麗さま
私もあのドリフのコントみたいなドタバタは
全く受け入れられませんでした。
ゲラゲラ笑ってる人を見ると余計に醒めてしまって。
セリフや歌は結構楽しめたかな。

ニワトリ、ホンモノでしたよ(笑)。
大阪でも一番注目集めていました。
でも全然鳴かなかったなぁ・・・もしかして
精巧にできたフェイク?

ぷぷぷ。Part2

麗さん♪
あ、笑っちゃいけませんですね(再)。
>ドタバタ劇と言えば聞こえはいいが
確かにそうですよね。有起哉クンの頭を順番にハタキに来るシーンとか
何だかそこだけ浮いてた気がしますから・・・。
この話はすごく“深い”んだろうなあ、と想像は出来るものの
深すぎて追いつけないというか、追いかける気にもなれないというか(笑)。
珍しく2幕のほうが眠かったです・・。
「表裏源内蛙合戦」は行かないです、私は(キッパリ!)。
井上ひさし×蜷川幸雄×音楽劇は全般に苦手だ、と言うことが
おかげさまで明確になりましたから(笑)。

スキップさん

>ゲラゲラ笑ってる人を見ると余計に醒めてしまって。
分かります!
私が観に行った時も、必要以上に笑ってる人が居て、
誘い笑いするどころか、すっかり醒めてしまいました。

何度かクスって感じで笑えるセリフもあったけど、、、
ただそれだけでした。(笑)

っでニワトリ!
ホンモノだったんですね!!(笑)
一階後方席だったんで、全然分かりませんでした。
鳴いてもいいもんなのに、全く鳴かずにおとなしかったですよね。
これも蜷川演出の賜物?(笑)

みんみんさん

いやー、どんどん笑ってやってください。(笑)
ひさびさにハズしたなぁ~って感じです。

>有起哉クンの頭を順番にハタキに来るシーン
最初は笑えたけど、何度も続くとね・・・。
痛そうだなって可哀相に見えてきちゃうんですよねぇ。
だから笑えなくなってしまうという悪循環。

>この話はすごく“深い”んだろうなあ
そうなんでしょうね。
理解できない私が悪いのか、
知識ゼロの人に不親切な演出だったのかは、
判断できないけど。(笑)

>「表裏源内蛙合戦」は行かないです、私は(キッパリ!)。
あ、断言しちゃった。(笑)
私も、「井上×蜷川×音楽劇」は、
苦手だと気付いたんですけどねぇ~。
キャストに惹かれちゃうんだよな。
どうしようか・・・。(笑)

>「道元」と言われても…。麗さま,エライ!

>麗さま
昔,はずみで三津五郎丈主演「道元の月」というお芝居見て,殆ど座禅の修行状態で客席に座っていました。尾上松也さんが爽やかだった記憶あります。
今回は北村さんの記憶だけが鮮明に…。
一睡の夢と悟りました。

とみさん

えへっ!
とみさんにエライ!って誉められた♪(違)

三津五郎さんも道元モノの芝居をしてたんですね!
座禅の修行状態・・・。
なんだか安易に想像できます。(笑)

私も今回は有起哉さんと洋くんの演技に助けられた感じです。
この2人以外のキャストの記憶が薄くて・・・。(笑)
あ、木場さんは別格ですけどね♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

観劇「道元の冒険」

夜行高速バスでは超熟睡♪スッキリお目覚めで東京着です♪10:30~12:30はカリグラフィー教室、12:30ジャストに教室発!先生、バタバタ帰ってごめんなさい。だって13時開演なんだもの・・ 「道元の冒険」シアターコクーン 2階1列13:00開演、16:15終演原作:井上ひさし  

§ 道元の冒険

道元の冒険 むむむ。。。 作者本人が最低最悪の出来だったと言ってるものをわざわざやらんでも。。 おだてられて、のせられて。 大...
この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

麗

Author:麗
芝居&ライブ&グルメ&ギャンブル好きなOLの日々徒然

月別アーカイブ

最近のコメント

カウンター

ブログ内検索

観劇予定

みんなで作るみんなで楽しむ演劇クチコミサイト、演劇ライフ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。